FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [和歌山 ] 記事一覧

鬪雞神社(和歌山)・弁慶ゆかりの地

一泊二日で中辺路を歩き、なんとか滝尻王子まで辿り着いて一安心。そこから先は路線バスで紀伊田辺駅へ向かい、夜行バスに乗り換えて地元まで帰ることにしました。田辺は古くから交通の要衝として栄えた町で、熊野古道の中辺路、大辺路の分岐点にもなっています。おや?駅前に巨大な銅像がありました。僧衣に長刀を持つ姿、もしかしてこの御方は武蔵坊弁慶…?実は、武蔵坊弁慶は田辺の生まれと伝えられており、付近には弁慶にまつ...

熊野古道・中辺路を歩く~二日目(後編)~

栗栖川のバス停から中辺路に再び合流するため、30~40分ほど山道を登っていきます。すると一気に視界が開け、アスファルトで舗装された道沿いに住宅が並ぶ、高原という集落に辿り着きました。「どこから来たの?」「神奈川からです」「そりゃ遠いところから!頑張ってね」集落の中にある高原霧の里休憩所で休んでいたところ、地元の方に声をかけていただきました。休憩所から見える果無山脈。決して標高は高くないものの、その独特...

熊野古道・中辺路を歩く~二日目(前編)~

熊野古道中辺路を歩く旅、二日目は継桜王子からスタートしました。大きな鳥居の奥には樹齢数百年はあろうかという杉の木が並び、熊野九十九王子のひとつとして栄えた古社の風格を感じさせます。現在は小さな社が建っているだけですが、周囲に立派な石垣が組まれているため、おそらくかつては大規模な社殿が並んでいたのでしょう。こちらは「野中の一本杉」と呼ばれる巨木で、和歌山県の文化財に指定されています。木の根をたどって...

熊野古道・中辺路を歩く~一日目(後編)~

雪が激しくなる前に、少しでも前へ!気持ちは焦るものの、ますます坂が急こう配になり、思うように進めません。清流を越え更に歩いて行くと…道の川集落跡へ辿り着きました。看板の説明によると、かつてはここに集落があり、住民の多くは林業に従事していたそうです。ところが昭和30年代後半からの林業不況により過疎化が進み、残っていた人々は熊野本宮大社の近くに転居することになりました。そして今も元住民の方たちは祭日にこ...

熊野古道・中辺路を歩く~一日目(前編)~

熊野古道・中辺路を一泊二日で歩いてきました。熊野古道を歩くのは通算4回目になります。今回歩いたのは、熊野古道で最も有名なルートのひとつ、滝尻王子~熊野本宮大社間です。本来であれば、紀伊田辺駅からバスで滝尻王子へ向かい、そこから熊野本宮大社まで歩く予定でしたが、雪のため紀伊田辺行の高速バスが運休となってしまいました。そこで急きょ予定を変更。新宮駅まで高速バスで行き、当初の予定とは逆ルート、熊野本宮大...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR