FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

観音院(埼玉)・鷲窟磨崖仏

IMGP3090.jpg

国道299号線から細い山道を進んでいくと、秩父札所三十一番・観音院の仁王門が見えてきました。

IMGP3092.jpg

IMGP3098.jpg

中にいらっしゃったのは、大きな石の仁王様たち。石造でこれほどまでに巨大な仁王像を見たことがありません。

IMGP3099.jpg

足元の看板には「よくごらん下さい。日本一の石仁王です」と書いてあります。なるほど、それも納得の迫力です。

IMGP3102.jpg

門をくぐると、そこからは長い石段が続いていました。

IMGP3126.jpg

10分ほど登ったところ、正面に本堂が建っており、大きな岩がお堂に覆いかぶさるように迫っていました。

IMGP3129.jpg

この観音院には鷲窟磨崖仏と呼ばれる石仏群があり、県の史跡に指定されています。写真ではわかりにくいのですが、岸壁に数十センチほどの石仏が無数に刻まれ、その圧倒的な数と緻密さに驚きました。

IMGP3138.jpg

このような磨崖仏が山の至るところに点在し、その数は数万に達するとも言われています。

IMGP3162.jpg

本堂の脇を登ったところにも石仏があるとお寺の方から聞き、頑張って更に奥へと行ってみることに。

IMGP3208.jpg

洞窟のようになった岸壁の窪みに、沢山の小さな石仏が並んでいました。小さな祠が置かれているため、もしかしたらここで修行が行われていたのかもしれません。

IMGP3182.jpg

少し開けた場所からは周辺の山が一望できました。

2018.11.3
スポンサーサイト



法性寺(埼玉)・スリリングな奥の院

IMGP2978.jpg

秩父三十四観音霊場三十二番の法性寺は、ユニークな奥の院で知られるお寺です。

DSC_2886.jpg DSC_2885.jpg

仁王門にいらっしゃった仁王様たち。おそらく近世の作ですが、生き生きとした表情で、非常に迫力があります。

DSC_2890.jpg

境内に入り、階段を上がっていくと、見事な懸造のお堂が建っていました。享保4年(1719年)に建立され、本尊の聖観音様が安置されています。

IMGP3014.jpg

お目当ての奥の院は、その観音堂の脇から続く山道を上ったところにあるらしいのですが、これが想像していた以上にハードな道でした。この直前まで武甲山に登っていたので膝がガクガクしてしまい、途中で引き返そうかと悩みながらも、やはりここまで来たのだからと考え直し、頂上を目指すことにしました。

IMGP3017.jpg

5分ほど登ったところで、鎖場に辿り着きました。鎖に頼りすぎないよう、慎重に足場を探りつつ登っていくと…

IMGP3019.jpg

大きな岩のくぼみに、小さな祠が置かれていました。

IMGP3022.jpg

恐る恐る降りて再びルートへ戻ると、そこからは本格的な山道に。登山靴ではなく、ソールの薄いスニーカーを履いていたので、苔で何度か滑ってしまいました。

IMGP3027.jpg

入口から15~20分ほど歩いたところでしょうか。やっと頂上が見えてきました。

IMGP3041.jpg

「あっ…!」
なんと絶壁の上に観音様が立っていらっしゃるではありませんか。できる限り近寄ってみましたが、思っていたより風が強く、半分くらいまで行って諦めました。

IMGP3044.jpg

観音像とは逆方向に進んでいくと、今度は先ほどよりももっと高い鎖場がありました。どうやらこの先に奥の院があるようです。かなり危険を感じましたが、再チャレンジする機会はほとんどないだろうと思い、意を決して登ることに。

IMGP3051.jpg

上方を仰ぐと、大きな岩をくりぬいたところに、智拳印を結ぶ大日如来様がいらっしゃいました。

IMGP3055.jpg

像高はおそらく1mくらい。端正な尊像で、このような危険な場所に安置されていることにとても驚きました。重い金属製の仏像をこの場所に引き上げるのは、さぞ大変な作業だったに違いありません。

IMGP3064.jpg

ふと周りを見渡すと、始まりかけた紅葉が、秩父の山々をほんのりと明るく照らしていました。

2018.11.3

大渕寺(埼玉)・巨大な観音像

IMGP9678.jpg

秩父観音霊場二十七番・大渕寺は、巨大な観音像があることで有名なお寺です。

IMGP9681.jpg

正面には注連縄のようなものが飾られていました。あまりお寺では見かけませんが、どのような意味があるのでしょうか。

IMGP9682.jpg

山門をくぐると長い階段が続いており、その先にお堂が建っていました。

IMGP9686.jpg

こちらが札所二十七番の月影堂。かつては山の上にありましたが、大正8年に火災に遭い、平成8年(1996年)に現在の場所へ再建されたそうです。

IMGP9692.jpg

お堂裏の坂道を上っていくと、木々の間に巨大な観音様のお姿が見えてきました。

IMGP9697.jpg

こちらが白衣観音様。像高はなんと16mもあります。
珍しいのは、この観音様が左手に剣を持っているということ。本来は蓮華を持つはずだったのですが、尊像が造られていた時が戦中だったため、かわりに剣を持つことになったのだそうです。そのため護国観音とも呼ばれているのだとか。
美しいお姿でありながら、悲しい歴史を感じさせる観音様です。

平成30年1月6日

清澄寺(千葉)・山岳信仰の古刹

DSC_0145.jpg

今年の初詣は鴨川市の清澄寺へ行ってきました。
君津方面から養老清澄ラインを走ること約1時間、鴨川市へ入ったあたりで道が急激に細くなり、車同士がすれ違うことができないほどでした。
なんとかお寺へ着いた時はホッと一安心。駐車場に車を停め、しばらく坂道を歩いていくと、清澄寺の仁王門が見えてきました。

DSC_0150.jpg

中にいらっしゃったのは真っ赤な仁王様です。おそらく近世以降の作ですが、個性的で迫力があります。

DSC_0156_20200105232422c14.jpg

清澄寺は平安時代の創建と伝わる古刹で、もともとは修験道の霊場として栄えたようです。日蓮宗の開祖・日蓮が出家得度したお寺ともいわれており、現在は日蓮宗の大本山となっています。山奥のお寺にも関わらず、境内は多くの参拝者で賑わっていました。

DSC_0162.jpg

本堂に施された精緻な彫刻は、江戸時代の名工・嶋村唐四郎の作と考えられています。

DSC_0185.jpg

清澄寺は妙見山(標高377m)の約310m付近に位置しており、本堂脇に山頂まで続く階段がありました。せっかくなので登ってみることにしましたが、本堂周辺の賑わいとはガラリと変わり、周囲には私以外誰もいませんでした。

DSC_0196.jpg

登り始めて10~15分ほどで山頂へ到着。
山頂には、妙見堂と呼ばれる小さなお堂が建っていました。日蓮が妙見菩薩を信仰していた為、日蓮宗のお寺ではこの尊格をお祀りすることが多いようです。

DSC_0175_20200105232423857.jpg

房総の山々の向こうに、雄大な太平洋が見えました。

2020.1.1
*CommentList

橋立堂(埼玉)・岸壁のお堂

秩父札所二十八番の橋立堂は、秩父札所の中で唯一、馬頭観音を本尊とするお寺です。

IMGP9710.jpg

境内には橋立鍾乳洞と呼ばれる鍾乳洞がありますが、冬季は拝観不可のため、残念ながらこの時は中に入ることができませんでした。

IMGP9714.jpg

石龍山という山号の通り、お堂の背後には高さ65mもある、切り立った岩壁がそびえたっています。

IMGP9718.jpg

境内の一画に小さなお堂が建っていました。中を覗いてみると…

IMGP9724.jpg

可愛らしい白馬が二頭並んででいました。お寺の本尊が馬頭観音だからでしょうか。

IMGP9737.jpg

また、境内にはお洒落なカフェも併設されています。せっかくなので一休みすることに。

IMGP9734.jpg

かなり本格的なスイーツが出てきてビックリ!見た目が素敵なだけではなく、とても美味でした。

平成30年1月6日

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR