日本寺(千葉)・房総の磨崖仏(2)

変換~P1060824

階段は更に急こう配になり、奥へ奥へと続いてます。
歩いていると周囲から
「疲れた~!」
「もう膝がガクガクだ!」
などという声が聞こえてきました。

変換~P1060837

変換~P1060915

山のあちこちに岸壁をくり抜いて作られた穴があり、そこには五百羅漢、観音、天部など、様々な仏像が安置され、いずれも小さい像ながら、なかなか見応えがあります。

変換~P1060831

息を切らせながら更に歩いてゆくと…

変換~P1060857

きたー!!!
ついに展望台まで辿りつきました。
眼下に広がるのは美しい東京湾、そしてその海岸線沿いに漁師町の家々が建ち並んでいます。

変換~P1060873

展望台から少し山を下り、巨大な磨崖仏があるという場所へ向かいました。
採石のために岩が削られて出来た通路を抜けると…

変換~P1060877

一気に視界が広がり、目の前の岸壁に巨大な観音像が浮かび上がっていました。
その名も百尺観音様。
像高30m、昔の単位で百尺あることから、こう名付けられたそうです。

変換~P1060880

足もとまで近寄って見上げてみると、その大きさに改めて圧倒されます。
かつての石切り場のあとに造像され、昭和41年(1966)に完成しました。
比較的新しい像ですが、それでもなお、重機などの搬入が難しいこの場所での作業は、相当困難であったことは間違いありません。
拝観を終えたあとは再び徒歩で下山。
久しぶりに鋸山に登り、心地よい運動となりました。

2015.5.4
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

日本寺(千葉)・房総の磨崖仏(1)

先日、数年ぶりに房総半島の鋸山に登ってきました。

変換~P1060732

快晴の空の下、東京湾沿いに続く国道16号線をひた走ります。
ところが連休中ということもあって、国道は途中から大渋滞。
通常の倍以上の時間をかけて、なんとか登山口までたどりつきました。

変換~P1060736

房総で生まれ育った私にとって、鋸山は過去に何度も登ったことのある、とても馴染み深い山です。
今回は初めてロープウェイを使わずに麓から歩いて登ることにしました。

変換~P1060742

鋸山は千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する標高329.4mの山で、かつては房州石と呼ばれる良質の石材の産地でした。
「のこぎり」という山名は、大量の石材が削りだされ、山肌の岩が鋸の歯状のように見えるようになったことから、こう呼ばれるようになったようです。

変換~P1060749

また鋸山は古くから信仰の山としても知られ、現在も山頂周辺は日本寺の境内となっています。
今回は麓から登ったため、初めて仁王門をくぐることができました。

変換~P1060758 変換~P1060755

中にいらっしゃったのは、大きな目をした仁王様たち。
なんだかユーモラスな表情ですね。

変換~P1060762

参道はなかなかハードな上り坂ですが、山内のあちこちにお堂や石仏、磨崖仏などが点在しており、楽しみながら歩くことができます。
寺伝によると日本寺は創建が奈良時代にまで遡るという古刹で、最盛期には七堂十二院百坊を有する大寺院であったそうです。

変換~P1060800

麓から30分ほど歩いたところで、巨大な石仏のお薬師様がいらっしゃる広場へとたどり着きました。
記録よると1783年(天明3年)に大野甚五郎英令が門弟27名とともに岩を彫刻して造像にあたったとのこと。

変換~P1060806

尊像は長年の雨風により侵食され、江戸末期にはほとんど崩壊状態になっていたため、1966年(昭和41年)から仏師・八柳恭次を中心に修復が行なわれ、1969年(昭和44年)に完成しました。
小学生の時に初めて拝した時、その大きさに口をあけてビックリしたことを思い出します。
お薬師様にお参りした後は、いざ山頂へ!

2015.5.4

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

常念寺(京都)・一木の菩薩立像

一泊二日の関西旅行の最後は、京都府の精華町へ。

変換~P1060619

お寺の最寄り駅は新祝園(しんほうその)。
かなりの難読地名ですよね。
この日は時間がなくて参拝できませんでしたが、近くに祝園神社という神社があるらしく、平安時代の文献にも名を連ねているほどの古社なのだそうです。

変換~P1060621

その新祝園駅から長閑な田園地帯を通りぬけ、歩くこと約15分。

変換~P1060629

精華町の常念寺が見えてきました。

変換~P1060645

常念寺の創建について詳細はわかっていませんが、境内に鎌倉時代の九重石塔があるため、かなり古い歴史を持つことは間違いないようです。
こちらのお寺には平安期の菩薩像が伝えられており、事前にお願いをして参拝させていただきました。
かねてからずっと参拝したいと思っていた尊像なので、期待で胸が膨らみます。

変換~P1060635

尊像を拝して最初に驚いたのは、その立ち姿の美しさでした。

変換~P1060638

像高169cmで一木造。
頭から体部、両手首までが一材から彫りだされています。
翻波式の衣文が彫られていることから、造像は平安前期にまで遡る可能性があるそうです。
所々に漆箔が残っているため、かつては全身が金色に輝いていたのかもしれません。
今はあらわになった木肌から、むちむちとした肌の質感が伝わってくるようでした。
この菩薩様は近くにある祝園神社との関連が指摘されており、神仏習合の仏として信仰されていた可能性もあるとのこと。
やや厳しい、気品あふれる表情を拝していると、その説もなるほどと頷けます。

2015.4.18

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

極楽寺(京都)・快慶の阿弥陀如来

変換~P1060603

宇治駅からJR、近鉄と乗り継ぎ、富野荘駅へ。
木津川の流れからも程近い、城陽市の極楽寺を参拝しました。

変換~P1060613

こちらのお寺には快慶作の阿弥陀如来立像が伝えられているということで、事前にお願いをして拝観させていただきました。

anyora1.jpg (⇒城陽市観光協会のHPはこちら)

桧材で像高79.5cm。鎌倉期の作。
眼には玉眼をはめています。
像内から発見された古文書に「過去法眼快慶」と記されており、鎌倉時代の名仏師・快慶の作であることが判明しました。
一般的な三尺阿弥陀よりやや小ぶりで、ほっそりとしたお姿です。
特に印象的だったのは美しい衣で、まるで空気の流れを感じさせるような繊細さでした。

変換~P1060606

境内で石の祠を見つけました。
中にはお地蔵様や観音様などが数体安置されています。

変換~P1060608

こちらの如意輪観音様(?)、ポーズが独特で可愛いですよね。

変換~P1060617

参拝の後は近くのケーキ屋さんで一休み。
本当は店頭での販売のみなのですが、お店の方のご厚意で休憩させていただきました。

2015.4.18

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

宇治上神社(京都)・源氏物語の舞台

関西旅行の二日目は京都府内を巡ることに。
数年ぶりに宇治の平等院を参拝したあと、歩いて宇治川を渡りました。

変換~P1060542

そして宇治といえば、『源氏物語』の宇治十帖。
光源氏の息子・薫の君と宇治の姫君たちが織りなす、儚くて切ない恋の物語です。

変換~P1060539

日本三古橋にも数えられるという宇治橋には、紫式部像も安置されていました。
橋を渡ったあと、川の流れに沿って更に進むと、やがて「さわらびの道」と呼ばれる小道へと入ってゆきます。

変換~P1060591

大きな朱色の鳥居が見えてきました。
世界遺産にも指定されている宇治上神社の大鳥居です。
こちらの神社を参拝するのは十数年ぶりでした。

変換~P1060560

本殿は平安時代後期に建立されたもので、現存する最古の神社建築として、国宝の指定を受けています。

変換~P1060570

こちらは拝殿。
鎌倉時代前期の建立で、同じく国宝の指定を受けています。
住宅風の構えであることから、寝殿造の遺構である可能性が高いとのこと。
この一帯は、宇治十帖の登場人物・八宮のモデルとされる「莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)」の邸宅があった場所で、皇子が亡くなった後、その邸宅跡に御霊を祀ったのが神社の始まりと伝えられています。
鮮やかな緑の木々に囲まれた境内には、清々しい空気が漂っていました。

2015.4.18

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

金剛峯寺(和歌山)・弘法大師坐像御開帳

変換~P1060332

2015年は高野山開創1200年の年だったため、高野山真言宗総本山である金剛峯寺で、本尊・弘法大師坐像が16年ぶりに公開されました。
金剛峯寺の寺号は弘法大師自身が名付けたと伝えられており、かつては高野山全体を指していましたが、明治期に青巖寺と興山寺が合併されて総本山寺院となったことから、高野山真言宗の管長が住むこの寺院のことを特に指すようになったそうです。

変換~P1060370

御本尊は主殿の持仏の間に安置されていましたが、周囲が少し暗かったため、詳細はよくわかりませんでした。
像高はおおよそ50cmくらいでしょうか。
1680年に造像されたという記録が残っているそうです。

変換~P1060352

参拝を終えて、境内を歩いていると沢山の人が集まっています。
何が始まるのか全くわからないまま私も様子を窺っていたところ、法事を終えられた御坊様たちが列を作って歩いて行かれるではありませんか。
皆様、鮮やかな法衣を着ておられます。

変換~P1060362

そして最後にお堂から出てこられたのは、いかにも高僧らしき御方。
袈裟も一段と華やかで、陽の光を受けて輝いています。

変換~P1060376

そして高野山と言えば、やっぱり(?)ゆるきゃらの「こうやくん」ですよね。
何度かイベントでお会いしましたが、とーっても可愛い!

変換~P1060381

高野山内のあちこちに、こうやくんを発見!
そのたびにテンションが上がってしまいました(笑)

2015.4.17

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行