FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

常灯寺(千葉)・薬師如来御開帳 2011-01-25-Tue

全国屈指の漁港として知られる千葉県銚子市。
北は利根川、東と南は太平洋に面している、水の恵み豊かな土地です。

その銚子市にある常灯寺は、古くから常世田薬師と呼ばれて親しまれているお寺。
本尊の薬師如来は、年に一度、1月8日の午前中のみ開帳されるという秘仏です。



期待に胸膨らませて常灯寺へ。
境内は予想以上の参拝客で賑わっています。



収蔵庫には列ができていました。
緊張しながら順番を待つことしばし…。



中には金色に輝く見事な薬師様がいらっしゃいました。
像高140.8cm。ヒノキの寄木造で藤原末期から鎌倉初期の作と推定されています。



丸いお顔は優しげ。
ふっくらとした体躯を流麗な衣が覆っています。



薬師様のお顔をじっと見つめていると、本堂の方から音楽が聞こえてきました。
お堂に地元の中学生たちがずらりと並び、笛や太鼓などの和楽器を演奏しています。
この日が練習の成果を発揮する、最高の晴れ舞台なのでしょう。

一年に半日だけのご開帳の日、地元の方々がいっせいに集まってお祝いをします。
賑やかで楽しげで、私もお祭りに混ぜていただいたような、心が浮き立つ気分になりました。



ふと境内の隅を見ると岸壁に大きな穴が…。
中に入ってみると、石仏がずらりと並んでいます。



穴は驚くほど奥まで続いており、一番奥の部分に仏像が祀られていました。
かつてはここで勤行が行われていたのかもしれません。

そこから横へ折れてさらに先へ進んで行くと出口が見えてきました。
出てみると、そこは境内の外。
遠くからは賑やかな和楽器の音がまだ聞こえてきます。

幻想的な空間から日常へ戻ってきたような、不思議な感覚でした。

2011.1.8

スポンサーサイト

CATEGORY : 千葉 Trackback 0 Comment 4 △Page Top

« 蟹満寺(京都)・蟹の恩返し | ホーム | 峰定寺(京都)・大悲山の秘仏(3) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご開帳情報 ちー | URL | 2011-01-26-Wed 23:51 [EDIT]

RICARDO様

ご開帳情報は、主に書籍・インターネット、そして意外と有力なのが旅行会社のツアーパンフレットです(笑)。
特にツアーパンフレットはプロが情報収集しているので、これは!と思うものも多く勉強になります。
おススメです☆

ありがたや、ありがたや RICARDO | URL | 2011-01-26-Wed 23:31 [EDIT]

どっしり構えてますねー。
ご開帳情報はどこで仕入れているのですか?
こっそり教えてください(笑)

実は… ちー | URL | 2011-01-25-Tue 22:47 [EDIT]

ふくろう様

実は千葉県に住んでいながら、私もこのお寺のことを知ったのは2~3年前でした。
洞窟は外から見るよりずっと奥深くまで続いていて、どうしてこんなところに?って不思議で仕方ありませんでした。
仏様は本当に美しくて、地元の人々に大切にされてきたことがよく伝わってきました。

結構近いけど ふくろう | URL | 2011-01-25-Tue 22:31 [EDIT]

初めてお聞きしました。
しかも洞窟の様に…と言って良いのかな?
初めて知りました。
綺麗な御顔立ちのご本尊なのですね。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |