FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR

高福寺(埼玉)・鎌倉期の阿弥陀如来 2018-11-17-Sat

高麗神社と聖天院を参拝した後は、茂呂山町にある高福寺へ。

IMGP9580.jpg

高福寺は1605年に創建された曹洞宗の古刹で、徳川家光から寺領を下賜され、その後も江戸幕府の庇護を受けて栄えました。

IMGP9588.jpg

こちらのお寺には鎌倉期の阿弥陀如来坐像が伝えられています。
檜の寄木造で、像高はおそらく1m前後でしょうか。
目には玉眼がはめ込まれており、溌剌とした面相、力強い体躯などに、鎌倉仏らしい特色がよく出ています。
造像がお寺の創建より古いのは、廃寺となった別のお寺から移された為なのだそうです。

IMGP9594.jpg

そしてこちらがご本尊の聖観音坐像。
像高はおそらく30~40cmほどで、南北朝時代の作です。
煌びやかな宝冠を被っておられ、ゆったりした衣が蓮台へと垂れています。

IMGP9565.jpg

そして高福寺から車で数分のところにある、毛呂山町歴史民俗資料館にも行ってきました。
こちらの資料館では、毎年春と秋に、桂木寺の如来坐像が特別公開されています。

161005091052_0.jpg
(⇒毛呂山町HPより)

像高は70~80cmほどで、カヤの一木造。
10世紀頃の作と推定されており、埼玉県屈指の古仏として知られています。
頭には大粒の螺髪が並んでいますが、後ろ半分はほとんど失われていました。
むっちりとした体躯はバランスがよく、精悍な印象を受けます。

こちらの資料館、なんと入館無料です。
仏像の特別公開以外にも展示が充実していますので、よろしければ是非足を運んでみてください。

2017.11.11

スポンサーサイト



CATEGORY : 埼玉 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

| ホーム |