仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [群馬 ] 記事一覧

崇禅寺(群馬)・鎌倉期の阿弥陀如来

西方寺参拝の後は再び桐生の市街地を通り、次の目的地である崇禅寺へ向かいました。しばらくすると大きな川が見えてきました。利根川の支流・渡良瀬川です。支流とはいえ、れっきとした一級河川で、流域面積は利根川の支流の中でも最も大きいそうです。そのあまりの美しさに、つい自転車を停め、しばらくの間じっと見惚れていました。再び自転車を走らせること約10分、崇禅寺の山門が見えてきました。崇禅寺は元久2年(1205)に創建...

西方寺(群馬)・鎌倉期の阿弥陀如来

前橋駅から両毛線に乗って桐生駅へ。駅でレンタサイクルを借り、桐生の街を走り抜けてゆきます。スマホのGPSがあるにもかかわらず、なぜか途中で道に迷って右往左往(極度の方向音痴なのです…)駅から20~30分走ったでしょうか、なんとか西方寺へ辿りつきました。西方寺は創建を鎌倉時代にまで遡るという古刹で、南北朝時代から戦国時代末期にかけて当地を支配した、桐生氏の菩提寺として栄えました。西方寺という名前からもわかる...

日輪寺(群馬)・十一面観音御開帳

6~7年ほど前のことでしょうか、とある仏像の本を眺めていた時に、ひときわ気になる観音像に出会いました。前橋市・日輪寺の十一面観音立像。関東を代表する鉈彫り像として紹介されており、白黒の写真を通しても、その独特なオーラがひしひしと伝わってきました。なんとかして拝観したい。思いはつのるものの、御開帳は年にたった一日、1月11日のみという秘仏であるため、なかなか参拝の機会に恵まれませんでした。今年はその日が...

善念寺(群馬)・玉眼の阿弥陀如来

群馬県最大の人口を抱える高崎市は、古くからの交通の要衝であり、江戸時代には高崎藩の城下町、中山道の宿場町として大いに栄えました。現在でも市の中心である高崎駅は、新幹線などのターミナル駅として、全国有数の交通拠点となっています。その高崎駅から歩いて10分ほどのところにあるのが善念寺です。こちらのお寺で祀られている、本尊の阿弥陀様を拝観させていただきました。(⇒高崎市のHPの写真はコチラ)善念寺は天文九...

水澤寺(群馬)・水澤観音

群馬県のJR渋川駅からバスに乗って、温泉で有名な渋川市伊香保方面へ。伊香保近辺は雪が積もっており、冷たい風が吹いて、ヒリヒリと顔が痛いほどでした。途中でバスを乗り換え、水澤寺へと向かいます。坂東三十三観音の第16番札所として有名な水澤寺は、通称・水澤観音と呼ばれ、古より篤い信仰を集めてきました。本尊の千手観音は秘仏のため、普段は厨子の前にお前立ち像が安置されています。真冬にも関わらず、境内は多くの参...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR