FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

清水寺【保科】(長野)・川のほとりの古仏

変換~P1070700

長野市には重要文化財の仏像が安置されていることで有名な、二つの「清水寺」があります。
保科地区の清水寺と松代地区の清水寺。
どちらも創建を平安時代にまで遡るという信州屈指の古刹です。
この旅ではまず保科地区の清水寺を訪ねることにしました。

変換~P1070704

保科地区の清水寺は、大同年間(806~810)に征夷大将軍・坂上田村麻呂によって建立されたと伝えられています。
かつては堂塔伽藍を備えた大寺でしたが、大正5年に全焼し、現在では堂塔の跡を残すのみとなりました。
その再興の際に奈良県の石位寺から招来された仏像群が国の重要文化財の指定を受けています。

変換~P1070752

堂内に並ぶ美しい御仏たち。

変換~P1070760

こちらは聖観音立像です。
像高177㎝、檜の寄木造。
藤原末期の作と推定されています。
彩色はほとんどはげ落ちていますが、所々に模様が残っており、かつては煌びやかなお姿をなさっていたことがわかります。

変換~P1070756

こちらの如来様は現在は薬壺を持っていらっしゃいませんが、薬師如来坐像と伝えられています。
像高84.5㎝で一木造。
造像は聖観音立像よりやや古く、平安中期と推定されています。

変換~P1070766

そして私が最も印象的だったのは、こちらのお地蔵様。
丸いお顔に優しい微笑みを浮かべておられ、一目お姿を拝するなり、その親しみやすさに惹きつけられました。
像高159㎝で寄木造。
浅く彫られた流れるような衣文に、藤原仏らしい特色がよく出ています。

変換~P1070790

清水寺の名前に相応しく、お寺のすぐ近くには川が流れていました。
千曲川の支流・保科川です。

変換~P1070799

川沿いに広がる美しい田園風景を眺めながら、もう一つの清水寺へと向かいました。

2012.10.7
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR