仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2018年04月 ] 記事一覧

明星輪寺(岐阜)・藤原期の地蔵菩薩

愛知・岐阜のお寺巡り、最後に参拝したのは大垣市の明星輪寺です。お寺のある金生山をレンタカーで登っていくと、意外なほど沢山の人たちとすれ違いました。みなさん、リュックサックを背負って元気よく歩いています。標高217 mの金生山は、どうやら気軽に登れる登山スポットとして人気があるようです。明星輪寺はその金生山の山頂に位置する古刹で、持統天皇の勅願によって役小角が創建したと伝えられています。本堂の内陣に入っ...

養老寺(岐阜)・平安期の千手観音

美濃国分寺を参拝した後は、養老町にある養老寺へ。カーナビでお寺を検索したところ、案内されたのは養老公園という広大な公園でした。不思議に思って辺りをぐるぐる回りますが、お寺の正確な場所がわかりません。やっとのことで駐車場の方に道をうかがったところ、なんとお寺は公園の敷地内にあったのです。寺伝によると養老寺は奈良時代に創建された古刹で、かつては七堂伽藍が建ち並ぶ大寺でしたが、永禄年間に織田信長の兵火に...

美濃国分寺(岐阜)・平安期の薬師如来

正法寺を参拝した後は、大垣市の美濃国分寺へ。741年(天平13年)に聖武天皇が発した詔により、各律令国には一か寺ずつ国分寺と国分尼寺が建立されました。美濃国分寺もそのうちの一つで、薬師如来を本尊とし、かつては広大な境内に七堂伽藍が建ち並ぶ大寺院でしたが、度重なる火災に遭い、堂宇はことごとく焼失してしまったそうです。ところが元和元年(1615年)、真教上人が土中に巨大な薬師如来を発見。上人は現在お堂がある場...

正法寺(岐阜)・日本最大の乾漆仏

一宮市の禅林寺を参拝した後は、岐阜市の正法寺へ。正法寺は1638年(天和3年)に広音和尚によって創建された古刹で、1692年(元禄5年)に黄檗宗へと改宗されました。こちらのお寺で特に有名なのが、岐阜大仏と呼ばれるお釈迦様。かねてよりずっと参拝したいと思い続けていたので、期待で胸が高まります。どーーーん!!!ある程度まで予備知識はあったものの、実際に尊像を目の当たりしてその迫力にビックリ。像高はなんと13.7m、...

禅林寺(愛知)・藤原期の薬師如来

先日、久しぶりに東海地方のお寺巡りをしてきました。まず最初に参拝したのは、一宮市にある禅林寺です。天禄元年(970年)に創建された古刹で、藤原実頼の追悼のために薬師如来を勧進し、小野院極楽寺と号したのが始まりと伝えられています。その後、大永5年(1525年)に曹洞宗へと改宗、天保5年(1648年)に寺名を仙境山禅林寺と改めました。そしてこちらがお寺に伝わる薬師如来様。像高129cm、檜の寄木造。平安後期の作と推定さ...

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR