仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2013年05月 ] 記事一覧

仏像半島展(後期展示)に行ってきました

千葉市美術館で開催中の「仏像半島―房総の美しき仏たち―」展の後期展示に行ってきました。実は前期展示も合わせると、訪れるのは今回で3回目になります(笑)(⇒前期展示の記事はこちら)今回は比較的会場が空いていたため、大好きな東明寺(富津市)の薬師様をしばらく独り占め(?)することができました。 (※仏像半島パンフレットより) (※千葉市美術館パンフレットより)特別展で特に印象的だったのは、その横顔です。これ...

金剛寺(神奈川)・阿弥陀如来御開帳

4月上旬、神奈川県厚木市にある金剛寺の御開帳へ行ってきました。小田急線の本厚木駅からバスに約20分ほど乗り、飯山観音前で下車。ちょうど「あつぎ飯山桜まつり」の開催期間ということもあって、参道は灯篭で飾られ、華やかな雰囲気が漂っていました。橋を渡って真っ直ぐ行くと、坂東三十三観音霊場第6番札所である飯山観音へと辿り着きますが、今回はすぐに右へと曲がります。やがて山門が見えてきました。金剛寺の堂宇のようで...

仙遊寺(愛媛)・藤原期の千手観音

四国旅行の最終日は、愛媛県今治市の仙遊寺からスタートです。仙遊寺は飛鳥時代に天智天皇が創建したと伝えられる古刹で、現在は四国八十八箇所霊場の第五十八番札所として篤い信仰を集めています。早朝にも関わらず、境内の駐車場は既に満車状態。本堂付近はご朱印を受ける参拝者で賑わっていました。拝観のお願いをして本堂の奥へと進むと…ほのかな光を受け、美しい千手観音様がぼうっとお姿を浮かび上がらせていました。その作...

仏像半島展に行ってきました

千葉市美術館で開催中の「仏像半島―房総の美しき仏たち―」展に行ってきました。(⇒展覧会HPはコチラ)公共の交通機関では巡りにくい房総半島の仏像が一堂に会したこの特別展は、房総仏に馴染みのない方々にも十分満足していただける内容だと思います。個人的に衝撃を受けたのは、南房総市・小松寺の薬師如来立像です。(⇒お寺のHPはコチラ)アーモンド形の瞳も個性的ですが、この薬師様の存在を特に際立たせているのが、板のよ...

定福寺(高知)・笑うお地蔵様

土佐国分寺参拝の後、レンタカーで北上し、四国の内陸部へと向かいました。山々の間を流れる清流。あたりには靄がかかり、収穫の近づいた田畑の緑をしっとりと濡らしていました。こちらは大豊町の定福寺。とても不思議なお地蔵様がいらっしゃることで有名なお寺です。そのお地蔵様たちというのが…「お地蔵様ー!」「はーい♪」何ということでしょう。アイドルのようにニッコリと笑いながらこちらを向いてくださるではありませんか(...

土佐国分寺(高知)・土佐日記の舞台

皆さんが土佐という言葉を聞いて思い浮かぶもののひとつに、平安時代の日記文学の最高峰『土佐日記』があるのではないでしょうか。南国市の土佐国分寺周辺は古代から中世まで土佐国の中心として栄え、『土佐日記』の作者・紀貫之も国司として4年間当地に滞在したそうです。お寺はたびたび兵火に遭い焼失しましたが、永禄元年(1558年)に長宗我部氏が金堂を再建、さらに明暦元年(1655年)に土佐藩2代藩主山内忠義が山門を寄進して...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR