仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

五百羅漢寺(東京)・キャッチコピーな仏像

数年ぶりに目黒区にある五百羅漢寺を参拝してきました。(⇒五百羅漢寺HPはコチラ)



通常は仏画で描かれたり、小さな石仏などで造られることが多い五百羅漢像。
ところがこちらのお寺では、全国的にも珍しい、等身大サイズの像を拝することができるのです。



一人一人の羅漢様の横には、それぞれの像に関する説明の言葉が添えられています。
何より気になるのは、その実に多彩なフレーズの数々。
「理想を高く持つ」
「自分自身を静かに見つめる」
「何事も途中でやめない」
「自分の心を見てごらん」
「一期一会」
羅漢様の説明というより、だんだん書いた人の教訓やつぶやきのレベルに…(笑)。
何か面白い言葉がないかと、いつも必死になって探してしまいます。

287体の羅漢像は、本堂の釈迦如来像を囲むグループと、収蔵庫のグループの2つに分れて安置されています。
たぶん数が多すぎて本堂には入りきらなかったのでしょう。
昔は皆さん一緒のお堂にいらっしゃったのかしら…?
さぞかし荘厳な眺めだったのでしょうね。

数で圧倒的な五百羅漢ばかりに目が行きがちですが、本尊のお釈迦様はじめ、文殊・普賢菩薩様も立派な像です。
これらの仏像は、元禄時代、松雲元慶という僧侶によって十数年の歳月をかけて造られました。
一人でこれだけの数の仏像を造り上げたということに、いつも心から圧倒されます。
確固たる信仰心や信念がないと、決して成し遂げられなかったはずです。

この五百羅漢寺は、江戸の人々に「本所のらかんさん」と呼ばれて信仰されていました。
らかんさん、という親しみやすさこそが一番の魅力なのでしょうね。

2010.5.29
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR