仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

西福寺(青森)・二体の円空仏

変換~IMGP4519

袋宮寺を参拝した後は、同じ新寺町にある西福寺へ。

変換~IMGP4530

西福寺には江戸時代の僧・円空が彫った仏像が伝えられているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。

変換~IMGP4539

向かって左が地蔵菩薩立像、右が十一面観音立像。
寛文7年(1667年)に円空が弘前を訪れた際に造像したと推定されています。
像高はおおよそ150~160cmくらいでしょうか。
青森県内に円空仏は17体現存していますが、2体を安置するのは恐山菩提寺とこちらのお寺だけなのだそうです。

変換~IMGP4549

お地蔵様の方は、2016年に東京国立博物館で開催された「みちのくの仏像」展にお出ましになっていました。
なで肩の体躯に対し、衣文は直線的に、平行に彫られており、面白い視覚効果を生み出しています。

変換~IMGP4566

こちらが十一面観音様。
肩やお腹は丸みをおびており、衣文も曲線的です。
菩薩様たちはそれぞれに個性的でありながら、どちらも円空仏らしい親しみやすさに溢れおり、その可愛らしいお姿を拝していると思わず顔がほころびました。

2016.10.9
スポンサーサイト

Comment

 

青森では、恐山へ行ったほか、奥入瀬を遡って十和田湖まで歩いたことがありますが、津軽藩の城下町弘前はまだ訪ねていないです。

弘前に円空仏を祀るお寺があるとは知らなかったですし、恐山のお寺でも祀られているとは知りませんでした。最近は地元の岐阜県内で、郡上の山奥の美並ふるさと館や関の山奥の洞戸円空記念館で、円空仏を観覧しました。

円空仏には、粗削りな仏様と滑らかな表面の仏様がおわしますが、西福寺の仏様は滑らかなタイプですね。美並ふるさと館では、円空上人が仏師としての初期に制作した仏像と神像は、滑らかなタイプばかりでした。
西福寺のお地蔵さまも十一面観音さまも、お姿を拝んでほっこりする、柔和なお方ですね。

私は先日、同じ東北でも、青森から遠く離れた南東北で、福島の会津で勝常寺や会津大仏の願成寺など、お寺や神社を訪ねて仏様のお姿を拝んできました。ほかの方のブログ記事も参考にしましたが、ちーさんのブログ記事も参考にさせて頂きました。どうもありがとうございました。
  • posted by 大ドラ 
  • URL 
  • 2017.09/10 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

大ドラ様

円空仏は素朴で優しい雰囲気が魅力ですよね。
これまでに色々なお寺で円空仏を拝観してきて、円空の行動力と独創性に圧倒されます。
東北の寺社仏閣めぐりを楽しまれたようで本当に良かったです。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2017.09/16 11:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR