FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」展に行ってきました 2019-04-21-Sun

DSC_0316.jpg

東京国立博物館で開催中の「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」展に行ってきました。
東寺はこれまでに何度も参拝したことがあるため、寺宝の多くを拝観したつもりでしたが、やはり今回もその質と量に圧倒されました。

jizo.jpg 
(⇒東寺HPより)

個人的に一番惹きつけられたのは、かつて京都に存在した西寺伝来とされる地蔵菩薩立像です。
ほぼ等身大の大きさで、むっちりとした太腿、深く彫られた複雑な衣文など、貞観仏らしい特色がよく出ています。体に重厚感があるのに対し、お顔は小さく、優しげな表情をなさっており、独特な美しさがありました。

それから国宝の武内宿禰坐像も印象的でした。
頭に被っている烏帽子は木彫なのですが、なぜか体は裸のため、実際の衣服を着せてお祀りしていたようです。
武内宿禰は記紀に記述がある伝承上の人物で、景行天皇から仁徳天皇までの5代にわたって仕えたとされています。あまり彫刻の作例がないため、もしかしたら元々は神像として造られたのかもしれません。

bishamon.jpg
兜跋毘沙門天立像(⇒特別展HPより)

kokuzo.jpg
五大虚空蔵菩薩坐像 (⇒東寺HPより)

兜跋毘沙門天立像や五大虚空蔵菩薩坐像は、過去にもお寺の特別公開で拝観したことがありますが、やはり博物館で様々な方向から拝観できるのは貴重な機会でした。虚空蔵菩薩様たちが乗っている獅子や象などの生き物はとても可愛らしく、魅力的で、実際にその姿を見たことのない仏師が、ここまで生き生きとした動物を造りあげたことに驚きます。

DSC_0320_20190421224953e43.jpg

そして今回の特別展で一番の目玉は、なんといっても国宝・帝釈天騎象像が撮影可だということでしょう。

DSC_0387.jpg

仏像界屈指のイケメン仏として有名なこの仏様、やはり女性ファンが多く、尊像の周りには沢山の女性がカメラを持って集まっていました。

DSC_0328.jpg

DSC_0373.jpg

どの角度からでも完璧な格好良さ!
これまでに何度もお寺や博物館で拝観していますが、毎回ウットリします。個人的にはこれ以上のイケメン仏を他に知りません。

**********

そして毎年ゴールデンウィーク前後に本館で開催される「新指定 国宝・重要文化財」展にも併せて行ってきました。

anshoji.jpg
(⇒文化庁HPより)

とりわけ感動したのは、新規に国宝指定された安祥寺(京都)の五智如来坐像です。
実物は写真よりはるかに美しく、存在感があり、展示室の入口から遠目にお姿を拝しただけで鳥肌が立ちました。9世紀頃の作と推定されており、神秘的なお顔立ちなどに密教仏らしさが強く感じられます。
今回公開されたのは五尊のうち、大日如来坐像、阿弥陀如来坐像、不空成就如来坐像の三尊だけだったので、いつかすべてそろったお姿を拝観したいものです。ちなみにこの五智如来坐像は現在、京都国立博物館に寄託されているそうなので、もしかしたらそちらで拝観できる機会があるかもしれません。

2019.4.20

スポンサーサイト



CATEGORY : 美術館・博物館 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

長安寺(新潟)・平安期の阿弥陀如来 2019-04-14-Sun

IMGP1503.jpg

岩屋山石窟から国道350号線を再び通って、両津港方面へと戻りました。

IMGP1594.jpg

久知河内地区にある長安寺は、天長年間(824〜834)に創建されたと伝わる真言宗の古刹です。

IMGP1507.jpg IMGP1510.jpg

鮮やかな朱色の仁王門には、個性的な仁王様たちがいらっしゃいました。筋肉の隆起が木目とよく合っています。

IMGP1524.jpg

こちらのお寺には藤原期の阿弥陀如来坐像が安置されているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。

IMGP1541.jpg

像高87cm、檜の寄木造。
彫りの浅い衣文、穏やかな面相など、藤原仏らしい特色がよく出ています。体の所々に金箔が残っているため、おそらくかつては全身が金色に輝いていたのでしょう。非常に洗練された作風であるため、中央で造られて運ばれた可能性が高いと思われます。

IMGP1557.jpg

阿弥陀様のすぐ脇には、小さなお薬師様がいらっしゃいました。
像高52.3㎝で、寄木造。
詳しい造像年代は不明ですが、文明11年(1479)頃、明蔵阿闍梨がご本尊とともに寺に寄進したと伝えられています。

IMGP1572.jpg

そして長安寺でもう一つ有名なのが、こちらの銅鐘。
精緻な龍の細工などが施されており、ご本尊の阿弥陀如来坐像と同じく、国の重要文化財に指定されています。大きさはおおよそ1mくらいでしょうか。
この銅鐘は13世紀頃に朝鮮半島で鋳造されたもので、海底から引き揚げられた後、長安寺に寄進されたと言い伝えられています。新潟県内に現存する朝鮮鐘としては唯一という、とても貴重な鐘なのだそうです。

2018.5.18

CATEGORY : 新潟 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

岩屋山石窟(新潟)・謎の石仏群 2019-04-06-Sat

IMGP1350.jpg

佐渡島南部、景勝地として知られる小木海岸近くに、岩屋山と呼ばれる小高い丘があります。
岩屋山石窟はその岩屋山頂付近に位置する海蝕洞で、古より聖地として崇められ、数多くの摩崖仏や観音堂などが造られました。

IMGP1365.jpg

木々の間に続く石段を上っていくと…

IMGP1379.jpg

木枠で囲まれた石窟が見えてきました。
神仏習合の名残りなのか、石窟の中には鳥居が置かれ、その周囲に石仏がずらりと並んでいます。

IMGP1391.jpg

こちらに彫られているのはお地蔵様でしょうか。二尊並んでいるので、もしかしたら高僧像かもしれません。

IMGP1386.jpg

反対側に並ぶ三尊は、おそらく如来像と思われますが、摩耗が激しく、はっきりとした像容はわかりません。これらの磨崖仏がいつ、誰によって彫られたのか、詳しいことはわかっていないようです。

IMGP1399.jpg

おや?
ずらりと並ぶお地蔵様や観音様の間に、どこかで見たことのある可愛い子が…!

IMGP1372.jpg

石窟の周囲にも沢山のお地蔵様たちが並び、仏前には色鮮やかな花が飾られていました。

IMGP1418.jpg

その中に可愛らしい装束をまとったお地蔵様がいらっしゃいました。「なむあみだぶつ」と書かれている胸あては最近作られたのか、真っ白で清々しい感じがします。
今も地元の方に大切にされているのですね。

DSC_1734.jpg

洞窟を出た後、レンタカーで周辺を走っていると、巨大な頭らしきものを遠方に見つけました。

IMGP1441.jpg

慌てて車を降り、近づいてみると、立派なお地蔵様がいらっしゃるではありませんか。
私の貧弱な写真ではわかりにくいのですが、実はこのお地蔵様、とてもとても大きいのです。
その名も幸福地蔵。なんと台座を含めると高さ17.5mもあり、1983年に完成したそうです。

2018.5.18

CATEGORY : 新潟 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

| ホーム |