仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [千葉 ] 記事一覧

珪素神宮(千葉)・不思議なお魚の神社

千葉県銚子市にとてもユニークな神社があると聞き、はるばる犬吠埼まで行ってきました。犬吠埼灯台から程近い、小高い丘を車でうねうねと登って行くと、やがて鬱蒼と茂る木々の間に赤い鳥居が見えてきました。車を停め、歩いて奥へと進むと…巨大なお魚が鳥居の上にっ!!なんと鳥居の笠木や貫が、サンマやイワシ、鯛になっているではありませんか。日本有数の漁獲高を誇る漁港がある、銚子ならではの神社と言えましょう。しかも瞳...

日本寺(千葉)・房総の磨崖仏(2)

階段は更に急こう配になり、奥へ奥へと続いてます。歩いていると周囲から「疲れた~!」「もう膝がガクガクだ!」などという声が聞こえてきました。山のあちこちに岸壁をくり抜いて作られた穴があり、そこには五百羅漢、観音、天部など、様々な仏像が安置され、いずれも小さい像ながら、なかなか見応えがあります。息を切らせながら更に歩いてゆくと…きたー!!!ついに展望台まで辿りつきました。眼下に広がるのは美しい東京湾、...

日本寺(千葉)・房総の磨崖仏(1)

先日、数年ぶりに房総半島の鋸山に登ってきました。快晴の空の下、東京湾沿いに続く国道16号線をひた走ります。ところが連休中ということもあって、国道は途中から大渋滞。通常の倍以上の時間をかけて、なんとか登山口までたどりつきました。房総で生まれ育った私にとって、鋸山は過去に何度も登ったことのある、とても馴染み深い山です。今回は初めてロープウェイを使わずに麓から歩いて登ることにしました。鋸山は千葉県安房郡鋸...

大福寺(千葉)・岸壁の観音像

那古寺から車で5分ほどのところにある、館山市の崖観音を参拝しました。崖観音は正式名称を大福寺といい、安房の漁師たちから篤い信仰を集めてきた古刹です。駐車場からしばらく歩くと、岸壁に張り付くように建てられた朱色のお堂が見えてきました。そう、崖観音の名前は、この崖造りの観音堂の中にいらっしゃる磨崖仏に由来しているのです。現在のお堂はおそらく近年の再建ですが、創建当時、これほどの崖の上に観音堂を建立する...

那古寺(千葉)・千手観音御開帳

石堂寺参拝のあと、館山市にある那古寺へ向かいました。那古寺は坂東三十三箇所札所として知られる名刹で、とりわけ霊場の結願の寺として、古より篤い信仰を集めてきました。我が故郷・房総でも、最も好きなお寺のひとつです。私が参拝したこの日、ちょうど御本尊の特別開帳が行われていました。那古寺は過去に何度も参拝したことがありますが、秘仏の御本尊を拝するのはこの時が初めてでした。堂内に入ると中央奥の厨子が開かれて...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR