FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR

「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展に行ってきました 2018-11-25-Sun

「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展を三井記念美術館で見てきました。

DSC_2925.jpg

実は始まった当初はさほど気にしていなかった特別展だったのですが、以前から拝観したいと思っていた三重県・瀬古区の十一面観音立像が展示されていることをネットで偶然知り、会期終了間際に行ってきました。
ポスター写真は、鎌倉期の不動明王立像(個人蔵)。
見得を切ったような独特のポーズが印象的です。

十一面観音 
瀬古区(三重県)・十一面観音立像 (⇒三重県HPより)

展示スペースに入ってわりとすぐにところに、お目当ての観音様はいらっしゃいました。
像高47.6㎝、榧材の一木造。
九世紀頃の作と推定されています。
想像していたよりは小さいな、と思いながら近づいて行ったところ、間近で拝してその独特な存在感に釘づけになりました。
いわゆる檀像風の木彫仏でありながら、四角く張った顔、むっちりとした体躯など、素朴で大らかな魅力に溢れており、造像した仏師の個性を強く感じます。

不動明王
地蔵院(埼玉)・不動明王立像 (⇒川口市HPより)

個人的に印象深かったのは、地蔵院(埼玉県)の不動明王立像です。
像高53㎝、寄木造。
鎌倉期の作で、慶派仏師によって造られたと考えられています。
なによりまず目を引くのは、その髪型です。
横側からダイナミックに髪の毛が流れ、まるで強風を受けているかのようです。
記憶にある限りでは、このような髪型の仏像を拝観するのは初めてではないかと思います。
過去に何度か埼玉県のお寺巡りをしたことがありますが、この尊像の存在は全く知らなったので、新鮮な驚きでした。

毘沙門天
東京芸大美術館(東京)・毘沙門天立像 (⇒文化遺産オンラインHPより)

こちらは肥後定慶作の毘沙門天立像。
東京芸大美術館蔵で、過去にも特別展などで拝観したことがあります。
造像は貞応3年(1224)、檜の割矧造。
勇ましくも整った顔立ち、繊細な衣の表現などが非常に洗練されています。

DSC_2936.jpg
荘厳寺(滋賀)・釈迦如来立像  (パンフレットより)

写真の釈迦如来立像(荘厳寺)は、いわゆる清凉寺式の釈迦如来像ですが、溌剌とした面相などに、鎌倉仏らしい力強さが感じられます。

特別展では関西地方の木彫仏を中心に、個人蔵の仏像も展示されていました。
その多くが平安や鎌倉期に造られた古仏です。
当たり前のことながら、まだまだ自分の知らない素晴らしい仏像が全国には沢山あるのだということを、改めて強く実感しました。

2018.11.24

スポンサーサイト



CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

| ホーム |