仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2014年02月 ] 記事一覧

明光寺(広島)・丈六の薬師如来

古保利薬師堂参拝のあと、レンタカーで広島県内を南下し、広島市内へ。やがて三篠川流域に広がる、安佐北区の深川という集落へ辿りつきました。こちらは深川薬師と呼ばれる明光寺。明光寺の創建は平安時代にまで遡ると伝えられ、天皇家より正明院という勅号を賜って繁栄を極めました。天文8年(1539年)に建立された薬師堂の中には…金色に輝く丈六の如来様がいらっしゃいました。像高270cmの寄木造。室町中期の作。現在は薬壺を持...

古保利薬師堂(広島)・一木の貞観仏

北広島町の古保利(こおり)薬師堂は、関西地方以外ではとても珍しい、平安初期の仏像が安置されていることで知られています。今回の旅の目的地を広島に決めた時から、ずっと参拝を楽しみにしていました。お寺近くに車を止め、緑に覆われた道を歩いてゆきます。やがて古い石段の向こうに建物が見えてきました。古保利薬師堂の歴史は古く、9世紀始めに建立された真言宗の古保利山福光寺がその前身と伝えられています。 後に戦国大...

安芸国分寺(広島)・藤原期の薬師如来

御調八幡宮参拝のあと、レンタカーで東広島市の西条町へ。やがて見えてきたのは美しい緑の芝生でした。このあたりは奈良時代に安芸国分寺の大伽藍が広がっていた場所で、現在は史跡として整備されています。千年を超える長い歴史のなか、お寺は幾度も火災に遭い、そのたびに復興を遂げてきました。現在の仁王門は16世紀中期の建立で、市の文化財の指定を受けています。 中には立派な仁王様がいらっしゃいました。ご本尊は秘仏のた...

御調八幡宮(広島)・御調八幡宮と三原市の文化財展

少し前のことになりますが、去年の9月に広島へ行ってきました。これからしばらくの間、その時の旅行記を書こうと思っていますので、よろしければお付き合いくださいね♪まず最初に参拝したのは、三原市の御調八幡宮(みつきはちまんぐう)。収穫を間近に控えた稲穂を眺めながら車を走らせました。御調八幡宮の創建は古く、宇佐八幡宮の神託事件により流罪となった和気広虫が、この地に八幡神を祀ったのが始まりと伝えられています。...

勝覚寺(千葉)・鎌倉期の四天王

宝聚寺参拝のあと、同じ山武市内にある勝覚寺を参拝しました。実は勝覚寺を参拝するのはこれで二度目。こちらのお寺には関東地方では珍しい、鎌倉期の四天王立像が守り伝えられています。昨年千葉市美術館で行われた「仏像半島展」も合わせると、勝覚寺の四天王立像を拝するのは何と通算6回目(!)になります。お堂の中央に安置されているのがお釈迦様、その周囲を勇壮な四天王がお守りしていました。前回参拝した時はご本尊の修...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR