牛伏寺(長野)・修験道の古刹

一泊二日の信州旅行、最後に松本市の牛伏寺を参拝しました。

変換~P1080028

牛伏寺は松本市の鉢伏山(1,929m)中腹に位置している真言宗智山派の名刹です。
修験道の寺として古より篤い信仰を集め、質・量ともに東日本屈指の文化財を有していることで知られています。

変換~P1080033

参道の上り坂を歩いてゆくと、やがて小さなお堂が見えてきました。
中を覗いてみると…

変換~P1080044

写真ではわかりにくいのですが、中央に阿弥陀如来、その左右に赤黒の牛が安置されていました。
「牛伏寺」というお寺の名は、756年(天平勝宝7年)に善光寺へ経典を運ぶ途中だった2頭の牛が、この付近で倒れたという伝承から付けられたのだそうです。

変換~P1070972

狛犬ならぬ狛牛?
とても珍しいですね。

変換~P1070979

現在、重要文化財の仏像群はこちらの収蔵庫に安置されています。
本尊の十一面観音は三十三年に一度のみ開帳される秘仏ですが、その他の貴重な尊像を拝観させていただきました。

中央厨子を中心に向かって左側に安置されているのが釈迦三尊。(⇒松本市HPはこちら)
中尊の像高は138㎝、脇侍とともに平安時代の作と推定されています。

そして厨子の向かって右側にいらっしゃるのは薬師如来。(⇒松本市HPはこちら)
さらに薬師如来の右側に大威徳明王(⇒松本市HPはこちら)が安置されています。
造像はいずれも平安時代です。

特に印象的だったのが激しく破損した蔵王権現像。
造像当時の姿がほとんど失われているのは、かつては山頂の祠に安置されており、雨乞いの祈願をする時に引きずりまわされていたからなのだそうです。
文化財指定の価値などとは無縁な、この土地の人々の信仰や歴史の重みを感じ、深い感銘を受けました。

変換~P1080050

2012.10.7
スポンサーサイト

智識寺(長野)・立木の十一面観音

島崎藤村の詩に歌われたことでも有名な千曲川。
甲武信ヶ岳を源流とするこの川は、長野盆地を潤しながら北東へ流れ、新潟県に入ったところで信濃川へと名前を変えます。
その全長は367kmにも及ぶという、日本最長の大河です。

変換~P1070806

この千曲川の流れから程近い丘の中腹、千曲市の上山田というところに智識寺があります。
その創建は天平時代にまで遡ると伝えられ、室町時代に入ると、地元の有力者・村上氏の帰依を受けて隆盛を極めました。
後に武田氏に滅ばされ一時衰退しましたが、慶長14年(1609)に現在地へと移されて再興しました。

変換~P1070821

境内の一画に小さなお堂が建っています。
中をのぞいてみると…

変換~P1070817

お釈迦様がいらっしゃいました。
丸いお顔が可愛らしく、ほっとするような親しみやすさを感じさせてくれます。

変換~P1070948

こちらが智識寺本堂。
現在の建物は天文10年(1541)に再建されたもので、室町時代の様式を継承する貴重な建物として、国の指定重要文化財の指定を受けています。
事前にお願いをして、堂内の仏像を拝観させていただきました。

変換~P1070935

厨子が開かれると、薄暗い奥にぼうっと巨大なシルエットが見え、思わず息をのみました。
本尊の十一面観音立像です。

変換~P1070943

像高306㎝で平安後期の作。
自然のままの立木の形態を生かして造られている、いわゆる立木仏です。
欅の一木から削り出されたというそのお姿は、体のあちこちにノミの跡が残っており、尊像を拝していると、今まさに巨木から十一面観音が具現するその瞬間を目の当たりにしているようでした。

周囲にそびえる冠着山や八頭山、近くを流れる千曲川。
古の人々は大自然のあちこちに神や仏の存在を見出し、畏れ敬っていたのでしょう。

変換~P1070933

堂内には他にも地蔵菩薩立像、聖観音立像などが安置されていました。
かつて智識寺は七堂伽藍の広がる大寺であったそうですから、これらの尊像は別々のお堂で祀られていたのかもしれません。

変換~P1070926

参拝を終え、美しい千曲川のほとりを歩きながら、旅の最終目的地へと向かいました。

変換~P1070958

2012.10.7

清水寺【松代】(長野)・三体の平安仏

変換~P1070800

長野市保科地区の清水寺を参拝したあと、もう一つの清水寺のある松代地区と向かいました。

変換~P1070802

松代地区の清水寺は延暦22(803)年に寛空上人が開山したと伝えられている古刹で、往時は堂宇が建ち並ぶ大寺院であったといいます。
18世紀初の火難により伽藍が悉く焼失してしまい、現在の地へと移転したそうです。

変換~P1070805

こちらの収蔵庫に安置されているのが重要文化財の御仏たち。
事前にお願いして拝観させていただきました。

まず一際目をひいたのは本尊の千手観音様です。
(⇒千手観音立像の写真はコチラ)
像高180㎝、桂材の一木造。
翻波式の衣文など古様な表現が見られますが、優美な面相をしており、体躯に量感が無いことなどから、藤原初期の作と推定されています。
全身に散らされた金箔は江戸時代の補修の際に施されたものだそうです。

収蔵庫内には他にも二体の平安仏が安置されていました。
(⇒地蔵菩薩立像の写真はコチラ)
(⇒観音立像の写真はコチラ)
二体の菩薩様たちはお顔立ちが似ており、むっちりした体躯にいかり肩をなさっていることから、同じ仏師によって造られた可能性があるのではないかと思います。
造像は本尊より古く、9世紀頃と推定されているとのこと。
京都や奈良などの関西地方以外で、これほど時代が古く、優れた尊像を拝することは滅多にないため、このお寺の歴史の古さ、格式の高さを実感しました。

2012.10.7

清水寺【保科】(長野)・川のほとりの古仏

変換~P1070700

長野市には重要文化財の仏像が安置されていることで有名な、二つの「清水寺」があります。
保科地区の清水寺と松代地区の清水寺。
どちらも創建を平安時代にまで遡るという信州屈指の古刹です。
この旅ではまず保科地区の清水寺を訪ねることにしました。

変換~P1070704

保科地区の清水寺は、大同年間(806~810)に征夷大将軍・坂上田村麻呂によって建立されたと伝えられています。
かつては堂塔伽藍を備えた大寺でしたが、大正5年に全焼し、現在では堂塔の跡を残すのみとなりました。
その再興の際に奈良県の石位寺から招来された仏像群が国の重要文化財の指定を受けています。

変換~P1070752

堂内に並ぶ美しい御仏たち。

変換~P1070760

こちらは聖観音立像です。
像高177㎝、檜の寄木造。
藤原末期の作と推定されています。
彩色はほとんどはげ落ちていますが、所々に模様が残っており、かつては煌びやかなお姿をなさっていたことがわかります。

変換~P1070756

こちらの如来様は現在は薬壺を持っていらっしゃいませんが、薬師如来坐像と伝えられています。
像高84.5㎝で一木造。
造像は聖観音立像よりやや古く、平安中期と推定されています。

変換~P1070766

そして私が最も印象的だったのは、こちらのお地蔵様。
丸いお顔に優しい微笑みを浮かべておられ、一目お姿を拝するなり、その親しみやすさに惹きつけられました。
像高159㎝で寄木造。
浅く彫られた流れるような衣文に、藤原仏らしい特色がよく出ています。

変換~P1070790

清水寺の名前に相応しく、お寺のすぐ近くには川が流れていました。
千曲川の支流・保科川です。

変換~P1070799

川沿いに広がる美しい田園風景を眺めながら、もう一つの清水寺へと向かいました。

2012.10.7

善光寺(長野)・牛にひかれて…

長野市といえば善光寺。
ことわざ「牛に引かれて善光寺参り」で有名な、信州きっての古刹です。

変換~P1070649

善光寺周辺は巨大な門前町として栄えており、塔頭、お土産屋さんなどが参道や横道に建ち並んでいます。
まずは正面に巨大な仁王門が見えてきました。

変換~P1070654

わわわ!
中にはとてつもなく巨大な仁王様がいらっしゃいました。
なんと像高4.8mもあるのだとか。
かの有名な高村光雲と米原雲海の合作で、伝統的な日本彫刻に西洋の写実性が加わった、非常に洗練された尊像です。

変換~P1070680

こちらは本堂。
善光寺は度々火災にあったため、現在の建物は宝永四年(1707年)に再建されました。
間口約24メートル、奥行き約54メートル、高さ約26メートルという国内有数の木造建築で、国宝に指定されています。

変換~P1070685

そして善光寺で特に有名なのが戒壇めぐり。
戒壇巡りとは本堂床下の真っ暗な回廊を手探りで巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、秘仏の御本尊と結縁をするというもの。
私も過去に何度か戒壇巡りをしたことがありますが、本場・信州善光寺では初めて。
ドキドキしながら回廊を巡りました。

変換~P1070664

参拝を終え、参道をぶらりと散歩。

変換~P1070692

そう、信州でもう一つ忘れていけないのはおやきですよね♪

2012.10.7