仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2010年12月 ] 記事一覧

2010年私的・仏像ランキング

今年も残すところわずか。4月からブログを始め、当初の目標では最低でも半年間は続けようと思っていたのですが、なんとか無事に達成できて感無量です。今年は日本各地のお寺を参拝し、たくさんの素晴らしい仏像にお会いしました。今回はいつもと少し趣向を変えて、今年拝観したお寺や仏像の私的・部門別ランキングを選んでみましたので、よろしければお付き合いください*感動した仏像(1)峰定寺(京都)・千手観音坐像(2)中山...

明通寺(福井)・大迫力の薬師三尊

羽賀寺の後、明通寺へ向かいました。妙通寺は小浜有数の古刹。数多くの文化財が残されていることで知られています。今回の小浜旅行の中でも特に参拝を楽しみにしていました。本来、薬師如来の脇侍は日光・月光菩薩であることが多いのですが、この妙通寺では本尊の薬師如来の脇侍が降三世明王、深沙大将というとても変わった三尊形式になっているのです。残念ながら国宝の本堂は改修中でしたが、お堂の中に入ることはできました。降...

羽賀寺(福井)・異国の美女

福井県小浜市。古より日本海の要港として栄え、中世には京へ海産物を運ぶ鯖街道の起点になりました。数多くの文化財が残されていることから「海のある奈良」とも呼ばれており、数年来ずっと訪れたいと思い続けてきた場所です。その小浜市にある羽賀寺には、とても美しい十一面観音が祀られています。数ある小浜の仏像の中でも特に有名な尊像です。朝一番で羽賀寺へ。境内には静謐な空気が流れているようでした。ご本尊にお会いする...

常福寺(茨城)・平安期の薬師如来

板橋不動尊を参拝した後、土浦市にある常福寺へ行ってきました。常福寺は土浦駅から徒歩で25分ほど。桜川の流れに沿いながらお寺へ向かいます。訪れたのは晩秋。境内は色鮮やかなイチョウが落葉しており、まるで黄色い絨毯の上を歩いているようでした。さて、本堂でご本尊にお会いします。厨子の中には見事な薬師如来がいらっしゃいました。その周りを十二神将が取り囲んでいます。薬師様は像高121cmで国の重要文化財。平安時代...

板橋不動尊(茨城)・不動明王御開帳

11月28日。板橋不動尊の不動明王が年に一度開帳される日です。最初に名前を聞いた時、「板橋区にあるのかしら?」と思ったのですが、お寺が位置するのは茨城県つくばみらい市(笑)。正式名称を不動院願成寺といいます。年に一度の御開帳日だけあって、多くの人で賑わっていました。境内には立派な三重塔。県の文化財に指定されています。さて本堂へ入り、厨子に安置されている秘仏の不動明王と二童子にお会いしました。一目お姿を...

清雲寺(福井)・毘沙門天とニソの杜

福井県・大島半島。この半島は陸繋島(砂州によって大陸や大きな島と陸続きになった島)であり、日本海に向かって大きく突き出して、若狭湾やその内海である小浜湾を形成しています。その大島半島の先端に位置しているのが、おおい町大島地区。不思議なことに半島の根元は違う町(高浜町)になっており、この大島地区と他のおおい町中心部は橋を通って行き来できるようになっています。そしてこの大島地区の清雲寺に古くから伝えら...

中山寺(福井)・馬頭観音御開帳

もともと今回の若狭見仏旅行は、数年来憧れ続けてきた仏像にお会いするために思いついたものでした。福井県高浜町にある中山寺の馬頭観音。33年に一度開帳される(中開帳が17年に一度)という、秘仏中の秘仏です。その馬頭観音が今年から約2年間開帳されるということを知り、居ても立ってもいられず、若狭への旅を決意することに。中山寺は京都府と福井県の県境に位置しており、舞鶴市の松尾寺からは車で20分ほどです。山門が見え...

多禰寺(京都)・慶派の仁王像

円隆寺を出発し、同じ舞鶴市にある多禰寺へ向かいました。窓の外に広がるのは舞鶴湾。あまりの美しさについつい見とれてしまい、車を止めては雄大な景色を眺めていました。途中道に迷いながらも、昼前には多禰寺へ。寺伝によれば、多禰寺は創建を飛鳥時代にまで遡るという古刹。そしてこのお寺で特に有名なのが、重要文化財に指定されている仁王像で、かねてからずっとお会いしたいと思っていました。仁王像含め、仏像の多くははこ...

円隆寺(京都)・丹後大仏

京都市内の妙法院を参拝した後、JRで近江今津駅へ。そこからバスに乗ること約1時間。福井県小浜市に着きました。この日は小浜に宿泊。翌朝、レンタカーで舞鶴方面に向かいました。国道27号線をひたすら進みます。右手に見えるのは美しい小浜湾。海岸線を離れたり近づいたり。山々の間を抜けたかと思うと、また青い海が姿を見せる。美しい海に出会うたび、ついつい嬉しくなります。さて京都府内に入り、舞鶴湾が見えてきました。...

大山寺(神奈川)・大山ライトアップ(2)

ケーブルカーで大山寺まで下りようとしたところ、乗り場には行列が出来ていました。この行列だと数回分は待たなくてはならなそうなので、歩いて行くことに。暗い中、石段を下ってゆきます。これがなかなかハード!修験道の霊場として篤い信仰を集めていただけあります。岩の陰から天狗がヒョイと現れても不思議ではないような…。固い石段で膝がガクガクし出した頃、真っ赤な紅葉が見えてきました。大山寺です。思わず声をあげてし...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR