仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [福井 ] 記事一覧

八坂神社(福井)・隠された仏像

福通寺を参拝した後、同じ越前町にある八坂神社の仏様たちにお会いしに行きました。福井県屈指の古仏として有名な尊像は、現在こちらの収蔵庫に安置されています。中に入ると正面に見事な三体の如来様がいらっしゃるのが見え、思わず息をのみました。(⇒福井県HPの写真はコチラ)向かって左から釈迦如来、阿弥陀如来、阿弥陀如来。像高は140〜145cmほどで、いずれも平安後期の作と推定され、重要文化財の指定を受けています。大...

福通寺(福井)・朝日観音(2)

福通寺を参拝したあと、近くの日吉神社へ向かいました。福通寺のご住職と地元の方のご好意で、こちらに安置されている仏様たちをお参りさせていただいたのです。中にはつやつやと美しい黒色に輝く金剛界の大日如来様がいらっしゃいました。両脇にはお地蔵様と観音様が安置されています。像高160cmで檜の寄席木造。福井県の文化財に指定されています。体躯はがっちりとして量感があり、非常に意思の強そうなお顔立ちです。肉厚な...

福通寺(福井)・朝日観音(1)

小松市を出発し、福井県へ。福井県屈指の古刹、福通寺がある越前町へと向かいました。福通寺の創建は奈良時代にまで遡ると伝えられており、別名・朝日観音と呼ばれて、古より篤い信仰を集めてきました。実はご本尊の観音様には、次のような不思議な伝説があるのです…。昔々、このあたりを旅していた泰澄大師(越前地方の偉いお坊様)は、暗雲によって光を奪う山の神のたたりに苦しめられている、地元の村人たちに出会いました。そ...

若狭国分寺(福井)・若狭大仏

天平時代、聖武天皇が各国に建立を命じた国分寺。多くは廃寺となりましたが、いくつかの寺院は宗派や形態を変えながら存続してきました。小浜市にある若狭国分寺もそのうちの一つです。拝観のお願いをして、まずは釈迦堂へ。「わあっ!」中にいらっしゃったのは、圧倒されるほど大きなお釈迦様。像高なんと318cm。面長のお顔が印象的です。体躯は鎌倉時代の作ですが、頭部は江戸時代の後補とのこと。福井県最大であるこのお釈迦...

若狭神宮寺(福井)・神仏習合の寺

小浜市の若狭神宮寺は、奈良時代に若狭国一の宮の神宮寺として建立されたと伝えられている古刹です。(※神宮寺とは神仏習合思想に基づき、神社に附属して建てられたお寺のこと)重要文化財の本堂にはしめ縄がかけられており、いかにも神仏習合のお寺らしい、独特の雰囲気が漂っていました。お堂の中に入るなり、思わず絶句。そこには想像を超える摩訶不思議な世界が広がっていたのです。内陣は大きく3つに区切られており、左側に...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR