FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [埼玉 ] 記事一覧

鳥居観音(埼玉)・壮大すぎる仏ワールド(2)

ここまで来たら、救世大観音像まではあと少し。朱色の落ち葉が敷きつめられた山道をぐいぐい登っていきます。着いたーーーっ!!!山門から歩くこと約40分、ついに観音像へ辿り着きました。こちらの救世大観音像、像高はなんと23mもあるそうです。下から見上げると、宝冠や装飾具等がとても緻密に造られていることがわかります。これだけの規模の伽藍や仏像を、たった一代で作り上げた平沼彌太郎氏の苦労は、並々ならぬものだっ...

鳥居観音(埼玉)・壮大すぎる仏ワールド(1)

先日、埼玉県のお寺巡りをしてきました。まず最初に向かったのは飯能市の鳥居観音です。カーナビでお寺まで向かっていると、小高い丘の上に巨大な観音像が建っているのが見えてきました。山門に辿り着いてビックリ!看板の案内によると、ここから巨大仏までは車で5分、徒歩だと何と40分もかかるとのこと。 (⇒鳥居観音HPより)どうやら小高い丘まるごとがお寺の境内になっているようです。当初、拝観に1時間くらいを見積もってい...

仙波東照宮(埼玉)・極彩色の東照宮

喜多院を参拝した後は、境内に隣接する仙波東照宮へ。仙波東照宮は、元和2年(1616年)に薨去した徳川家康を祀るため、喜多院第27世住職・天海僧正によって創建されました。ところが1638年(寛永15年)の川越大火に遭ったため、現在の建物は徳川家光によってによって再建されたそうです。ちょうど私が参拝したとき特別公開が行われており、建物の内部まで入ることができました。お堂は極彩色に彩られた精緻な彫刻で飾られており、...

喜多院(埼玉)・石仏の五百羅漢

越生から再び電車に乗り、川越駅へ。駅から20分ほど歩き、川越市の喜多院を参拝しました。喜多院は天長7(830)年に慈覚大師が建立したと伝わる古刹で、創建当初は無量寿寺と号していました。のちに伏見天皇が尊海僧正に命じ、関東天台宗の本山としたそうです。慶長4(1599)年には天海僧正が入寺し、寺号を喜多院と改めたことから、幕府や川越藩主から帰依を受けて隆盛を極めました。喜多院は文化財の宝庫としても知られ、多くの...

如意輪観音堂(埼玉)・平安期の如意輪観音

大宮から電車に乗り、八高線の越生(おごせ)駅へ。小川が流れる長閑な風景を眺めながら、のんびりと歩いて行きます。駅から15分ほど歩いたところで、如意輪観音堂の石段が見えてきました。越生町如意にある如意輪観音堂には、埼玉県でも有数の古仏が伝えられており、年に数回、地元の方々によって特別に公開されています。私が訪れた11月3日もそのうちの一日で、かねてから参拝を楽しみにしてきました。像高は1m前後でしょうか。...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR