FC2ブログ

木喰五智館(宮崎)・日本最大の木喰仏

IMGP3183.jpg

西都市にある木喰五智館は、日向国分寺址に建てられた施設で、江戸時代に仏師として活躍した僧・木喰が造った五智如来像が安置されています。
全国を遊行して仏像を造り続けた木喰は、1788年から1797年までの9年間、日向国分寺の住職として滞在しました。
ところが住職となって3年後の1791年、お寺は火災に遭い、舎殿や五智如来像が焼失してしまいました。
木喰は翌年から伽藍の再興に着手し、新たに五智如来像を造像、それが木喰五智館に伝わっている尊像なのだそうです。

IMGP3268.jpg

中に入ると、五体の如来様たちがずらり。
想像以上の大きさに息を飲みます。

IMGP3231.jpg 大日如来坐像

像高は多少ばらつきがありますが、台座を含めると2.6~3.1メートル程。
木喰作の仏像では日本最大なのだとか。
国分寺復興にかけた木喰の情熱が伝わってきます。

IMGP3218.jpg 釈迦如来坐像

造像当時はいずれも赤・黒・紫・緑などの彩色が施されていたそうですが、現在では頭髪などにわずかに色が残っているのを確認できるのみです。

IMGP3241.jpg 薬師如来坐像

如来様たちは個性的で親しみやすいお顔立ちで、木喰仏らしい、大らかな魅力にあふれています。

IMGP3274.jpg

木喰五智館のまわりは国分寺址として広場になっており、ちょうど夕方ということもあって、楽しそうに遊ぶ子供たちで賑わっていました。

2016.7.28
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント

No title

2年前に全国何ヶ所かで開催された『円空・木喰展』のうち、名古屋での展覧会に行きましたが、恥かしながらも、詳しいことはかなり忘れてしまいました。岐阜で郡上の山奥にある、美並ふるさと館で初期の円空が造像した神像と仏像を見ましたが、より後の円空仏より磨かれて滑らかな感じで、少し木喰仏を思わせました。

西都からは、西都原古墳群を思い起こしますが、大きな木喰仏の五智如来像が面白いですね。本当に親しみやすさを感じる仏様だと思います。威厳を感じる仏像もいいですが、ほっこりする仏像もまたいいですね。

Re: No title

円空・木喰展は横浜そごうで開催されている時に私も行きました。
木喰仏の魅力は何といっても、その親しみやすさですよね。
記憶にある限りでは、博物館や美術館以外で木喰仏を拝観するのは初めてだったので、木喰五智館の仏様たちにとても感動しました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)