FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2017年06月 ] 記事一覧

木喰五智館(宮崎)・日本最大の木喰仏

西都市にある木喰五智館は、日向国分寺址に建てられた施設で、江戸時代に仏師として活躍した僧・木喰が造った五智如来像が安置されています。全国を遊行して仏像を造り続けた木喰は、1788年から1797年までの9年間、日向国分寺の住職として滞在しました。ところが住職となって3年後の1791年、お寺は火災に遭い、舎殿や五智如来像が焼失してしまいました。木喰は翌年から伽藍の再興に着手し、新たに五智如来像を造像、それが木喰五智...

天野岩戸神社(宮崎)・神話の岩窟

高千穂峡からレンタカーを走らせていると、美しい田園風景が見えてきました。真夏の日差しを受け、鮮やかな緑の稲が輝いています。高千穂町の天野岩戸神社は、天岩戸と伝わる岩窟をご神体とする神社です。天岩戸は、日本神話に登場する天照大神が引き篭ったという洞窟。こちらの西本宮では、その天岩戸とされる洞窟を遥拝することができます。遥拝所から洞窟までは数百メートルあり、詳細はわかりませんでしたが、宮司の方から教え...

高千穂神社(宮崎)・日本神話の舞台

龍泉寺参拝の後は、同じ高千穂町にある高千穂神社へ。高千穂神社は垂仁天皇の御代に創建されたと伝わる古社で、高千穂十八郷八十八社の総社として広く信仰を集めてきました。1778年に建立された本殿は、国の重要文化財に指定されています。建物の前には、鮮やかな緑色をした、大きな茅の輪が置かれていました。こちらは神社から車で10分ほどのところにある高千穂峡です。左側に写っているのが、日本の滝百選の一つにも選ばれている...

龍泉寺(宮崎)・平安期の地蔵菩薩

去年の夏、宮崎県の寺社仏閣巡りをしてきました。まず最初に参拝したのは高千穂町の龍泉寺です。龍泉寺は平安時代の創建とされる古刹で、戦火等により堂宇は何度も焼失してしまいましたが、貴重な寺宝のいくつかは現在まで大切に守り伝えられています。こちらは千手観音坐像。像高57.5cmで檜の寄木造。宋風様式が顕著ですが、衣文の表現などに形式化が見られることから、造像は南北朝期頃と推定されているそうです。その作風から...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR