FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [宮城 ] 記事一覧

蔵王連峰(山形)・山の上のお地蔵様

宮城旅行の二日目は、当初、蔵王連峰に登る予定でしたが、あいにくの雨天となり、仙台市内の寺社仏閣巡りをしていました。ところが昼前から次第に晴れてきたため、急きょ高速道路で蔵王方面へ向かうことに。ケーブルカー乗り場付近に辿りつき、上方を仰ぐと、靄で真っ白になっていました。ここまで来たのだから、行けるところまでは頑張ろう。そう決意してケーブルカーに乗り込みました。山頂駅に降り立つと、靄はより一層濃くなり...

大観密寺(宮城)・仙台大観音

大崎八幡社を参拝した後は、長年憧れていた仙台大観音へ。仙台市街地から車で約20分、ショッピングモールや住宅が建つ大通り沿いを進んでいくと…どーーーん!!!ファッションセンターしまむらの奥に、とてつもなく巨大な観音様が佇んでいらっしゃいました。近くにある高層ホテルが小さく見えることからも、その途方もない大きさがおわかりいただけるのではないかと思います。身丈は驚愕の92m。台座を含めると像高は100mにもなりま...

大崎八幡社(宮城)・国宝の拝殿

阿弥陀寺参拝の後は、仙台市青葉区にある大崎八幡宮へ。マンションや商店が並ぶ大通り沿いに、真っ赤な大鳥居が建っていました。社伝によると大崎八幡宮の創建は平安時代までさかのぼり、坂上田村麻呂が宇佐八幡神を胆沢城に勧請し、鎮守府八幡宮と称したことに始まります。その後、伊達政宗がこの神社を仙台総鎮守とするため、仙台城の乾の方角にあたる現在の地へと遷祀しました。こちらは重要文化財に指定されている長床(※神社...

阿弥陀寺(宮城)・鎌倉期の阿弥陀如来

仙台駅から程近い市街地の一画に、時宗の古刹・阿弥陀寺があります。寺伝によると阿弥陀寺は、当地へ布教しにきた一遍上人を開山とし、建治3年(1277年)に伊達政依によって創建されました。(⇒宮城県HPより)ご本尊は鎌倉期の阿弥陀様です。像高78.3cmで、ヒノキの寄木造。ガラス戸ごしの拝観で尊像まで少し距離があったため、正確な像容はわかりませんでしたが、いわゆる安阿弥様の阿弥陀仏らしいことは確認できました。(⇒仙台...

鹽竈神社(宮城)・陸奥国の一宮

陸奥国一宮として知られる鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は、平安時代の記録にもその名が残る東北屈指の古社です。大鳥居の奥に続く長い階段を登っていくと、鮮やかな朱色に塗られた門が見えてきました。こちらは拝殿。(左宮本殿)(右宮本殿)拝殿の奥に左宮本殿と右宮本殿があり、それぞれ武甕槌神と経津主神をお祀りしています。別宮拝殿(⇒鹽竈神社HPより)主祭神の塩土老翁神は、別宮拝殿に祀られていました。なぜこのような...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR