FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [埼玉 ] 記事一覧

観音院(埼玉)・鷲窟磨崖仏

国道299号線から細い山道を進んでいくと、秩父札所三十一番・観音院の仁王門が見えてきました。中にいらっしゃったのは、大きな石の仁王様たち。石造でこれほどまでに巨大な仁王像を見たことがありません。足元の看板には「よくごらん下さい。日本一の石仁王です」と書いてあります。なるほど、それも納得の迫力です。門をくぐると、そこからは長い石段が続いていました。10分ほど登ったところ、正面に本堂が建っており、大きな岩...

法性寺(埼玉)・スリリングな奥の院

秩父三十四観音霊場三十二番の法性寺は、ユニークな奥の院で知られるお寺です。 仁王門にいらっしゃった仁王様たち。おそらく近世の作ですが、生き生きとした表情で、非常に迫力があります。境内に入り、階段を上がっていくと、見事な懸造のお堂が建っていました。享保4年(1719年)に建立され、本尊の聖観音様が安置されています。お目当ての奥の院は、その観音堂の脇から続く山道を上ったところにあるらしいのですが、これ...

大渕寺(埼玉)・巨大な観音像

秩父観音霊場二十七番・大渕寺は、巨大な観音像があることで有名なお寺です。正面には注連縄のようなものが飾られていました。あまりお寺では見かけませんが、どのような意味があるのでしょうか。山門をくぐると長い階段が続いており、その先にお堂が建っていました。こちらが札所二十七番の月影堂。かつては山の上にありましたが、大正8年に火災に遭い、平成8年(1996年)に現在の場所へ再建されたそうです。お堂裏の坂道を...

橋立堂(埼玉)・岸壁のお堂

秩父札所二十八番の橋立堂は、秩父札所の中で唯一、馬頭観音を本尊とするお寺です。境内には橋立鍾乳洞と呼ばれる鍾乳洞がありますが、冬季は拝観不可のため、残念ながらこの時は中に入ることができませんでした。石龍山という山号の通り、お堂の背後には高さ65mもある、切り立った岩壁がそびえたっています。境内の一画に小さなお堂が建っていました。中を覗いてみると…可愛らしい白馬が二頭並んででいました。お寺の本尊が馬頭観...

円融寺(埼玉)・懸造のお堂

秩父三十三観音霊場・第26番円融寺は、秩父鉄道の影森駅から徒歩で10分ほどのところにあります。本堂から観音堂までは若干距離があり、なんと昭和電工㈱秩父工場の敷地内を通らなくてはいけません。おそらくかつては一帯がお寺の境内だったのでしょう。現在は工場の受付で通過許可をいただいて奥へと進みます。アスファルトで覆われた敷地を抜けると、細い山道が見えてきました。想像していたよりハードな階段が続き、苦しさに息が...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR