FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Category [美術館・博物館 ] 記事一覧

「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」展に行ってきました。

6月7~8日の二日間で、奈良・大阪・京都を旅行してきました。各お寺の参拝記はかなり先になってしまいそうですが、まずは2019年6月9日まで京都国立博物館で開催されていた「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」展について書こうと思います。国宝・一遍聖絵は、時宗の開祖である一遍上人の生涯を描いた全十二巻の絵巻です。一遍の高弟であった聖戒が詞書を撰述、絵は円伊によって描かれ、一遍の十回忌にあたる正安元年(1299)に完成しまし...

「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」展に行ってきました

東京国立博物館で開催中の「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」展に行ってきました。東寺はこれまでに何度も参拝したことがあるため、寺宝の多くを拝観したつもりでしたが、やはり今回もその質と量に圧倒されました。 (⇒東寺HPより)個人的に一番惹きつけられたのは、かつて京都に存在した西寺伝来とされる地蔵菩薩立像です。ほぼ等身大の大きさで、むっちりとした太腿、深く彫られた複雑な衣文など、貞観仏らしい特色がよく出ていま...

「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展に行ってきました

「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展を三井記念美術館で見てきました。実は始まった当初はさほど気にしていなかった特別展だったのですが、以前から拝観したいと思っていた三重県・瀬古区の十一面観音立像が展示されていることをネットで偶然知り、会期終了間際に行ってきました。ポスター写真は、鎌倉期の不動明王立像(個人蔵)。見得を切ったような独特のポーズが印象的です。 瀬古区(三重県)・十一...

「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展に行ってきました

東京国立博物館で開催中の「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展に行ってきました。今期のトーハクは平成館の展示スペースを半分ずつ使い、「マルセル・デュシャンと日本美術」展と「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展の二展同時開催でした。今後はこのような展示が増えていくかもしれませんね。 釈迦如来坐像(⇒トーハクHPより)大法恩寺は千本釈迦堂とも呼ばれる古刹で、私が京都で最も好きなお寺のひとつです。過...

「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」展に行ってきました。

東京国立博物館で開催されている「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」展に行ってきました。一番のお目当ては何と言っても、仁和寺の国宝・薬師如来坐像。かねてからずっと憧れていましたが、厳重な秘仏のため、拝観を半ば諦めていたのです。 薬師如来坐像(仁和寺) (⇒特別展HPより)会場へ入ってすぐのところに、憧れの薬師様はいらっしゃいました。円派(平安時代中期から鎌倉時代にかけて活躍した京都の仏...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR