FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

浅草観音寺(北海道)・平安期の聖観音 2018-07-22-Sun

IMGP8098.jpg

宗圓寺参拝の後は、車で数分のところにある浅草観音寺へ。

IMGP8099.jpg

こちらのお寺には平安期の聖観音像が伝えられているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。

b_butu.jpg (⇒小樽市HPより)

像高はおそらく40~50cmほどでしょうか。
平安中期の作で、サクラ材の一木造。
明治二十年代後半に京都の有門院から招来され、道内で最も古い仏像の一つと考えられています。
こぶりな目鼻立ちが可愛らしく、穏やかな雰囲気を漂わせた観音様です。

IMGP8134.jpg

拝観の後は、小樽の街を歩いて散策することに。

IMGP8139.jpg

古くから港町として栄えた小樽には、明治後期から昭和初期の建物が残っており、その多くがレストランや商業施設として再利用されています。

IMGP8145.jpg

こちらはあの有名チェーン店、びっくりドンキー。
ずいぶんお洒落な建物に入っていますね。

IMGP8108.jpg

せっかく小樽に来たので、港のすぐそばにある食事処でウニいくら丼を食べました。

2017.9.19

スポンサーサイト

CATEGORY : 北海道 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

宗圓寺(北海道)・港町の五百羅漢像 2018-07-14-Sat

頭大仏を拝観した後は、レンタカーで小樽へ。

DSC_0455.jpg

小樽は古くから港町として栄えてきた街で、明治後期から昭和初期にかけての歴史的建造物が多く残っていることから、近年では観光地としての人気も集めています。

IMGP8062.jpg

こちらは小樽駅から車で数分のところにある宗圓寺。
寛永7年(1630)、松前藩主7代公廣の追善供養のために創建されました。
かつてお寺は松前藩の城下町・福山にありましたが、明治42年(1909)に現在地へと移されたそうです。

gohyakurakan.jpg

そしてこの宗圓寺で特に有名なのが、こちらの五百羅漢像です。(⇒文化財オンラインHPより)

堂内にびっしりと尊像が隙間なく並んでいる様子は、まさに圧巻の一言に尽きます。
松前藩14代藩主である章廣が南部藩主に依頼し、文政8年(1825)に盛岡から招来しました。
京都美術院国宝修理所の調査により、室町~桃山時代の作が11体、江戸中期が236体、江戸末期が268体という結果が出ているそうです。
これだけ古い時代の五百羅漢像が実際に五百体以上残されている例は、全国的にも非常に珍しいのではないでしょうか。

IMGP8084.jpg

お寺の石段には可愛らしい小坊主さんが居眠りしていました。

2017.9.19

CATEGORY : 北海道 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

真駒内滝野霊園(北海道)・壮大な仏ワールド(2) 2018-07-01-Sun

IMGP7924.jpg

モアイ像と道を隔てた反対側に小高い丘があり、ぽこんと小さな突起が見えました。
もしかして、あれがお目当ての大仏様…?

IMGP7927.jpg

慌てて正面に回り込むと、狛犬(?)に似た獅子の像が左右に3体ずつ並んでいました。

IMGP7929.jpg

がるるるるる!!!
獅子が何かを口に咥えていますが、小さな獅子を運んでいるようにも、獲物を食べているようにも見え、判断つきかねます。
このような像を初めて見ましたが、何か意味があるのでしょうか。

IMGP7934.jpg

動揺しながら大仏殿へと進むと、ラベンダー管理料(だったかな)という名目で料金を入れる箱があったため、お金を入れて中に入りました。
丘一面に広がるボコボコとした突起は、どうやらラベンダーの苗のようです。

IMGP7941.jpg

正面のタイル上には水が張っていたため、昨日から降り続いた雨のせいかと思い、恐る恐る進んだところ、ずぶずぶと水に足が入り込んでいきました。

IMGP7943.jpg

「わーーーっ!」
ずぶ濡れになった靴を水中から引っこ抜き、慌てて後ずさり。
どうやらこの水は結界の役割をはたしており、参拝者は迂回して脇を進むようになっているようです。
勘違いして水の中を進もうとしたバカな人間は私だけでしょうか…(汗)

IMGP7947.jpg

なんて変わった大仏殿なのだろうと驚いていたところ、壁に設計者の説明が貼ってあり、そこにはあの有名な建築家・安藤忠雄の名前が記されていました。
まさか大仏殿まで設計しているだなんて。
その活動範囲の広さに圧倒されます。

IMGP7959.jpg

そしてこちらが頭大仏様。
頭大仏という不思議な名前は、大仏殿から頭だけがぽっこり出ていることから名づけられたそうです。
驚くべきは、この大仏様が像高13.5mもありながら、すべて石で出来ているということ。
その総重量は1,500tに達するのだとか。
最初は阿弥陀様かと思っていたのですが、よく見ると印相が一風変わっています。
宗派を限定しないようにするためなのでしょうか。

IMGP7965.jpg

下から見上げると、頭上に丸い穴がぽっかりとあいていました。
きっと晴天の日には、美しい青空が光背のように大仏様を照らすことでしょう。

IMGP7973.jpg

2017.9.19

CATEGORY : 北海道 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

真駒内滝野霊園(北海道)・壮大な仏ワールド(1) 2018-06-24-Sun

去年の9月、北海道を旅してきました。

IMGP7864_2017100911440915d.jpg

早朝に羽田空港発の飛行機に乗り、新千歳空港へ。
そこからレンタカーを借り、札幌市方面へと向かいました。
まず最初に訪れたのは真駒内滝野霊園です。
巨大仏や石のモニュメントがあるという噂をネットでちょくちょく見かけ、以前からとても気になっていました。

IMGP7866.jpg

滝野霊園は札幌市南区にある霊園で、公益社団法人ふる里公苑という団体によって運営されており、宗派に関係なく墓地を購入することができるそうです。
第一印象は、とにかく広い!
霊園のHPによると、その広さは1,800,473㎡もあり、なんと札幌ドーム約32個分の敷地面積なのだそうです。

IMGP7850.jpg

霊園内の道案内を頼りに、まずは礼拝堂へ。
建物に近づくにつれ、読経の声が聞こえてきました。

IMGP7852.jpg

中央の仏像までは少し距離があり、正確な尊名はわかりませんでしたが、おそらく如来像でしょうか。
堂内には私以外に誰もいません。
どうやら読経の声は録音されたものを再生していたようです。

IMGP7859.jpg

おや?
敷地内の芝生に可愛らしい七人の小人が…?
近寄ってみたところ、なんと小さな布袋様たちでした(笑)

IMGP7862.jpg

その近くには何故かモアイ像のベンチあったため、座ってひと休みすることに。

IMGP7870.jpg

しばらく休んでから、お目当ての巨大仏を探して歩き始めましたが、どこにいらっしゃるのかさっぱり見当がつきません。
するとふと貼り紙がしてあるのに気がつきました。
どうやらバスが運行されているほど敷地は広大で、歩いて行くには相当な時間がかかるようです。
そこで再びレンタカーに乗りこんで、敷地内をぐるぐると回って探していたところ…

IMGP7913.jpg

青空の下に巨大なモアイ像がっ!

IMGP7904.jpg

反対側にも!!

IMGP7902.jpg

モアイ像の横にはマニ車があり、神仏混淆というか、何というか、適切な表現が思い浮かびませんが、とにかく既成の固定観念を打ち壊すようなカオスっぷりです。

IMGP7908.jpg

石碑には三十三モアイ地蔵完成記念碑と彫ってありました。
この石像はモアイ地蔵なるお地蔵様とのこと。
霊園HPによると…
「モアイの『モ』には未来、『アイ』には生きるという意味があり、皆様の生きた証を後世へ永遠に伝承できるように建てられました。大きいものは高さ9.5m重さ120t。その他は高さ6.5m重さ60t。正面入口にはモアイ像がならび墓参の皆様を迎えます。」
なんだかよくわからないけど、凄いスケールです。

IMGP7876.jpg

モアイ像から少し離れた場所には、何故かストーンヘンジがありました。
世界の七不思議を徒歩で体感できるだんて、なんて贅沢なのでしょう。
ハイテンションでカメラのシャッターを切り続けました。
こちらも霊園HPによると…
「世界遺産であり、神官の神殿や古代の天文台、また、豪族の墳墓として使用されていたといわれがあるストーンヘンジ。大地・自然・空に接する神聖な場所に生きた証を残し、後世の人々へ未来の希望を与えられるように真駒内滝野霊園のストーンヘンジには永代供養墓が併設されております。」

この時点でその途方もないスケールにノックアウト寸前でしたが、まだ一番の目的である大仏様にお会いしていません。
期待に胸が高鳴ります。
(続)

CATEGORY : 北海道 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

| ホーム |