弘明寺(神奈川)・鉈彫りの十一面観音

0187aaae29dd8e2f1ae8b3895b590eb27f429c2c60.jpg

先日、久しぶりに横浜市の弘明寺を参拝してきました。

01fc1d960b137ccde82187cdc5d167b9fd2c5e13da.jpg

弘明寺は坂東三十三箇所観音霊場の十四番札所で、横浜市で最古の歴史を持つお寺です。

017809960397fb6b5091715292c8d12284e7311a46.jpg (⇒お寺のHPより)

そしてこちらのお寺のご本尊は、鉈彫りの十一面観音様。
東日本で多く造られた鉈彫り像の中でも、最も有名な尊像の一つです。
像高181.7cmで、平安期の作。
楡の一木造と推定されています。
全体に力強い丸のみの跡が平行に波打っており、体が捻られているため、今にも動き出しそうな印象を受けます。
丸いお顔に、子供のような体つきをなさっていますが、眼差しはやや厳しく、堂々とした雰囲気を漂わせた観音様です。

019f0254abbce69b1cef6188ae8288b4aec2dc9e29.jpg

境内のすぐ脇に見事な巨木が生えていました。
見ると階段が木を避けるようにして造られています。
きっと何百年も前からこの場所でお寺を見守ってきたのでしょうね。

01af5c39683939fde2dca07b8c1bd9b37a4a16d255.jpg

お寺のすぐ前には商店街が続いており、かつての参道の賑わいの雰囲気を今に伝えています。
現在は専ら周辺住民の生活の場となっているようで、買い物袋を下げた人が多く行き来していました。

2016.11.23
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

「忍性菩薩 ―関東興天律七五〇年―」展に行ってきました。

0170f1f5161bc9fe5baca4d6b9f6f1bbfeb665cd56.jpg

横浜市の金沢文庫で開催されている「忍性菩薩 ―関東興律七五〇年―」展に行ってきました。

01021801164ee188b419dbecedca7ff3c0eed1148e.jpg

忍性は鎌倉時代に活躍した律宗の名僧で、社会的弱者の救済に尽力したことで知られており、幕府によって鎌倉へ招かれた後は、称名寺や極楽寺などを創建して鎌倉仏教の礎を築きました。

01468e02d01e28d43076e97a37ef29cdd15cff904d.jpg

この特別展で一番の目玉は、なんといっても極楽寺の釈迦如来立像でしょう。
以前からずっと興味を持っていたのですが、通常は秘仏で、4月7日から9日だけの公開であるため、なかなか拝観の機会に恵まれませんでした。
釈迦如来立像の像高は158.5cmで、鎌倉期の作。
いわゆる清凉寺式の釈迦如来像ですが、きりりとしたお顔立ちや体躯の表現に、鎌倉仏らしい特色が感じられます。
少し離れたところには、同じく清凉寺式の釈迦如来像である、称名寺の釈迦如来立像が展示されていました。
どちらも素晴らしいのですが、個人的には、力強さのある極楽寺の尊像の方がより印象的でした。
また極楽寺の釈迦如来立像のそばには、珍しい転法輪印を結んだ釈迦如来坐像が展示されていました。

01227cb1a706295285181b30973f77e85833e08cf4.jpg

特別展を見たあとは、金沢文庫に隣接する称名寺へ。
境内を彩る紅葉の美しさに目を奪われました。

2016.11.13

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

沖縄平和祈念公園(沖縄)・沖縄平和祈念像

レンタカーで那覇市内から約30分、糸満市にある沖縄平和祈念公園を訪ねました。

変換~P1100674

沖縄平和祈念公園は沖縄戦跡国定公園の中に位置しており、平和祈念資料館、沖縄戦で亡くなった方々の慰霊塔などが建立されています。

変換~P1100660

その公園の一画に、とりわけ印象的な白い建物が建っていました。
沖縄平和祈念堂です。

変換~P1100604

堂内に入ると、正面に大きな沖縄平和祈念像が安置されていました。
なんと高さ約12m、幅約8mもあるとのこと。
想像以上の迫力に思わず息をのみました。
沖縄出身の芸術家・山田真山氏が18年もの歳月をかけて制作したそうです。

変換~P1100630

一見すると如来像のようですが、髪型や合掌した手など、一般的な像容とは異なっているため、あえて特定の宗教や宗派にとらわれないように造像されているのかもしれません。
口元はわずかに微笑み、とても穏やかな表情をなさっています。
特に印象的だったのは、しっとりと輝く、茶色い肌の不思議な質感でした。
あとで調べたところ、沖縄の伝統的な漆工芸技法を使って仕上げられているそうです。

変換~P1100723

尊像に祈りを捧げたあとは、公園内を散策することに。

変換~P1100712

小高い丘を息を切らせて登っていくと、ふと視界が開け、色鮮やかな黄色い花の向こうに広い砂浜が見えました。

2016.1.15

テーマ : 旅日記 - ジャンル : 旅行

護国寺(沖縄)・琉球王朝の祈願寺

変換~P1100509

波上宮参拝のあと、すぐ隣にある護国寺を参拝しました。

変換~P1100517

護国寺は沖縄で最も古い歴史を持つお寺で、1368年に薩摩から招かれた頼重法印が創建したと伝えられています。
琉球屈指の密教道場として、また琉球王朝の祈願寺として、歴代の国王から篤い帰依を受けてきました。
明治期の神仏分離令が発布されるまでは、隣接する波上宮の別当寺であったそうです。

変換~P1100514

変換~P1100512

仁王門には石の仁王様たちがいらっしゃいました。
それぞれに紅白の胸当てをなさっているのがユニークですね。

変換~P1100525

お寺の横に立派な朱色の門があり、気になったので入ってみることに。

変換~P1100543

広い芝生の上に、幾つかの建物が建っていました。
説明によると、至聖廟という建物で、日本最南端にある孔子廟なのだそうです。

変換~P1100534

中には孔子のほか、顔子、子思、曾子、孟子の像が祀られ、綺麗な花が供えられていました。

変換~P1100540

お廟の前に地元の方たちが座って祈祷をなさっており、今なお信仰が受け継がれているということを、しみじみと実感できたのでした。

2016.1.15

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

波上宮(沖縄)・琉球の一宮

少し前のことになりますが、年始に沖縄へ行ってきました。
しばらくの間その時の旅行記を書こうと思いますので、よろしければお付き合いくださいね。

P1100450.jpg

那覇空港からレンタカーに乗り、那覇市街地へ。
まず最初に参拝したのは、琉球国一宮である波上宮です。

P1100459.jpg

波上宮の創建について詳しい記録は残っていませんが、海に近いこの場所は古より海神信仰の聖地として崇められており、やがて社殿が建てられ、広く一般に信仰されるようになったと考えられています。

P1100470.jpg P1100468.jpg

やはり沖縄、社殿の前にはシーサーがいます。
ユーモラスで可愛らしいですね。

P1100454.jpg

ちょうど私が訪れたとき、古神札御焚上祭が行われており、多くの参拝者でにぎわっていました。

P1100480.jpg

波上宮の名前にふさわしく、崖の上に建つ神社のすぐ横には砂浜があり、地元の子供たちの遊び場になっていました。

P1100496.jpg

近くに小高い丘があるのに気づき、登ってみることに。

P1100491.jpg

樹木の間を抜けてゆくと、少しひらけた場所に、大きなお地蔵さまがいらっしゃいました。
第二次世界大戦時に激戦だった沖縄戦の慰霊のために造られたそうです。

P1100507.jpg

2016.1.15

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行