仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2017年08月 ] 記事一覧

全良寺(秋田)・銅の阿弥陀如来

東北旅行一日目の最後は、秋田市の全良寺へ。全良寺は秋田藩の家老・渋江氏の氏寺として栄えた臨済宗の古刹です。こちらのお寺には珍しい銅製の阿弥陀如来像が伝えられているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。 (『みちのくの仏像』より)像高132cm、鎌倉期の作。特に印象的なのは、下品下生の印を結んでいらっしゃるということ。記憶にある限りでは、銅製でこの印を結ぶ阿弥陀如来像を他に拝したことがあり...

歓喜寺(秋田)・平安期の聖観音

道川神社を参拝した後は、同じ秋田市内にある歓喜寺へ。歓喜寺の創建は室町期まで遡り、1541年に八柳城主・八柳次郎長門守が、日吉八幡神社の鎮護寺のひとつを曹洞宗に改宗したのが始まりとされています。本堂には煌びやかな三十三観音がずらりと並び、その中央に可憐な聖観音様がいらっしゃいました。平安期の作で、像高はおおよそ30cmほど。お寺の創建よりも造像が古いのは、奈良・興福寺から招来されたためと伝えられているそ...

道川神社(秋田)・神仏習合の仏

去年の秋、秋田県と青森県の寺社仏閣巡りをしてきました。しばらくの間、その時の旅行記を書こうと思います。秋田駅からレンタカーで約20分、市街地を抜け、長閑な田園地帯を通っていくと、やがて「大滝山温泉神の湯」という温泉に辿り着きました。実は事前に調べた段階では、道川神社はこの付近にあるらしいというところまでしかわからなかったため、早めに行って探すことに決めていたのです。車を停めて周辺を歩いていると、赤い...

豊島長崎富士塚(東京)・富士塚山開き

先日、豊島区にある豊島長崎富士塚の山開きに行ってきました。池袋駅から一駅、地下鉄の要町駅から15分ほど歩くと、住宅地の間に公園が見えてきます。ブランコや鉄棒が並ぶ横に、こんもりと盛り上がった塚があり、たくさんの人が登り下りしていました。お目当ての豊島長崎富士塚です。富士塚は富士山を模して築造された塚で、富士山信仰が盛んだった江戸中期に多く造られました。面白いのは本物の富士山と同じく、7月1日に山開きの...

霧島神宮(鹿児島)・山岳信仰の聖地(2)

再び大浪池の周りを通って下山した後は、霧島山の麓にある霧島神宮を参拝しました。霧島神宮は6世紀の創建と伝えられる古社で、明治期に神仏分離令が出されるまでは、霧島権現という神様を祀る神仏習合の神社でした。現在の社殿は鹿児島藩主・島津吉貴が寄進したもので、正徳5年(1715年)に建立され、国の重要文化財に指定されています。朱塗りの建物には極彩色の緻密な彫刻が施され、その絢爛豪華さから「西の日光」と呼ばれて...

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR