FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Archive [2019年07月 ] 記事一覧

大徳寺(宮城)・丈六の不動明王

数年ぶりに宮城県の寺社仏閣巡りをしてきました。まず最初に参拝したのは、横山不動として有名な大徳寺です。収穫を間近に控えた田んぼの奥の間を進んでいくと、立派な仁王門が建っていました。 中にいらっしゃったのは、朱色の仁王様たちでした。おそらく近世以降の作と思われますが、ぷっくりしたお腹、どこかユーモラスな表情などが個性的で、とても存在感があります。横山不動の名の通り、こちらのお寺には平安期の不動明王が...

諏訪大社上社(長野)・信濃国の一宮(後編)

諏訪大社の下社を参拝した後は、上社へと向かいました。下社と上社はどちらも諏訪湖の周辺に位置していますが、両社の間は数十km離れており、車でも約30分かかります。まず最初に参拝したのは、諏訪市にある諏訪大社上社本宮です。こちらは拝殿。本宮は幣拝殿と片拝殿のみで本殿を持たない諏訪造りという様式になっており、拝殿の後ろにある守屋山をご神体としているそうです。境内の建物の多くは江戸期に建築されたもので、国の重...

諏訪大社下社(長野)・信濃国の一宮(前編)

信濃国一宮である諏訪大社は、全国に約25,000あるとされる諏訪神社の総本社です。社殿は諏訪湖を挟んで二社四宮に分かれており、それぞれの宮の四方に山中から切り出した神木を建てるという、勇壮な御柱祭でも知られています。まず最初に、下諏訪町にある下社春宮を参拝しました。毎年2月から7月に祭神が祀られているため、春宮と呼ばれています。御影石の大鳥居は万治二年(1659)に建立され、万治の石仏と同じ石工が作ったと考え...

万治の石仏(長野)・巨石の阿弥陀仏

木曽駒ヶ岳を下山した後は、車で一時間ほどのところにある諏訪神社を参拝しました。諏訪神社下社春宮の境内を通り、涼しげな清流を眺めながら歩いていくと…田圃の真ん中に、とても大きな石が見えてきました。万治の石仏です。正面にまわりこんでみると、巨石に上品上生の印を結んだ阿弥陀仏の胴体が彫られ、ちょこんと小さな頭が乗せてありました。写真ではわかりにくいのですが、胸のあたりに逆卍が彫り込まれています。ちなみに...

信州駒ヶ岳神社(長野)・木曽山脈の最高峰

先日、日本百名山のひとつである木曽駒ヶ岳に登ってきました。早朝に駒ヶ根駅から出発する始発バスに乗り、木曽駒ケ岳のロープウェー乗り場へ。そこから約8分ほどで千畳敷駅に着きました。この千畳敷駅は標高2640mの場所にあり、日本で最も標高の高いロープウェーの駅なのだそうです。駅周辺には千畳敷カールと呼ばれる氷河地形が広がっており、7月中旬にも関わらず、まだかなり残雪がありました。厳しい冬を乗り越え、可憐な花を...

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR