FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [福島 ] 記事一覧

大悲山の石仏(福島)・平安期の磨崖仏群(2)

薬師堂から数分歩いたところに、阿弥陀堂と呼ばれる小さなお堂が建っています。中を覗いてみると、苔むした岸壁に仏像が彫りこまれた跡がかすかに確認できました。おそらく阿弥陀仏が彫られているのでしょうが、はっきりとした像容はわかりません。観音堂石仏は、そこから更に車で数分行ったところにあります。東日本大震災でかつての覆屋が倒壊してしまったため、新たに立派な建物が建てられていました。想像をはるかに上回る迫力...

大悲山の石仏(福島)・平安期の磨崖仏群(1)

先日、以前から気になっていた南相馬市の大悲山石仏を拝観してきました。安達太良山方面から南相馬市へレンタカーで向かっていると、パトカーと頻繁にすれ違うようになりました。道路脇の至るところに「帰宅困難地域につき通行止め」と書かれた看板が立っています。おそらく原発事故の影響なのでしょう。あたりに人の気配は全くありません。スーパーや本屋、飲食店等、ほとんどの店が閉まっており、街は奇妙な静けさに包まれていま...

願成寺(福島)・菩薩練供養

少し前のこととなりますが、数年ぶりに福島県喜多方市にある願成寺を参拝し、秋に開催される菩薩練供養を見てきました。早朝に高速バスで都内を出発し、会津若松駅へ。そこからJR磐越西線に乗り、喜多方駅に向かいました。喜多方は古くから蔵の町として知られており、駅舎もレンガ造りと蔵のデザインが融合した、レトロ感たっぷりの素敵な建物でした。願成寺までは少し距離があるため、駅前の骨董屋さんでレンタサイクルを借りるこ...

願成寺(福島)・国宝 白水阿弥陀堂

レンタカーでいわき市内を南下し、願成寺へと向かいました。願成寺は通称・白水阿弥陀堂として知られる古刹で、1160年(永暦元年)に、地元の有力者であった岩城則道の妻・徳姫により創建されました。こちらがその阿弥陀堂。平安期の貴重な建築として名高く、福島県の建造物で唯一、国宝の指定を受けています。 (※お寺パンフレットより)阿弥陀堂には本尊の阿弥陀三尊、その両脇に二天像が安置されていました。中尊の阿弥陀如来...

薬王寺(福島)・獅子に乗った文殊菩薩

長隆寺参拝のあと、車で数分のところにある薬王寺へ。薬王寺は磐城三薬師のひとつで、大同年間(806〜810年)に八茎薬師の別当として、僧・徳一により創建されたと伝えられています。往時は堂宇54坊が建ち並ぶ大寺でしたが、戊辰戦争で伽藍の大部分が焼失し、現在の本堂はその後に再建されました。こちらのお寺には鎌倉期の文殊菩薩像が伝えられているため、事前にお願いをして拝観させていただくことに。像高42cm、端正で美しい文...

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR