仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [大阪 ] 記事一覧

大林寺(大阪)・平安期の十一面観音

大阪のお寺巡りの最後に、松原市の大林寺を参拝しました。お寺までは近鉄の布忍(ぬのせ)駅から徒歩で5分ほど。川沿いに歩いてゆくと、立派な山門が見えてきます。門の横には小さなお地蔵様たちがいらっしゃいました。皆さん綺麗な胸当てをなさっていて、今も大切に守られていることがよく分かります。大林寺には平安期の十一面観音立像が伝えられていると聞き、事前にお願いをして拝観させていただきました。中にいらっしゃった...

専念寺(大阪)・三体の平安仏

高槻市駅から阪急に乗って上新庄駅へ。大阪市東淀川区の専念寺を参拝しました。境内の一画には大きな幼稚園が併設されており、あちこちから子供たちの楽しそうな声が聞こえてきます。まず案内していただいたのが本堂の脇にある建物で、中には立派なお厨子がずらりと並んでいました。向かって左は、智拳印を結ぶ大日如来坐像です。一木造で12世紀頃の作と推定されています。体の所々に漆箔が残っており、かつては全身が金色に輝いて...

廣智寺(大阪)・多臂の観音像

少し前のこととなりますが、平成27年8月6日~8月8日の三日間、大阪、奈良、和歌山の三府県を旅してきました。しばらくの間、この時の旅行記を書こうと思いますので、よろしければお付き合いくださいね。初日の8月6日は大阪府へ。まず最初に参拝したのは、高槻市の廣智寺です。JR高槻駅の周辺はショッピングビルやマンションなどが建ち並んでおり、沢山の人で賑わっていました。ここからは徒歩でお寺へと向かいます。ちょうど夏の盛...

神宮寺感応院(大阪)・平安期の十一面観音

日帰り弾丸関西旅行、最後は大阪市の八尾市へ。近鉄の恩智駅から東へ向かって歩いて行くと、道路に立派な大鳥居が建っていました。現在、道沿いには住宅が並んでいますが、かつてこの一帯は大きな神社の敷地内であったようです。駅から15分ほど歩いたところでしょうか、長い石段が見えてきました。初夏の陽気もあり、登っていると額から汗が噴き出してきます。苦労して階段を登ると、河内二宮と伝わる恩智神社の社殿が建っていまし...

慈尊院(和歌山)・弥勒仏御開帳

叡福寺参拝のあとは、河内長野市の観心寺へ。4月17日と18日の年に二日だけ開帳される国宝・如意輪観音像を5年ぶりに拝しました。妖艶な如意輪観音像に魅せられた後は、国道371号線を通って南下し、和歌山県へと入りました。やがて見えてきたのは美しい紀の川です。この紀の川が高野山の麓を流れるあたり、和歌山県の九度山町というところに、女人高野と呼ばれる慈尊院があります。慈尊院の創建は、弘仁7(816)年に弘法大師が高野...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR