FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

神野寺(千葉)・トラ脱走騒動の古刹(1)

房総の人気観光スポットであるマザー牧場は、九十九谷と呼ばれる房総丘陵に位置しています。
そしてそのマザー牧場の近く、鹿野山という山の奥深いところに、かつてトラ脱走事件で世間を騒然とさせた神野寺というお寺があります。

房総育ちの私は、幼少時からこの珍事件のことをよく聞かされていました。
事件の詳細はコチラ

1979年当時、神野寺の住職はトラを数頭飼っていたのですが(これだけでも相当スゴイ)、なんと不注意で2頭を逃がしてしまったのです。
そのうちの1頭が3週間ほど逃げ回ったため、住民に戒厳令がしかれ、街にはパトロール隊が出動。
地元は大混乱に陥りました。
この騒動は、見つかったトラが射殺されるということで終結するのですが(人間に振り回され、トラも大迷惑だったでしょう)、その後もずっと地元の人々の間で語り継がれることとなったのでした。

かくいう私も最近まで、神野寺のイメージ=トラ脱走事件、くらいしか持っていませんでした。
本尊が今年12年ぶりに開帳されるという情報を得るまでは…。
しかもその本尊は、薬師如来と軍荼利明王の二尊という、非常に珍しい組み合わせとのこと。
仏像ファンの血が騒ぎます。
 
というわけで、GW真っ只中の5月3日、鹿野山まで行ってきました。

晴天の下、国道127号線を車で気持ちよく南下します。
高速道路が館山までつながったので、国道も以前とくらべるとずっとスムーズ。
…と思いきや、マザー牧場へ向かう車の大渋滞が、鹿野山のふもとから続いていました。
必死の思いで渋滞を潜り抜け、なんとか神野寺へ。



山門は古刹の風格が漂っています。
この時点では、かつて世間を賑わせた珍寺の気配など微塵も感じませんでした。
門をくぐり、五色の幕で覆われたお堂へ足早に入ると、厨子の中に3m近い薬師如来と軍荼利明王がいらっしゃるのが目に飛び込んできました。



薬師如来は鋭い目をなさっていて、像全体にも比較的古様な雰囲気が漂っています。
その涼しげなお顔立ちは、先日訪れた木更津・東光院の薬師様を何となく彷彿とさせました。
手を胸の前でクロスさせた軍荼利明王の方は、眉毛が太く、くっきりとしたお顔だちでした。
二尊はそれぞれ大きさも像の雰囲気もかなり異なっているので、おそらく仏師や造られた時期は全く違うのではないかと思います。
かなり個性的な尊像を拝することができ、満足しながらお堂を出ました。

…そして、この後すぐ私は思い知らされることになります。
昭和のトラ脱走騒動を引き起こした、この神野寺は、やはりただならぬ古刹であったのだと…。

(その2へ続く)
スポンサーサイト

Comment

Unknown 

Hazuki様

神野寺の日記、後半は珍スポット巡りのようになってしまいましたが(笑)、もしよかったらご覧になってくださいね。
なんだか混沌としていて、奥深い(?)お寺でした。
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2010.05/14 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Unknown 

トラ脱走事件ですか!初耳でした。
理由はどうあれ、射殺されてしまうことに複雑な思いです。
危険にさらされるから仕方のないことなのでしょうけどね。
HP見てみたのですが、色々ありそうなお寺さまですね。
房総方面は私にとってなかなか行きづらい場所なので、次記事楽しみです。
  • posted by Hazuki 
  • URL 
  • 2010.05/13 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR