仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2015年02月 ] 記事一覧

美保神社(島根)・海辺の神様

仏谷寺参拝のあと、お寺から徒歩で5分ほどのところにある美保神社へ。美保神社の歴史は古く、8世紀に編纂された『出雲国風土記』の神社台帳にもその名が載っています。こちらの神社の祭神は「えびす様」七福神の一柱として漁業・海運などの生業を守り、商売繁盛など、人々に豊かな福をもたらす神様です。右手に釣り竿を持ち、左脇に鯛を抱えてニッコリ笑う姿を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。本殿は文化10年(1813年)...

仏谷寺(島根)・海辺の平安仏

レンタカーで島根県を北上し、島根半島へ。海岸線を車で走っていると、いくつもの漁港を通り過ぎました。半島の北側は日本海の荒波によって浸食されたリアス式海岸であるため、アゴ(トビウオ)やイカなどの豊かな漁場となっているようです。地蔵崎から加賀の潜戸に至る海岸線一帯、半島西部の日御碕付近は大山隠岐国立公園にも指定されています。中でも半島の中央から東端に位置する美保関は、数多の文化人たちから愛されてきた風...

佛乗院(神奈川)・鎌倉期の阿弥陀如来

神武寺駅から京急で新逗子駅へ。駅近くでレンタサイクルを借り、そこから海へ向かいました。やがて見えてきたのは相模湾です。海岸線沿いには、昔ながらの漁師町とお洒落なマンションが並ぶ、どこか不思議な光景が広がっていました。港に漁師小屋がびっしりと建っています。今なお漁業の盛んな場所なのでしょう。その漁港から歩いて数分のところにあるのが、真言宗の古刹・佛乗院です。山号を海潮山といい、逗子の漁師たちの篤い信...

東昌寺(神奈川)・丈六の阿弥陀如来

神武寺参拝のあと、京急神武寺駅から歩いて3分ほどのところにある東昌寺を訪ねました。東昌寺の歴史は古く、鎌倉時代に北条氏の菩提寺であった鎌倉の東勝寺に由来すると伝えられています。1333年の新田義貞による鎌倉侵攻の際に伽藍が焼失し、現在の地へと移されました。こちらは重要文化財に指定されている五輪塔で、かつては葉山町の慶増院にあったそうです。そして私の一番のお目当てはこちらの阿弥陀堂。事前にお願いをして拝...

神武寺(神奈川)・薬師如来御開帳

毎年12月13日は、逗子市にある神武寺で煤払いが行われる日です。この日に本尊の薬師三尊を拝観できるということをネットで偶然知り、千葉から電車で出かけてきました。神武寺への参拝道はいくつかありますが、往路は横須賀線の東逗子駅から歩いて行くことに。住宅街を抜けると急こう配の坂道が現れ、息を切らせながら登ってゆくと、真冬にも関わらず額に汗がにじみました。寺伝によると、神武寺は聖武天皇の命により行基が創建した...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR