FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

花の窟神社(三重)・巨岩のご神体 2017-02-28-Tue

変換~014

産田神社を参拝した後は、歩いて15分ほどのところにある花の窟神社へ。
こちらも日本神話の舞台となっている、日本屈指の古社です。
『日本書記』によると、イザナミノミコトは火の神の出産時に死亡し、「紀伊国の熊野の有馬村」に埋葬されました。
そのイザナミノミコトを祀ったのが、花の窟神社の始まりとされています。
花の窟という不思議な名前は、この神社で季節の花を神前に供えたことから呼ばれるようになったそうです。

変換~IMGP0950

面白いのは、巨岩そのものがご神体である磐座(いわくら)として崇められており、社殿が存在しないということ。
そのため参拝者は岩の前に置かれた小さな拝所で祈りを捧げます。

変換~IMGP0961

約45mある大きな岩の天辺には二つの顔のような岩が並んでいました。
そこから縄が結び付けられ、細い注連縄のような紐が垂れています。

変換~IMGP0992

参拝を終えて道を歩いていると、境内の隅にぐるぐると縄を巻かれた杭のようなものを見つけました。

変換~IMGP1006

そこから上を仰ぎ見ると、縄は奥へ奥へと延び、岩へとくくりつけられています。
毎年2月と10月に御縄掛け神事が行われ、種々の季節の花々や扇子等を結びつけたものを約170mの縄に吊して、御神体から松の御神木にわたすそうです。

変換~IMGP1028

神社のすぐ横に広がるのは熊野灘。
晴天を映しこむかのように、海は青く輝いていました。

変換~IMGP1080

こちらは神社から歩いて10分ほどのところにある獅子巖です。
形が獅子のように見えることからこう名付けられたとのこと。
確かに言われてみると、獅子の横顔のようにも見えます。
とても面白いですよね。

2016.4.29

スポンサーサイト

CATEGORY : 三重 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 丸山千枚田(三重)・熊野古道を歩く~伊勢路編~ | ホーム | 産田神社(三重)・日本神話の地 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title naoyanootera | URL | 2017-03-01-Wed 20:34 [EDIT]

すごいスケール!!
山・岩・木・海。大自然の力を感じる場所ですね♪

Re: No title ちー | URL | 2017-03-03-Fri 20:07 [EDIT]

naoyanootera様

熊野は大好きな場所で、これまでに三回行きましたが、そのたびに発見や驚きがあります。
また熊野古道を歩きに行きたいです♪


トラックバック

TB*URL

| ホーム |