仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [岡山 ] 記事一覧

倉敷市真備町尾崎地区磨崖仏(岡山)・岸壁の毘沙門天

岡山旅行の最後に、倉敷市真備町尾崎地区の磨崖仏を訪ねました。事前にいくら調べても詳細な住所等がわからなかったため、現地へ行けばなんとかなるだろう、いわば一か八かの気持ちで現地へ向かうことに。カーナビを頼りに尾崎地区へ入ったところ、毘沙門天像の名を記した案内板を見つけて、ほっと一安心しました。更に車を走らせてゆくと、やがて集落の片隅にある、廃車などが捨て置かれた空き地へとたどり着きました。ここで本当...

安養寺(岡山)・毘沙門天の里

阿智神社参拝のあと、倉敷市内をレンタカーで北上しました。やがて見えてきたのは、収穫を間近に控えた田園地帯です。抜けるような青空に、深い緑の山々、黄金色に輝く稲穂がよく映えています。車を停めて田圃の中を進んでゆくと、倉敷屈指の古刹・安養寺の鐘楼が現れました。こちらの梵鐘はなんと重さが約11tもあり、中国・四国地方でも一番大きいそうです。おや?梵鐘の奥に巨大な銅像が見えます。近づいてみると…どーーーん!!...

阿智神社(岡山)・倉敷の総鎮守

瀬戸内海沿岸に広がる倉敷市は、岡山県で二番目、中国地方でも三番目の人口を擁する中核都市です。古くから水運の要衝として栄え、江戸期には幕府の天領とされたことから、年貢米の集積地としての機能も担い、倉敷川流域には多くの蔵屋敷が建てられました。現在はコンビナートを中心とした工業都市としても発展しており、西日本で大阪に次ぐ工業生産高を誇っているそうです。そして倉敷と言えば、やはり美しい町並みでしょう。倉敷...

五流尊瀧院(岡山)・修験道の古刹

山陰旅行の最終日に百名山の大山に登る予定でしたが、台風が上陸したため、急きょお寺巡りをすることにしました。そこで目的地として決めたのが、かねてから気になっていた岡山県の倉敷です。まず最初に参拝したのは五流尊瀧院。創建が奈良時代にまでさかのぼると伝わる、修験道の古刹です。五流という不思議な名は、役行者の弟子であった5人の修験者たちがこの地にそれぞれ寺院を建立したという言い伝えにちなんでいるそうです。...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR