仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR

珪素神宮(千葉)・不思議なお魚の神社 2017-05-29-Mon

千葉県銚子市にとてもユニークな神社があると聞き、はるばる犬吠埼まで行ってきました。

IMGP2713.jpg

犬吠埼灯台から程近い、小高い丘を車でうねうねと登って行くと、やがて鬱蒼と茂る木々の間に赤い鳥居が見えてきました。

IMGP2718.jpg

車を停め、歩いて奥へと進むと…

IMGP2724.jpg

巨大なお魚が鳥居の上にっ!!

IMGP2777.jpg

なんと鳥居の笠木や貫が、サンマやイワシ、鯛になっているではありませんか。
日本有数の漁獲高を誇る漁港がある、銚子ならではの神社と言えましょう。
しかも瞳がめちゃラブリー
ちょうどこの日は晴天、鮮やかな赤い鳥居と青空のコントラストが美しく、非常にフォトジェニックな光景でした。

IMGP2758.jpg

少し離れた場所には黄金の鳥居が建っており、陽の光を受けてキラキラ輝いています。
記憶にある限りでは、黄金の鳥居を見たのは初めてかも?

IMGP2760.jpg

高台にある神社からは、雄大な太平洋が一望できました。

IMGP2773.jpg

珪素神宮の珪素とはシリコンのことのようなのですが、なぜこの名前がついたのか、はっきりした理由はわかりませんでした。
境内にあった看板によると、この神社は地元の名士によって建てられたもので、現在も増築を続けているようです。
なんと日本のサグラダ・ファミリアを目指しているとのこと。
今後も目が離せません。

2016.6.26

スポンサーサイト

CATEGORY : 千葉 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

日本寺(千葉)・房総の磨崖仏(2) 2016-02-28-Sun

変換~P1060824

階段は更に急こう配になり、奥へ奥へと続いてます。
歩いていると周囲から
「疲れた~!」
「もう膝がガクガクだ!」
などという声が聞こえてきました。

変換~P1060837

変換~P1060915

山のあちこちに岸壁をくり抜いて作られた穴があり、そこには五百羅漢、観音、天部など、様々な仏像が安置され、いずれも小さい像ながら、なかなか見応えがあります。

変換~P1060831

息を切らせながら更に歩いてゆくと…

変換~P1060857

きたー!!!
ついに展望台まで辿りつきました。
眼下に広がるのは美しい東京湾、そしてその海岸線沿いに漁師町の家々が建ち並んでいます。

変換~P1060873

展望台から少し山を下り、巨大な磨崖仏があるという場所へ向かいました。
採石のために岩が削られて出来た通路を抜けると…

変換~P1060877

一気に視界が広がり、目の前の岸壁に巨大な観音像が浮かび上がっていました。
その名も百尺観音様。
像高30m、昔の単位で百尺あることから、こう名付けられたそうです。

変換~P1060880

足もとまで近寄って見上げてみると、その大きさに改めて圧倒されます。
かつての石切り場のあとに造像され、昭和41年(1966)に完成しました。
比較的新しい像ですが、それでもなお、重機などの搬入が難しいこの場所での作業は、相当困難であったことは間違いありません。
拝観を終えたあとは再び徒歩で下山。
久しぶりに鋸山に登り、心地よい運動となりました。

2015.5.4

CATEGORY : 千葉 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

日本寺(千葉)・房総の磨崖仏(1) 2016-02-24-Wed

先日、数年ぶりに房総半島の鋸山に登ってきました。

変換~P1060732

快晴の空の下、東京湾沿いに続く国道16号線をひた走ります。
ところが連休中ということもあって、国道は途中から大渋滞。
通常の倍以上の時間をかけて、なんとか登山口までたどりつきました。

変換~P1060736

房総で生まれ育った私にとって、鋸山は過去に何度も登ったことのある、とても馴染み深い山です。
今回は初めてロープウェイを使わずに麓から歩いて登ることにしました。

変換~P1060742

鋸山は千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する標高329.4mの山で、かつては房州石と呼ばれる良質の石材の産地でした。
「のこぎり」という山名は、大量の石材が削りだされ、山肌の岩が鋸の歯状のように見えるようになったことから、こう呼ばれるようになったようです。

変換~P1060749

また鋸山は古くから信仰の山としても知られ、現在も山頂周辺は日本寺の境内となっています。
今回は麓から登ったため、初めて仁王門をくぐることができました。

変換~P1060758 変換~P1060755

中にいらっしゃったのは、大きな目をした仁王様たち。
なんだかユーモラスな表情ですね。

変換~P1060762

参道はなかなかハードな上り坂ですが、山内のあちこちにお堂や石仏、磨崖仏などが点在しており、楽しみながら歩くことができます。
寺伝によると日本寺は創建が奈良時代にまで遡るという古刹で、最盛期には七堂十二院百坊を有する大寺院であったそうです。

変換~P1060800

麓から30分ほど歩いたところで、巨大な石仏のお薬師様がいらっしゃる広場へとたどり着きました。
記録よると1783年(天明3年)に大野甚五郎英令が門弟27名とともに岩を彫刻して造像にあたったとのこと。

変換~P1060806

尊像は長年の雨風により侵食され、江戸末期にはほとんど崩壊状態になっていたため、1966年(昭和41年)から仏師・八柳恭次を中心に修復が行なわれ、1969年(昭和44年)に完成しました。
小学生の時に初めて拝した時、その大きさに口をあけてビックリしたことを思い出します。
お薬師様にお参りした後は、いざ山頂へ!

2015.5.4

CATEGORY : 千葉 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

大福寺(千葉)・岸壁の観音像 2014-06-18-Wed

那古寺から車で5分ほどのところにある、館山市の崖観音を参拝しました。

変換~141

崖観音は正式名称を大福寺といい、安房の漁師たちから篤い信仰を集めてきた古刹です。

変換~144

駐車場からしばらく歩くと、岸壁に張り付くように建てられた朱色のお堂が見えてきました。
そう、崖観音の名前は、この崖造りの観音堂の中にいらっしゃる磨崖仏に由来しているのです。
現在のお堂はおそらく近年の再建ですが、創建当時、これほどの崖の上に観音堂を建立するのは、命がけの作業であったに違いありません。

変換~147

お堂の奥は剥き出しの岸壁になっており、中央には十一面観音像が彫りだされていました。

photo_01.jpg (⇒大福寺HPより)

全体的に摩耗が激しく、はっきりとした像容はわからないものの、左手に水瓶を握っておられるようです。
素朴で力強いお姿でした。

変換~160

振り返ると眼下に東京湾が見え、海岸線沿いに漁師町の集落が広がっていました。
海は豊かな恵みをもたらすと同時に、時として圧倒的な厳しさで荒れ狂います。
岸壁の観音様は、高台から漁師たちの安全を優しく見守ってくださっているのでしょう。

変換~178

2014.3.23

CATEGORY : 千葉 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

那古寺(千葉)・千手観音御開帳 2014-06-07-Sat

石堂寺参拝のあと、館山市にある那古寺へ向かいました。

変換~074

那古寺は坂東三十三箇所札所として知られる名刹で、とりわけ霊場の結願の寺として、古より篤い信仰を集めてきました。
我が故郷・房総でも、最も好きなお寺のひとつです。

変換~086

私が参拝したこの日、ちょうど御本尊の特別開帳が行われていました。

変換~092

那古寺は過去に何度も参拝したことがありますが、秘仏の御本尊を拝するのはこの時が初めてでした。
堂内に入ると中央奥の厨子が開かれており、中には千手観音立像が安置されていました。
像高はおおよそ120~130cmくらいでしょうか。
おそらく一木の像で、衣文が太く、古様な印象を受けますが、はっきりとした造像年代はわかりません。
護摩の煙にいぶされたためか、体躯は黒ずんでいます。

特徴的なのは、左右に錫杖を持ち、頭上で手を組むという、清水寺形の観音像であるということです。
お寺の方に伺ったところ、頭上の手は調査の結果を受けて、近年の修復で再現されたということでした。
このような清水寺形の観音像は、関東地方では神奈川県の龍峰寺にも安置されていますが(⇒ブログ記事はこちら)、千葉県内で拝したのは、記憶にある限りここが初めてです。

堂内には重要文化財の銅造・千手観音立像も安置されており、こちらは普段から拝観可能となっています。

変換~114

参拝を終え、お堂の裏にある石段を上って展望台へ。

変換~126

眼前に広がる美しい東京湾。
那古寺を好きな一番の理由は、この素晴らしい絶景にあります。
海辺で暮らす人々が、この高台を特別な場所だと考え、観音像を安置し、篤く信仰してきたことがしみじみと実感できますよね。

2014.3.23



CATEGORY : 千葉 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

| ホーム | 次のページ »