仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2010年09月 ] 記事一覧

海雲寺(東京)・竈の神様

品川区にある海雲寺の本尊は、千体荒神(三宝荒神)。竈の神様です。台所にも神様がいらっしゃるなんて、何だか不思議な感じがします。火を使う竈は古くから神聖なものだとされていたようです。拝観のお願いをすると、お寺の方から「護摩法要をやるのでよかったらどうぞ」と声をかけていただきました。本堂に入れていただき、護摩が始まるのを待ちました。内陣の奥には扉が閉ざされた厨子が安置されており、その中にご本尊の千体荒...

中禅寺(栃木)・湖のほとりの立木観音

日光から路線バスを使って中禅寺へ。道が渋滞していたため、一時間ほどかかって中禅寺湖へ着き、そこからさらにバスを乗り換えて中禅寺へ向かいました。湖の向こうに堂々とそびえるのは男体山。山頂を雲が覆っていますが、それでも雄大な美しさが十分伝わります。やがて中禅寺の山門が見えてきました。中禅寺の創建は平安時代まで遡り、元々は二荒山神社の神宮寺として繁栄を極めていたそうです。坂東三十三観音霊場の第18番札所で...

日光東照宮(栃木)・日光のシンボル

そしてかの有名な日光東照宮へ向かいました。今までに幾度となくテレビや雑誌で見てきた光景。陽明門です。やはり写真で見るのと実際に見るのとでは迫力が全く違います。こちらは重要文化財の神厩舎、いわゆる馬小屋です。ちゃんと本物のお馬さんも中にいらっしゃいました。おお!見ざる言わざる聞かざるの三猿です。眠り猫と並ぶ日光屈指の有名人(?)。こんなところにいらっしゃったんですね。なんでも猿は馬を守護するという言...

輪王寺(栃木)・日光三所権現

十数年ぶりに日光へ行ってきました。日光と言えば、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の二社一寺が、日光の社寺として世界遺産に選ばれた、日本有数の観光地です。実は過去2回日光へ行ったことがあるものの、東照宮を含めた日光の社寺を参拝したことがありませんでした。日本人として一度は参拝してみたい!ということで、青春18切符を使って行ってきました夏休み中ということもあり、境内は参拝者でいっぱいでした。照...

長谷寺(神奈川)・四万六千日詣

8月10日、鎌倉市にある長谷寺でも四万六千日詣が行われました。小雨が降るなか、暗闇に浮かぶ大きな提灯の灯りを見つめ、早朝4時の開門をじっと待ちます。やがて門が開けられると同時に、参拝者が境内へゆるゆると流れ込んでゆきました。中心にある観音堂には、本尊の十一面観音が祀られています。観音様の写真はこちら像高9.18メートル。有名な奈良の長谷寺の観音様と同じく、錫杖と水瓶とを持つ長谷寺式観音で、室町時代の作...

覚園寺(神奈川)・四万六千日詣

先日、鎌倉市へ四万六千日詣に行ってきました。四万六千日詣とは、日本のお寺における大切な縁日のことで、この日に参詣すると四万六千日参詣したほどの功徳があるとされる、とても有り難い日です。8月10日、鎌倉市内のいくつかのお寺でこの四万六千日詣が行われ、私は覚園寺、杉本寺、長谷寺を参拝してきました。まずは覚園寺。深夜の12時少し前にお寺へ着くと、すでに沢山の参拝者で長蛇の列ができていました。山門が開くと、...

光触寺(神奈川)・頬焼阿弥陀

鎌倉市にある光触寺には、不思議な阿弥陀如来が祀られています。その名も頬焼阿弥陀。昔、ある法師が無実の罪をきせられ、頬に焼印を押されました。ところが法師には傷一つ残らず、かわりに阿弥陀如来の頬に火傷の跡がついていたというのです。その身代わりになったとされる阿弥陀様こそ、光触寺の阿弥陀如来像。なんとも優しい伝説ですね。本堂へ入ってみると…(※拝観は団体のみです)。中央には1mほどの阿弥陀如来、その隣に観...

鎌倉国宝館「仏像入門展〜ミホトケをヒモトケ!〜」

鎌倉国宝館で行われている仏像入門展〜ミホトケをヒモトケ!〜に行ってきました。まさかのダジャレですが、展示内容はなかなかの充実ぶりでした。夏休みということもあり、仏像について子供向けにわかりやすく説明がなされていて、幅広い世代が楽しめる特別展だと思います。特に印象的だったのが、歓喜天像。歓喜天とは象頭人身の神で、通常は秘仏であることが圧倒的です。過去には高幡不動の宝物館で展示されている歓喜天しか拝し...

杉本寺(神奈川)・三体の十一面観音

鎌倉市の杉本寺は鎌倉最古の寺とされている古刹で、坂東三十三観音の第一番札所としても名を馳せています。山門をくぐると目に飛び込んでくるのは、苔むした階段。すごい貫禄…。まるで緑の絨毯が敷かれているようです。現在は立入禁止となっています。本堂には三体の十一面観音が祀られています。手持ちの資料によれば、中尊と右側の像が鎌倉時代の作、もう一体はそれよりもかなり後の時代の作だということです。遠くてよく見えま...

東慶寺(神奈川)・水月観音

数年ぶりに鎌倉へ行ってきました。千葉に住む私にとっては、鎌倉は近くて遠い場所。新幹線や飛行機で行く京都や奈良であれば、チケットを取った時点で覚悟が決まるのですが、いつでも行ける鎌倉は、かえって足が遠のいてしまいます。今回は意を決し早起きして行ってきました。お目当てのひとつが、東慶寺の水月観音。数年前に鎌倉国宝館でその美しさに惹かれて以来、ぜひともお堂でお会いしたかった仏さまです。東慶寺は北鎌倉駅か...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR