仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2016年09月 ] 記事一覧

阿弥陀寺(山口)・鎌倉期の肖像彫刻

防府市の阿弥陀寺は、1187年に重源上人が東大寺の周防別所として創建した古刹で、近年ではアジサイの名所としても人気を集めています。かつては多くの堂宇が建ち並んでいたという境内には、今も古い石段が残っており、長い歴史の重みを感じさせてくれます。重源上人ゆかりの寺であることから、阿弥陀寺には多くの貴重な文化材が伝えられているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。 (⇒防府市HPはこちら)まずこち...

周防国分寺(山口)・壮麗な仏像群

正護寺参拝の後は、防府市の周防国分寺へ。周防国分寺は聖武天皇により建立が命じられた国分寺のひとつです。創建の詳細な年代はわかっていないものの、続日本紀に記録が残っていることから、天平勝宝8歳(756年)頃には伽藍が完成していたと考えられています。現在の金堂は1421年に再建されたものですが、近年の発掘調査の際、お堂は創建当初の金堂の上に再建されていることが判明したそうです。金堂内には平安期から室町期にかけ...

正護寺(山口)・平安期の薬師如来

去年の秋、山口県のお寺巡りをしてきました。しばらくの間、その時のことを書こうと思いますので、よろしければお付き合いくださいね。早朝の飛行機に乗り、福岡空港へ。そこからレンタカーで関門海峡を渡りました。まず最初に参拝したのは山口市の正護寺です。室町期に当地の有力者であった陶氏により創建され、県内屈指の古仏が伝えられています。こちらがその薬師様。本堂に入ると、向かって右側に安置されていました。像高81.1...

「松島 瑞巌寺と伊達政宗」展に行ってきました。

三井記念美術館で開催中の「松島 瑞巌寺と伊達政宗」展に行ってきました。お目当ては何といっても秘仏の五大明王(写真)。瑞巌寺は学生の頃(はるか昔)に一度参拝したことがあるのですが、その頃はこのお寺に五大明王像が伝えられていることを全く知りませんでした。やがて全国の地方仏を巡るようになり、この尊像のことを知るに至りましたが、御開帳は33年に一度であるため、参拝を半ば諦めていました。というわけで今回の特別...

仙波東照宮(埼玉)・極彩色の東照宮

喜多院を参拝した後は、境内に隣接する仙波東照宮へ。仙波東照宮は、元和2年(1616年)に薨去した徳川家康を祀るため、喜多院第27世住職・天海僧正によって創建されました。ところが1638年(寛永15年)の川越大火に遭ったため、現在の建物は徳川家光によってによって再建されたそうです。ちょうど私が参拝したとき特別公開が行われており、建物の内部まで入ることができました。お堂は極彩色に彩られた精緻な彫刻で飾られており、...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR