仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [島根 ] 記事一覧

足立美術館(島根)・美しい日本庭園

今回の山陰旅行の際に、お寺巡りとあわせてどうしても行きたかったのが、安来市にある足立美術館です。地元出身の実業家・足立全康によって1970年(昭和45年)に開館された私立美術館で、横山大観、北大路魯山人など、近代日本の優れた芸術家たちの作品を有しています。そしてこの美術館で特に有名なのが…徹底的に手入れされた、広大な日本庭園です。庭園はなんと総面積5万坪にも及び、創立者である足立全康本人が全国を歩いて庭石...

安来清水寺(島根)・平安仏の宝庫

出雲大社を参拝した後は、安来市へ向かいました。古来、この地では大陸から最先端の技術が取り入れられ、古墳時代には製鉄所なども造られたことから、大和と並ぶ有力豪族が台頭しました。安来清水寺はその安来きっての古刹で、用明天皇2年(587年)に尊隆上人によって創建されたと伝えられています。清水寺の名にふさわしく、境内には清らかな湧水が流れていました。広大な境内には、まるでお城のような石垣が組まれており、お寺の...

出雲大社(島根)・神様の集う場所

出雲は八百万の神々が集うという神聖な土地です。毎年10月になると全国の神々が出雲に集結し、一年のことを話し合うことから、10月のことを一般に神無月、出雲では神在月と呼ぶのだとも言われています。そしてその中心となるのが出雲市の出雲大社。出雲国の一宮であると同時に、明治期の社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった、日本屈指の格式の高さを誇る神社です。奈良時代の歴史書『古事記』には、大国主神は国譲...

大寺薬師(島根)・平安仏の古刹

山陰旅行の三日目は、出雲市の大寺薬師からスタートしました。大寺薬師は推古天皇2年(594)に智春上人が創建したと伝わる古利で、往時は七重塔などが建ち並ぶ大寺であったそうです。1650年の大洪水により伽藍や仏像の多くが破壊されたため、現在地である万福寺の境内へと移されました。こちらのお寺には島根県屈指の古仏が多数伝えられており、事前にお願いをして拝観させていただきました。重厚な収蔵庫の扉が開けられると…中央に...

美保神社(島根)・海辺の神様

仏谷寺参拝のあと、お寺から徒歩で5分ほどのところにある美保神社へ。美保神社の歴史は古く、8世紀に編纂された『出雲国風土記』の神社台帳にもその名が載っています。こちらの神社の祭神は「えびす様」七福神の一柱として漁業・海運などの生業を守り、商売繁盛など、人々に豊かな福をもたらす神様です。右手に釣り竿を持ち、左脇に鯛を抱えてニッコリ笑う姿を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。本殿は文化10年(1813年)...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR