願興寺(岐阜)・薬師如来御開帳

今年の春、可児郡御嵩にある願興寺を参拝してきました。
願興寺を参拝するのは数年ぶりになりますが、今回一番の目的は、本尊である薬師三尊の特別開帳です。

変換~P1060053

前日宿泊した名古屋市内から名鉄に乗り、御嵩駅へ。

変換~P1060060

駅の改札を出るとすぐ、正面に願興寺の山門が見えてきます。

変換~P1060069

あいにくの雨模様でしたが、久しぶりの御開帳、しかも一日のみとあって、境内は多くの参拝者で賑わっていました。

変換~P1060075

収蔵庫の前には既に長い長い行列ができており、私も期待に胸を躍らせながら列へと並びました。
40~50分ほど並んだところでしょうか。
やっと順番が来て中へ入ってみると…

変換~butuzo1 
(⇒願興寺HPはこちら)

いつもは閉じられた厨子の扉が開かれ、その中に端正な薬師様が坐っていらっしゃいました。
いわゆる定朝様の流れをくみながらも、お顔だちはやや力強く、単なる模倣に留まらない仏師の個性が感じられます。

変換~butuzo2 変換~butuzo3 
(⇒願興寺HPはこちら)

脇侍の日光・月光菩薩の像高はいずれも206cmほど。
素地仕上の本尊に対し、脇侍は漆箔仕上げのため、もともと三尊一具であるかについては諸説あるようです。
願興寺は他にも二十数体もの古仏が伝えられており、そのほとんどが重要文化財の指定を受けています。
これほどまでに優れた仏像が多数伝えられているお寺は全国的にも稀有でしょう。
通常拝観可能な仏像だけでも十分素晴らしいのですが、やはりそこにご本尊が加わることで、堂内の空気はより一層厳かで濃密なものに感じられました。

2015.4.5
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

法華寺(愛知)・藤原期の薬師如来

成願寺参拝の後は、再び稲沢市へ。

変換~P1060035

法花寺町にある法華寺を参拝しました。

変換~P1060025

奈良時代、聖武天皇の国分寺建立の詔により、各国に建立された国分寺と国分尼寺。
寺伝によると法華寺はこの国分尼寺を前身とする古刹で、戦火などにより荒廃や再興を繰り返しながらも、千年以上もの間その法灯を守り伝えてきました。

008.jpg (⇒稲沢市のHPはこちら)

本尊は藤原期の薬師如来坐像で、像高146.4cm。桧の寄木造。
穏やかなお顔立ちと、彫りの浅い流麗な衣文が、藤原仏らしい優美さを生み出しています。

変換~P1060014

参拝を終えて近くを散策していると、小さな祠を見つけました。

変換~P1060016

中にいらっしゃったのは石仏の役行者です。
役行者像を住宅地で見かけることは滅多にないため、とても驚きました。
何だか親しみやすくて可愛らしいですね。

変換~P1060037

2015.4.4

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

成願寺(愛知)・平安期の十一面観音

稲沢市を一度離れて再び名古屋市内へ。

変換~P1050878

北区にある成願寺を参拝しました。

変換~P1050880

階段を上ってビックリ!
目の前に現れたのはガラス張りの仁王門です。

変換~P1050887 変換~P1050881

なかにはどっしりした体つきの仁王様たちがいらっしゃいました。
これまでに数えきれないくらいのお寺を参拝してきましたが、これほどまでにモダンな仁王門を見たことがありません。

変換~P1050891

門をくぐって中に入ると、同じくガラスが全面に張られた本堂が建っていました。
寺伝によると成願寺は、この地を支配していた安食・山田一族の菩提寺として、天平17年(745年)に創建されたと言われています。
現在の建物は、2009年(平成21年)に中興開山800年を記念して改築されたそうです。

変換~P1050910

そしてこちらがご本尊の十一面観音様。
一木造で、像高は165cm。
翻波式の衣文など古様な表現が見られますが、温和な面相、ほっそりした体躯などから、造像は藤原時代と推定されています。

変換~P1050924

ふっくらとしたお顔に、小さく結ばれた唇。
体の所々に彩色が残っており、かつては白い肌に艶やかな衣を纏っておられたことがわかります。
またお寺の方にはとても親切にしていただき、素晴らしき参拝となりました。
改めて心より御礼申し上げます。

2015.4.4

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

尾張国分寺(愛知)・鎌倉期の釈迦如来

安楽寺から10分ほど歩いてゆくと、同じく稲沢市にある尾張国分寺が見えてきます。

変換~P1050776

現在の国分寺は、明治19(1886)年に円興寺というお寺が改称した寺院で、かつての国分寺跡からは約900メートル北に位置しているそうです。
円興寺は江戸時代に旧国分寺の本尊であった薬師如来像を招来し、お寺に安置したと伝えられています。

変換~P1050789

寺宝の多くはこちらの立派な収蔵庫に安置されているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。

変換~P1050826

中央の釈迦如来を中心に、向かって右は同じく釈迦如来坐像、左側は覚山和尚坐像です。

変換~P1050791

中央の釈迦如来坐像の像高は103cmで檜の寄木造。

変換~P1050802

なで肩の体躯に大ぶりに刻まれた衣文を纏っておられることから、鎌倉末期から南北朝頃の作と推定されています。
美しい透かし彫りの光背も見事です。

変換~P1050811 変換~P1050813

特に印象的だったのは、熱田大宮司夫妻坐像と伝わる、二体の肖像でした。
いずれも像高は60cmほどで、檜の寄木造。
宮司像とされていますが、衲衣に袈裟をかけており、僧侶のようにも見えます。
神仏習合の影響を強く受けているのでしょう。

2015.4.4

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

安楽寺(愛知)・藤原期の如来像

熱田神宮を参拝した後は、名古屋市の北西に位置する稲沢市へ。

変換~P1050751

しばらく車を走らせていると、川沿いに満開の桜並木が見えてきました。

変換~P1050729

稲沢市域は奈良時代に尾張国分寺や国分尼寺、国府が置かれた場所で、古くから尾張地方の政治や文化の中心として発展してきました。
現在、稲沢市には重要文化財の仏像を安置する二つの安楽寺がありますが、今回私が参拝したのは、稲沢市船橋地区にある安楽寺です。
拝観をお願いした時間より少し早く着いたものの、既にお寺の方が待っていてくださいました。

010.jpg 
阿弥陀如来坐像

011.jpg 
釈迦如来坐像

(⇒稲沢市のHPはこちら)

秘仏である十一面観音立像が安置されている厨子の脇には、いずれも平安後期の作と推定される二体の如来様たちがいらっしゃいました。
像高はほぼ同じで140~145cmほどですが、近くで拝すると、お顔立ちや螺髪の形などが異なっているため、おそらく別の仏師の作であろうかと思われます。
全体的に優美な雰囲気の阿弥陀様に対し、お釈迦様は素朴で、親しみやすい感じがしました。

変換~P1050770

収蔵庫の前にはまっすぐに道が伸び、満開の桜が咲き誇って、歩いているとまるで薄紅色のトンネルをくぐっているかのようでした。

変換~P1050765

2015.4.4

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

熱田神宮(愛知)・三種の神器 草薙剣

少し前のことになりますが、今年の春に愛知県と岐阜県を旅してきました。

変換~P1050669

名古屋駅でレンタカーを借り、まず最初に参拝したのは、名古屋市熱田区の熱田神宮です。
三種の神器のひとつ、草薙剣を祀る神社として知られており、日本屈指の格式の高さを誇ってきました。

変換~P1050675

景行天皇の御代のこと。
『日本書紀』や『古事記』に名高い日本武尊は、東国平定の際に伊勢国の倭姫命から草薙剣を授かり、数々の武功をあげたのち、その帰路で尾張に滞在しました。
そこで日本武尊は尾張国造の娘であった宮簀媛命と結婚しましたが、再び旅に出かけるため、そのまま草薙剣は妃の手許へ留め置くことにしました。
やがて日本武尊が伊勢国で亡くなると、宮簀媛命は熱田に社地を定め、草薙剣を奉斎鎮守したといいます。

変換~P1050696

熱田神宮の祭神は熱田大神。
残念ながら社殿のほとんどが第二次大戦時の空襲によって焼失してしまい、現在の建物は伊勢神宮の古用材を使って、1955年に再建されました。

変換~P1050700

大きく枝を広げた木々が朝日を受け、丁寧に掃き清められた地面に柔らかい影をつくっていました。
あたり一帯に静謐な空気が満ちており、清々しい気持ちになります。

変換~P1050715

珍しいのが、こちらの土塀。
永禄3年(1560)に織田信長が桶狭間出陣の時、熱田神宮に必勝祈願をして大勝したため、そのお礼として奉納したと伝えられており、信長塀という名がついています。
兵庫・西宮神社の大練塀、京都三十三間堂・太閤塀とともに日本三大土塀の一つに数えられているのだとか。
この独特の形状は、土と石灰を油で練り固め、瓦を厚く積み重ねて出来ているそうです。

変換~P1050662 - コピー

参拝の後は朝ごはん。
そう、名古屋といえばモーニング、そして小倉トーストですよね♪

2015.4.4

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行