FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR

「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展に行ってきました 2018-11-25-Sun

「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展を三井記念美術館で見てきました。

DSC_2925.jpg

実は始まった当初はさほど気にしていなかった特別展だったのですが、以前から拝観したいと思っていた三重県・瀬古区の十一面観音立像が展示されていることをネットで偶然知り、会期終了間際に行ってきました。
ポスター写真は、鎌倉期の不動明王立像(個人蔵)。
見得を切ったような独特のポーズが印象的です。

十一面観音 
瀬古区(三重県)・十一面観音立像 (⇒三重県HPより)

展示スペースに入ってわりとすぐにところに、お目当ての観音様はいらっしゃいました。
像高47.6㎝、榧材の一木造。
九世紀頃の作と推定されています。
想像していたよりは小さいな、と思いながら近づいて行ったところ、間近で拝してその独特な存在感に釘づけになりました。
いわゆる檀像風の木彫仏でありながら、四角く張った顔、むっちりとした体躯など、素朴で大らかな魅力に溢れており、造像した仏師の個性を強く感じます。

不動明王
地蔵院(埼玉)・不動明王立像 (⇒川口市HPより)

個人的に印象深かったのは、地蔵院(埼玉県)の不動明王立像です。
像高53㎝、寄木造。
鎌倉期の作で、慶派仏師によって造られたと考えられています。
なによりまず目を引くのは、その髪型です。
横側からダイナミックに髪の毛が流れ、まるで強風を受けているかのようです。
記憶にある限りでは、このような髪型の仏像を拝観するのは初めてではないかと思います。
過去に何度か埼玉県のお寺巡りをしたことがありますが、この尊像の存在は全く知らなったので、新鮮な驚きでした。

毘沙門天
東京芸大美術館(東京)・毘沙門天立像 (⇒文化遺産オンラインHPより)

こちらは肥後定慶作の毘沙門天立像。
東京芸大美術館蔵で、過去にも特別展などで拝観したことがあります。
造像は貞応3年(1224)、檜の割矧造。
勇ましくも整った顔立ち、繊細な衣の表現などが非常に洗練されています。

DSC_2936.jpg
荘厳寺(滋賀)・釈迦如来立像  (パンフレットより)

写真の釈迦如来立像(荘厳寺)は、いわゆる清凉寺式の釈迦如来像ですが、溌剌とした面相などに、鎌倉仏らしい力強さが感じられます。

特別展では関西地方の木彫仏を中心に、個人蔵の仏像も展示されていました。
その多くが平安や鎌倉期に造られた古仏です。
当たり前のことながら、まだまだ自分の知らない素晴らしい仏像が全国には沢山あるのだということを、改めて強く実感しました。

2018.11.24

スポンサーサイト

CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

高福寺(埼玉)・鎌倉期の阿弥陀如来 2018-11-17-Sat

高麗神社と聖天院を参拝した後は、茂呂山町にある高福寺へ。

IMGP9580.jpg

高福寺は1605年に創建された曹洞宗の古刹で、徳川家光から寺領を下賜され、その後も江戸幕府の庇護を受けて栄えました。

IMGP9588.jpg

こちらのお寺には鎌倉期の阿弥陀如来坐像が伝えられています。
檜の寄木造で、像高はおそらく1m前後でしょうか。
目には玉眼がはめ込まれており、溌剌とした面相、力強い体躯などに、鎌倉仏らしい特色がよく出ています。
造像がお寺の創建より古いのは、廃寺となった別のお寺から移された為なのだそうです。

IMGP9594.jpg

そしてこちらがご本尊の聖観音坐像。
像高はおそらく30~40cmほどで、南北朝時代の作です。
煌びやかな宝冠を被っておられ、ゆったりした衣が蓮台へと垂れています。

IMGP9565.jpg

そして高福寺から車で数分のところにある、毛呂山町歴史民俗資料館にも行ってきました。
こちらの資料館では、毎年春と秋に、桂木寺の如来坐像が特別公開されています。

161005091052_0.jpg
(⇒毛呂山町HPより)

像高は70~80cmほどで、カヤの一木造。
10世紀頃の作と推定されており、埼玉県屈指の古仏として知られています。
頭には大粒の螺髪が並んでいますが、後ろ半分はほとんど失われていました。
むっちりとした体躯はバランスがよく、精悍な印象を受けます。

こちらの資料館、なんと入館無料です。
仏像の特別公開以外にも展示が充実していますので、よろしければ是非足を運んでみてください。

2017.11.11

CATEGORY : 埼玉 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

聖天院(埼玉)・高麗王の菩提寺 2018-11-10-Sat

IMGP9416.jpg

高麗神社を参拝した後、車で数分ほどのところにある聖天院へ。
こちらの聖天院の門前にも将軍標がありました。

IMGP9423.jpg

聖天院は奈良時代に高麗王若光の菩提寺として創建されたと伝わる古刹です。
高麗王若光は高句麗王族の出身であったとされ、その死後は高麗神社の祭神として崇められました。

IMGP9429.jpg IMGP9426.jpg

立派な山門には風神・雷神様たちがいらっしゃいました。
正面側に安置されるのは、とても珍しいですね。

IMGP9431.jpg

こちらは日高市の文化財に指定されている阿弥陀堂。

IMGP9438.jpg

中には来迎印を結ぶ阿弥陀様がいらっしゃいました。
おそらく近世の作ですが、金色に輝くお姿がとても煌びやかです。

IMGP9459.jpg

そしてこちらが本堂で、平成12年に京都の神護寺をモデルとして建立されました。

IMGP9482.jpg

中央の厨子まで距離があり、残念ながら詳細は分からなかったのですが、中にいらっしゃるのはお不動様のようです。
聖天院という名前から、本尊は聖天様かと思っていたので、少し意外でした。

IMGP9493.jpg

少し高台にある本堂からは、周辺の景色が見渡せました。

2017.11.11

CATEGORY : 埼玉 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

| ホーム |