FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

石龕寺(兵庫)・肥後定慶の仁王像

慶派といえば、かの有名な運慶や快慶を輩出した、平安末期から続く仏師の名門一派です。
その慶派の仏師の一人に、肥後定慶という人がいます。
京都鞍馬寺の聖観音や大報恩寺の六観音を造ったことで知られ、躍動感や力強さを得意とする慶派の仏師としては珍しく、宋風の優美な作風が特徴です。
そしてその定慶の現存する数少ない仏像のひとつが、兵庫県丹波市の石龕寺に残されています。

加西市の羅漢寺から車で1時間あまり。
車を走らせていると、どんどん山深くなってゆくのがわかります。
途中道に迷いながらも、なんとかお寺へ。
山道を登ってゆくと石龕寺の山門が見えてきました。



念願だった定慶の仁王様はここにいらっしゃるはず。
期待に胸躍らせ、走り寄りました。



いらっしゃいました!
阿形です。



門の反対側には吽形がいらっしゃいます。

どちらも像高は370cmほど。
1242年に肥後定慶によって造られたという記録が残っているそうです。
筋肉の表現の誇張に若干違和感があるものの、衣の表現は流麗で美しく、やはり定慶らしい優美な仁王像だと思いました。

山門の脇にはインターホンのようなボタンがあり、押してみると仁王像に関する説明が流れだしました。
なんだかワクワクします
個人的には、吽形より阿形の方が全体的にバランスがよく、躍動感があるように感じました。
しかしどちらの像も、素晴らしい尊像であることは間違いありません。



広大な境内には私の他に参拝者は誰一人としていませんでした。
この石龕寺は紅葉で有名なお寺。
秋には多くの参拝客で賑わい、美しい紅葉を見せてくれるのでしょうね。

2010.4.19
スポンサーサイト

Comment

私もです♪ 

pearlseller様

はじめまして!
コメントありがとうございます♪
私も千本釈迦堂の六観音、大好きです。
石龕寺の仁王像は、その存在を知ってから行きたくてたまらなかったので、実際対面した時は、本当に感動しました。機会があったら是非ご覧になってくださいね。
pearlseller様も仏像がお好きなんでしょうか?
是非また遊びに来てくださいね♪
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2010.05/05 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

定慶 

はじめまして!

私は千本釈迦堂の六観音が大好きなんですが、この仁王もなかなかのものに見えますねぇ~

つい先日、丹波に行ってたのに、こんなのがあるとは知らず別の場所をウロチョロしてました・・・今度、丹波に行ったら寄ってみます。
  • posted by pearlseller 
  • URL 
  • 2010.05/05 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR