仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2015年09月 ] 記事一覧

崇禅寺(群馬)・鎌倉期の阿弥陀如来

西方寺参拝の後は再び桐生の市街地を通り、次の目的地である崇禅寺へ向かいました。しばらくすると大きな川が見えてきました。利根川の支流・渡良瀬川です。支流とはいえ、れっきとした一級河川で、流域面積は利根川の支流の中でも最も大きいそうです。そのあまりの美しさに、つい自転車を停め、しばらくの間じっと見惚れていました。再び自転車を走らせること約10分、崇禅寺の山門が見えてきました。崇禅寺は元久2年(1205)に創建...

「国宝 曜変天目茶碗と日本の美~藤田美術館の至宝~」展に行ってきました

先日、サントリー美術館で開催されている「国宝 曜変天目茶碗と日本の美~藤田美術館の至宝~」展に行ってきました。連休2日目ということもあって会場は混雑しており、特に一番の目玉である国宝・曜変天目茶碗の周囲には、沢山の人が集まっていました。しばらく待って、やっとのことで最前列へ。曜変天目茶碗は全体的に黒っぽい色をしており、丸い輪の模様が不規則に並び、所々青紫色に輝いていました。その美しさたるや、まるで...

蔵王権現と修験の秘宝展に行ってきました

三井記念美術館で開催中の「蔵王権現と修験の秘宝」展に行ってきました。(⇒美術館HPはこちら)かつてこれほどまでに蔵王権現像ばかりが集まったことがあるでしょうか。まさに蔵王権現ファン垂涎の企画展と言えます。蔵王権現とは修験道の尊格で、役行者が吉野の金峯山で修行中に感得したと伝えられています。その特徴はなんといっても、忿怒の表情で腰をぐいと曲げ、右足を大きく上げた姿でしょう。左手は刀印と呼ばれる独特の印...

西方寺(群馬)・鎌倉期の阿弥陀如来

前橋駅から両毛線に乗って桐生駅へ。駅でレンタサイクルを借り、桐生の街を走り抜けてゆきます。スマホのGPSがあるにもかかわらず、なぜか途中で道に迷って右往左往(極度の方向音痴なのです…)駅から20~30分走ったでしょうか、なんとか西方寺へ辿りつきました。西方寺は創建を鎌倉時代にまで遡るという古刹で、南北朝時代から戦国時代末期にかけて当地を支配した、桐生氏の菩提寺として栄えました。西方寺という名前からもわかる...

日輪寺(群馬)・十一面観音御開帳

6~7年ほど前のことでしょうか、とある仏像の本を眺めていた時に、ひときわ気になる観音像に出会いました。前橋市・日輪寺の十一面観音立像。関東を代表する鉈彫り像として紹介されており、白黒の写真を通しても、その独特なオーラがひしひしと伝わってきました。なんとかして拝観したい。思いはつのるものの、御開帳は年にたった一日、1月11日のみという秘仏であるため、なかなか参拝の機会に恵まれませんでした。今年はその日が...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR