仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2015年05月 ] 記事一覧

興善寺(奈良)・慶派の阿弥陀如来

頭塔を訪ねた後、自転車で数分のところにある興善寺を参拝しました。奈良公園からも程近い場所にありながら、お寺の周りには観光客はほとんどなく、静かで落ち着いた雰囲気が漂っていました。一般的にはあまり知られていませんが、興善寺は創建を室町時代にまで遡る古刹で、南都七大寺の1つである元興寺の奥の院をその前身としているそうです。こちらの御本尊は快慶作と伝えられる阿弥陀如来立像。事前にお願いをして拝観させてい...

頭塔(奈良)・奈良のピラミッド

不空院から自転車で「ならまち」へと向かいました。ならまち(奈良町)は奈良市街地南部の歴史的町並みが残る地域の通称で、このあたりには昔ながらの町屋が建ち並び、多くの観光客で連日賑わいます。この「ならまち」の一画に、ピラミッド状の巨大建築物があることをご存じでしょうか。それがこちら、「頭塔」と呼ばれる奈良時代の史跡です。1辺30m、高さ10mもあり、7段の階段ピラミッド状の構造をしています。過去にも何度か近く...

鳥獣戯画展に行ってきました

東京国立博物館で開催中の「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」展に行ってきました。テレビやネットで話題となっているだけあって会場は大混雑。お昼過ぎに着いた時には、平成館の入り口に長蛇の列ができていました。休憩所でしばらく休んでから会場へ向かったものの、それでも一番有名な鳥獣戯画甲巻は更に2~3時間待ち(!)とのことだったので、まずは他の展示を見ることにしました。 (神鹿)高山寺は私が京都で特に好きなお寺の...

不空院(奈良)・不空羂索観音御開帳

少し前のことになりますが、去年の秋に奈良のお寺巡りをしてきました。久しぶりに訪れたJR奈良駅は、とても近代的なビルへ建て替えられており、駅前の雰囲気も一変していました。おそらくJR奈良駅を利用するのは6~7年ぶりでしたが、同じ駅とは思えないほどの変貌ぶりです。見慣れない風景に戸惑いながらも、駅近くでレンタサイクルを借り、奈良公園へと向かいました。そして奈良といえば、やはり鹿ですよね。奈良公園の鹿は、春...

倉敷市真備町尾崎地区磨崖仏(岡山)・岸壁の毘沙門天

岡山旅行の最後に、倉敷市真備町尾崎地区の磨崖仏を訪ねました。事前にいくら調べても詳細な住所等がわからなかったため、現地へ行けばなんとかなるだろう、いわば一か八かの気持ちで現地へ向かうことに。カーナビを頼りに尾崎地区へ入ったところ、毘沙門天像の名を記した案内板を見つけて、ほっと一安心しました。更に車を走らせてゆくと、やがて集落の片隅にある、廃車などが捨て置かれた空き地へとたどり着きました。ここで本当...

安養寺(岡山)・毘沙門天の里

阿智神社参拝のあと、倉敷市内をレンタカーで北上しました。やがて見えてきたのは、収穫を間近に控えた田園地帯です。抜けるような青空に、深い緑の山々、黄金色に輝く稲穂がよく映えています。車を停めて田圃の中を進んでゆくと、倉敷屈指の古刹・安養寺の鐘楼が現れました。こちらの梵鐘はなんと重さが約11tもあり、中国・四国地方でも一番大きいそうです。おや?梵鐘の奥に巨大な銅像が見えます。近づいてみると…どーーーん!!...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR