FC2ブログ

道川神社(秋田)・神仏習合の仏

去年の秋、秋田県と青森県の寺社仏閣巡りをしてきました。
しばらくの間、その時の旅行記を書こうと思います。

IMGP4261.jpg

秋田駅からレンタカーで約20分、市街地を抜け、長閑な田園地帯を通っていくと、やがて「大滝山温泉神の湯」という温泉に辿り着きました。

IMGP4322.jpg

実は事前に調べた段階では、道川神社はこの付近にあるらしいというところまでしかわからなかったため、早めに行って探すことに決めていたのです。
車を停めて周辺を歩いていると、赤い鳥居が建っているのを見つけました。
どうやら道川神社はこの先にあるようです。

IMGP4330.jpg

鳥居をくぐって進むと、長い石段が続いており、その奥に社殿が建っていました。
拝観予約時間よりだいぶ早かったものの、既に道川神社の方が待っていてくださり、収蔵庫の中へ入れていただけることに。

IMGP4281.jpg

こちらは愛染明王坐像。
道川神社は明治期の廃仏毀釈までは愛染神社と呼ばれ、愛染明王を祀る神仏習合の神社であったようです。
像高はおそらく1m前後でしょうか。
後世の修復があるものの、鎌倉期の作と推定されています。
これだけ大きくて古い時代の愛染明王像を拝することは滅多にありません。
愛染神社は江戸期には久保田藩主・佐竹氏の篤い信仰を受けていたといいますから、とても立派な神社だったのでしょう。

IMGP4306.jpg

伝・金剛夜叉明王坐像です。
大きさはおそらく1m前後で、愛染明王と共に愛染神社の本尊として崇められていました。

IMGP4309.jpg

収蔵庫内には他にも毘沙門天立像と不動明王立像が安置されていますが、こちらは本尊よりも古い、平安時代の作と推定されています。

IMGP4317.jpg

拝観を終えて境内を歩いていると、小さな祠が建っているのに気づきました。
中を覗いてみると…

IMGP4314.jpg

白い狐に乗っているため、荼枳尼天でしょうか。
もともと造像例が少ないうえ、石仏では見かけたことがないため、思いがけない出会いにとても驚きました。

2016.10.8
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント

こんにちは(^^♪

神仏習合は日本人にとっての
信仰の自然な形だったのだと
思います。
鳥居の奥に愛染明王様が祀られて
いる道川神社、日本の原風景を
見ているようでいいものですね(^^)

Re: タイトルなし

bonbonno様

豊かな自然に囲まれている日本だからこそ、神仏習合が発展していったのでしょうね。
現在では仏像が実際に安置されている神社は、ほとんどないのではないかと思います。
とても貴重ですよね♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)