南洲寺(鹿児島)・平安期の不動明王

変換~P1140646

鹿児島のシンボルと言えば、やはり桜島でしょう。
標高1,117mであるこの火山島は、鹿児島湾にどっしりとそびえ立ち、その雄大かつ美しい山容で、仰ぎ見る者の心を魅了します。

変換~P1150060

桜島は現在も活動を続ける活火山であるため、鹿児島市内の至る所に火山灰が降り積もっていました。

変換~P1150103

こちらは鹿児島市街地に位置する南洲寺です。

変換~P1150091 変換~P1150090

入口には石の仁王様がいらっしゃいました。
どこかユーモラスで可愛らしいですね。

変換~P1150070

境内の隅に小さなお堂があり、中には凛々しいお不動様がいらっしゃいました。

変換~P1150074

像高97cmで寄木造。藤原時代の作です。
もとは市内の別の不動堂に安置されていましたが、明治36(1903)年に頃に南洲寺へと移されました。
体躯は均整がとれており、非常に洗練された作風であることから、中央仏師の作と推定されているようです。
鹿児島は明治期の廃仏毀釈が特に激しかった地のため、これほど古い時代の仏像はほとんど現存していません。

旅の最後に素晴らしいお不動様にお会いでき、深い感動に浸りながら、帰路へとつきました。

2013.9.14
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

岩堂観音(鹿児島)・秘境の阿弥陀三尊

今回の目的地を九州南部に決めた時、最も大変だったのは、参拝するお寺を探すことでした。
鹿児島県は明治期の廃仏毀釈がとりわけ激しかった地で、数多くの貴重な仏教美術が破壊されたり、散逸してしまったのです。
苦労して調べてゆくうちに偶然その存在を知ったのが、霧島市の岩堂観音。
人里遠く離れた山中にあるために廃仏毀釈の難を逃れたという、奇跡の仏教史跡です。

変換~P1150059

熊本県内からレンタカーで南下し、霧島市へと入りました。
ところがカーナビが指し示すあたりを探しても、なかなか磨崖仏の場所がわかりません。
農作業をしている地元の方に道を伺い、なんとか近くまで行ったところ…

変換~P1140978

その先にあったのは、車一台がやっと通れるくらいの細い細い道でした。
ここまで来たのだから引き返すわけにはいかない。
意を決して進むことにしました。

ところが思いのほか道は長く、なかなか磨崖仏まで辿り着きません。
もし対向車が来たらどうしよう。
不安で胸がいっぱいになりながらも、ハンドルを握り続けました。

変換~P1140980

そして数キロほど走ったところで、急に道は開け、大きな赤い鳥居が建っていました。
車止めが置かれているため、ここからは歩いて先へと進みます。

変換~P1140982

道はより一層細くなり、奥へ奥へと石段が続いていました。

「…きゃっ!」
前方から大きな声が聞こえてきて顔を上げたところ、たまたま参拝中だったご夫婦の奥さまが、とても驚いた表情で立っていらっしゃいました。
まさかこんな所に自分たち以外の参拝者がいるとは思わなかったのでしょう。
私も同感です。
車の運転中に道ですれ違わなくて本当に良かったとも思い、心の底から安堵しました。
さらに先へと進んでゆくと…

変換~P1150032

荘厳な阿弥陀三尊が岸壁に浮かび上がっていたのでした。
周囲に鬱蒼と生い茂る木々の間からわずかな光が差し込み、三尊を優しく照らしています。
尊像は苔むして風化が進んでおり、長い年月の重みを実感させてくれました。

変換~P1150002

赤水の岩堂磨崖仏は通称「岩堂観音」と呼ばれていますが、実際の中尊は阿弥陀如来で、その両脇に観音・勢至の両菩薩が彫られています。
像高はいずれも140cmほど。
建武2年(1334年)の銘が残されており、これは制作年代がはっきりしているものとしては、鹿児島県内で二番目に古い磨崖仏であるそうです。
平安末期から全国で流行した浄土思想を受けて彫られたと言われていますが、入口に鳥居が建てられていたことから、山岳信仰などの影響も考えられます。

変換~P1150012

素朴で力強い御仏たちが、廃仏毀釈の困難をこうして乗り越えてこられたことに、深い感銘を受けずにはいられません。
静寂のなか、眼前に広がる厳かな光景に圧倒され、ただ呆然と立ち尽くすばかりでした。

2014.10.14

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行