仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR

「平成29年 新指定 国宝・重要文化財」展に行ってきました。 2017-05-13-Sat

DSC_0024.jpg

東京国立博物館で開催されていた「平成29年 新指定 国宝・重要文化財」展に行ってきました。
通常は拝観できない秘仏なども公開されるため、毎年楽しみにしている企画展です。
今回は大阪・金剛寺の三尊と東京・深大寺の銅造釈迦如来倚像が国宝指定されたことで話題となりました。

history_08_01.jpg 
釈迦如来倚像 東京・深大寺蔵(⇒深大寺HPより)

金剛寺の三尊はさすがに大きすぎるためか展示されていませんでしたが、深大寺のお釈迦様は彫刻コーナーの入り口正面にいらっしゃいました。名実ともに関東を代表する仏様です。
過去に何度もお寺や特別展で拝観しましたが、その親しみやすく、朗らかなお顔に癒されます。

12456.jpg
千手観音坐像 宮城・お薬師様文化財保存会蔵(⇒宮城県HPより)

個人的に一番印象深かったのは、お薬師様文化財保存会蔵の千手観音坐像です。
珍しいのは化仏が髪の毛にめり込みように据えられており、頂上仏に光背(?)があるということ。
記憶にある限り、このような像容の仏像を拝するのは初めてです。
それから仏像を保存している「お薬師様文化財保存会」という名称も何だか気になります。
地元の方たちが共同で守っていらっしゃるのでしょうか。
ネットで調べてもあまり情報が出てこなかったのですが、もし現地で拝観が可能なら、ぜひお参りしたいです。

10amidanyorai_B.jpg

10seisibosatu_B.jpg 10kannonbosatu_B.jpg
阿弥陀如来及両脇侍像 京都・廬山寺 (⇒廬山寺HPより)

そして京都・廬山寺の阿弥陀三尊も見事でした。
脇侍の観音・勢至菩薩の衣が風をうけてたなびいているように表現されており、まさに来迎の瞬間を目の当たりにしているようなスピード感があります。

DSC_0023.jpg

併せて、平成館で開催されている「茶の湯」展にも行ってきました。
目玉は何といっても静嘉堂文庫美術館蔵の国宝・稲葉天目ですが、そのほかにも名だたる武将たちが愛でた茶器などが沢山紹介されています。
こちらは6月4日まで開催されていますので、興味がおありでしたら是非足を運んでみてください。

2017.4.23

スポンサーサイト

CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」展に行ってきました。 2017-05-08-Mon

IMGP7553.jpg

奈良国立博物館で開催中の「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」展に行ってきました。

img_displayitem01-02.jpg
京都・醍醐寺 弥勒菩薩坐像 (⇒特別展HPより)

会場に入り、まずいらっしゃったのは醍醐寺・弥勒菩薩坐像です。
像高111.0cm、建久3年(1192)の作。
快慶初期の傑作で、金泥塗りが用いられた最も古い仏像のひとつだそうです。
お寺だと尊像まで少し距離があるため、今回間近に拝観して、その細部の美しさに驚きました。

img_displayitem02-01.jpg
奈良・東大寺 僧形八幡神坐像 (⇒特別展HPより)

こちらは国宝・僧形八幡神坐像。
像高85.7cm、建仁元年(1201)の作。
通常は10月5日の転害会の時にのみ特別公開されるという秘仏であるため、鮮やかな彩色がよく残っています。

img_displayitem04-01.jpg
京都・遣迎院 阿弥陀如来立像 (⇒特別展HPより)

今回の特別展で印象的だったのは、京都・遣迎院の阿弥陀如来立像です。
像高98.9cm、建久5年(1194)頃の作。
いわゆる安阿弥様の三尺阿弥陀で、特に目を奪われたのは切金の美しさでした。
上半身の衣には信じられないほど繊細な花模様の切金が施されており、その煌びやかな様子が、尊像の崇高さをより一層高めています。
これほどまでに美しい切金を見るのは初めてかもしれません。
中指と親指で印を結んでいらっしゃるのも、他の三尺阿弥陀と比べて珍しい点です。

img_displayitem03-01.jpg
広島・耕三寺 阿弥陀如来坐像 (⇒特別展HPより)

実際にお寺で拝観した仏像も多く、境内の様子や、お寺の方との会話が思い出されました。
秋に開催が予定されている、東京国立博物館の運慶展も非常に楽しみです。

2017.4.29

CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

「木×仏像(きとぶつぞう) 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」展に行ってきました 2017-05-05-Fri

IMGP7463.jpg

ゴールデンウィーク前半に、大阪市立美術館で開催されている「木×仏像(きとぶつぞう) 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」展に行ってきました。
その名の通り、木彫仏の変遷に焦点をあてた特別展で、仏教が伝来した飛鳥時代から江戸時代まで、多種多様な仏像が紹介されています。

72d7c10d3075bdb6876522efd850000b-213x350.jpg 
菩薩立像 飛鳥時代(7世紀) 東京国立博物館 (⇒大阪市立美術館HPより)

こちらは飛鳥時代(7世紀)の希少な木彫仏で、クスノキ材の一木造。
恥ずかしながら初めて知ったのですが、現存作例と文献資料による限り、飛鳥時代の木彫仏はすべてクスノキで造られていることが判明しているそうです。
確かに有名な百済観音もクスノキの一木から彫られていることを思い出しました。
クスノキは硬材であるため、当時の日本では手に入りにくかった南方産の硬い檀木の代用品として用いられたと考えられているようです。

24e5d688f2a62ad83a0010ce46cedd44-153x350.jpg
薬師如来立像 奈良時代(8世紀) 唐招提寺 (⇒大阪市立美術館HPより)

やはり開催場所が大阪市ということもあり、主に関西地方の優れた木彫仏が多数展示されていました。

0ec62aaea5361676d4adfd575f74ce13-150x350.jpg
宝誌和尚立像 平安時代(11世紀) 西往寺 (⇒大阪市立美術館HPより)

中でも一番インパクトがあるのは、何と言っても西往寺の宝誌和尚立像でしょう。
なんと顔の中から顔が現れるという、仏像史上、最もアバンギャルドな造形として知られる像で、まず圧倒されるのはそのお顔ですが、立襟の衣、複雑な流れを描く衣文など、他にはない、非常に個性的な像容です。
宝誌和尚は中国の伝説的な僧で、日本では『宇治拾遺物語』などで十一面観音の化身として紹介され、崇敬を受けました。
割れた顔の中から現れている顔には化仏が彫られていることから、十一面観音であることがわかります。
特に後ろ側はほとんど彫りが施されておらず、まるで一本の丸太そのものから尊像が徐々に姿を現している、その瞬間を目の当たりにしているかのような印象を受けました。

DSC_0109 (1)

面白いのが美術館の一画にあった木材の紹介コーナーです。

DSC_0108.jpg

ヒノキ、クスノキなど、仏像に使われる木のサンプルが置かれ、実際に手にとり、その触感や香りを確かめることができます。
特別展は6月4日(日)まで。
興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

2017.4.29

CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

「忍性菩薩 ―関東興天律七五〇年―」展に行ってきました。 2016-11-19-Sat

0170f1f5161bc9fe5baca4d6b9f6f1bbfeb665cd56.jpg

横浜市の金沢文庫で開催されている「忍性菩薩 ―関東興律七五〇年―」展に行ってきました。

01021801164ee188b419dbecedca7ff3c0eed1148e.jpg

忍性は鎌倉時代に活躍した律宗の名僧で、社会的弱者の救済に尽力したことで知られており、幕府によって鎌倉へ招かれた後は、称名寺や極楽寺などを創建して鎌倉仏教の礎を築きました。

01468e02d01e28d43076e97a37ef29cdd15cff904d.jpg

この特別展で一番の目玉は、なんといっても極楽寺の釈迦如来立像でしょう。
以前からずっと興味を持っていたのですが、通常は秘仏で、4月7日から9日だけの公開であるため、なかなか拝観の機会に恵まれませんでした。
釈迦如来立像の像高は158.5cmで、鎌倉期の作。
いわゆる清凉寺式の釈迦如来像ですが、きりりとしたお顔立ちや体躯の表現に、鎌倉仏らしい特色が感じられます。
少し離れたところには、同じく清凉寺式の釈迦如来像である、称名寺の釈迦如来立像が展示されていました。
どちらも素晴らしいのですが、個人的には、力強さのある極楽寺の尊像の方がより印象的でした。
また極楽寺の釈迦如来立像のそばには、珍しい転法輪印を結んだ釈迦如来坐像が展示されていました。

01227cb1a706295285181b30973f77e85833e08cf4.jpg

特別展を見たあとは、金沢文庫に隣接する称名寺へ。
境内を彩る紅葉の美しさに目を奪われました。

2016.11.13

CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 4 △Page Top

「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」展と「禅―心をかたちに―」展に行ってきました。 2016-10-30-Sun

東京国立博物館で開催中の「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」展と「禅―心をかたちに―」展に行ってきました。

01370bdd19e59a5ed0a96af371193df0d50d1418d0.jpg

まずは本館で開催されている「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」展から。
櫟野寺は滋賀県甲賀市にある天台宗の古刹で、湖南地方屈指の仏像群が伝えられていることで知られています。
(⇒櫟野寺の記事はこちら)

uid000067_2016072714400657aed151.jpg (⇒特別展HPはこちら)

今回の特別展の目玉は、なんといっても秘仏である本尊・十一面観音坐像でしょう。
5年ほど前にお寺を参拝したときは拝観できなかったため、今回の特別展をとても楽しみにしていました。
身の丈は驚愕の312cm!!
数字としては大きさを把握していたものの、実際に御姿を拝したときは、その圧倒的な迫力に息をのみました。
造像時期は10世紀頃と推定されています。
寄木造が確立される前の時代であるため、頭と体は一本の巨木から彫りだされているそうです。
近くでみると、体を覆う衣の部分には色彩が残り、かつては極彩色で輝いていたことがわかります。
それにしてもこれだけの大きさの仏像をどうやって滋賀県から運んだのかしら…?

uid000067_2016072714410783ddb053.jpg uid000067_20160727144123ed01fb95.jpg (⇒特別展HPはこちら)

特別展ではこの他にも、重要文化財に指定されている20体もの平安彫刻が並んでいます。
これらの仏像の多くは、かつて七坊あったという櫟野寺の末寺で祀られていましたが、それらが廃寺となった際、櫟野寺に安置されるようになったそうです。

01a398b13f31182e829e7b35491a34e9be354efe44.jpg

そして次は、平成館で開催されている「禅―心をかたちに―」展へ。
もともと禅文化には疎く、今回も櫟野寺展のついでにくらいの感じで行ったのですが、これが想像以上に素晴らしい内容でした。

uid000067_201608291424481ef4dcbc.jpg (⇒特別展HPはこちら)
蘭渓道隆坐像(神奈川・建長寺)

やはり禅の特別展だけあって、各お寺の頂相(禅僧の肖像画、または肖像彫刻)が多く展示されていました。
正直、これまで頂相にはさほど興味がなかったのですが、ずらりと並ぶ高僧たちを拝していると、表情や体つきに、威厳やそれぞれの個性が感じられます。
まるで名だたるスターたちにお会いしているような気分になり、かなりテンションが上がりました(笑)

uid000067_20160829161938a853fae1.jpg (⇒特別展HPはこちら)
宝冠釈迦如来坐像(静岡・方広寺)

もちろん頂相以外の仏像も展示されています。
印象的だったのが、こちら静岡・方広寺の宝冠釈迦如来坐像。
宋風様式の顕著な尊像で、1352年に院吉・院広・院遵ら院派仏師によって造られました。
 
uid000067_20160829142503aacce731.jpg (⇒特別展HPはこちら)
羅怙羅尊者坐像(京都・萬福寺)

そして仏像ファンにはお馴染み(?)、京都・萬福寺の羅怙羅尊者坐像もお出ましに。
(⇒萬福寺の記事はこちら)
お腹から顔が??
過去に何度からお寺で拝したことがありますが、やはり強烈なインパクトです。
お釈迦様の実子である羅怙羅尊者は顔が醜かったものの、自分の心には仏が宿っていることを胸を開いてみせた、そういう伝承があることから、この像が造られたようです。
とても面白いですよね。

01fab908c508b8d8167541fa985c9f5f3e75105fc4_00001.jpg

そして平成館の休憩所には羅怙羅尊者坐像の顔はめパネルがあり、なんと尊者の胸に入ることができます(笑)
憧れの仏像と記念撮影?
忘れられない記念になりますので、よろしければ是非♪

2016.10.23

CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

| ホーム | 次のページ »