仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2017年02月 ] 記事一覧

花の窟神社(三重)・巨岩のご神体

産田神社を参拝した後は、歩いて15分ほどのところにある花の窟神社へ。こちらも日本神話の舞台となっている、日本屈指の古社です。『日本書記』によると、イザナミノミコトは火の神の出産時に死亡し、「紀伊国の熊野の有馬村」に埋葬されました。そのイザナミノミコトを祀ったのが、花の窟神社の始まりとされています。花の窟という不思議な名前は、この神社で季節の花を神前に供えたことから呼ばれるようになったそうです。面白い...

産田神社(三重)・日本神話の地

少し前のことになりますが、去年の4月に三重・和歌山・奈良の三県を旅行してきました。熊野古道の伊勢路を歩き、そこから南紀をぐるりと電車で巡る旅です。都内から深夜発の高速バスに乗り、三重県の熊野市駅へ。早朝にバス停へ降り立ち、そこから歩いて15~20分ほどのところにある産田神社へと向かいました。産田神社(うぶたじんじゃ)は日本書紀にも記録が残っているという、非常に古い歴史のある神社です。イザナミノミコトが...

東長寺(福岡)・福岡大仏

再び博多駅へと戻り、そこから歩いて10分ほどのところにある東長寺を参拝しました。寺伝によると東長寺の創建は平安時代にまで遡り、大同元年(806年)に空海が唐から帰国して博多に滞在した際、この地にお寺を建立したのが始まりとされています。ご本尊は千手観音立像ですが、秘仏のため通常は拝観できません。そのため今回は、福岡大仏と呼ばれるお釈迦さまを拝観させていただきました。(⇒HP博多の魅力より)どーーーんっ!!!...

筥崎宮(福岡)・筑前国の一宮

宗像市から電車で福岡市へ。筑前国一宮である筥崎宮を参拝しました。社伝によると、筥崎宮の創建は平安時代にまで遡り、延喜21年(921)に醍醐天皇が「敵国降伏」宸筆を下賜され、この地に壮麗な御社殿を建立したのが始まりとされています。鎌倉期の元寇の際に敵国降伏の祈願をしたところ、神風が吹いて勝利をおさめたことから、厄除・勝運の神として信仰を集めました。参拝を終え、境内を歩いていると、拝殿の横に建物があるのに...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR