FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

弥勒寺(三重)・平安期の仏像群

三重県名張市にある弥勒寺は、平安期の仏像が多数伝えられていることで有名なお寺です。

IMGP5091.jpg

お寺の近くまではバスも出ていますが、ちょうど良い時間の便がなかった為、往路は徒歩で行くことにしました。

IMGP5113.jpg

長閑な田園風景を眺めながら歩くこと約40分。
五色の垂幕に彩られた、立派なお堂が見えてきました。

IMGP5152.jpg

お堂の中央にいらっしゃったのは、本尊のお薬師様です。

IMGP5293.jpg

像高143cm、平安後期の作。
いかにも藤原仏らしい、穏やかで優美な表情をなさっています。

IMGP5116.jpg

その脇には役行者、天部、観音など、様々な仏像がずらりと安置されていました。
いずれも平安後期から鎌倉期頃の作と推定されている古仏です。

IMGP5118.jpg

個人的に一番印象的だったのは、こちらの十一面観音立像。
像高174cm、平安後期の作。
体の所々に色が残っており、かつては全身に彩色が施されていたことがわかります。
両腕に垂れる天衣がとても軽やかで、うっとりと見惚れてしまいました。

IMGP5181.jpg

その向かい側に安置されているのが、こちらの聖観音立像です。
像高180cm、平安後期の作。
十一面観音立像と衣の表現などが似ているため、同じ流れを組む仏師の作なのかもしれません。

弥勒寺は平安期に創建されたと伝わる古刹で、かつては七堂伽藍を有する大寺でしたが、堂宇の多くは時の流れとともに荒廃してしまいました。
現在、これらの仏像群は昭和54年に改築されたお堂に安置されていますが、いずれも非常に立派な仏像であるため、元々はそれぞれ別のお堂で祀られていたのかもしれません。

2017.1.6
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

私は2年前に、三重の伊賀地方で、伊賀市の島ケ原での観菩提寺の六臂の十一面観音立像のご開帳を訪ねて、そのついでに新大仏寺と弥勒寺を訪ねました。

弥勒寺では拝観で応対した方には親切にして頂き、団体さんが来ていてガイドの方の説明も聞けたのも、よかったです。僕はご本尊のお薬師さまと、かつてご本尊だったと思われる弥勒如来坐像、十一面観音さま、聖観音さまが印象的だと思いましたが、役行者像と元々玉眼が入っていながら抜け落ちた前鬼像もかなり印象に残っています。再度仏様のお姿を拝みたいと思えるお寺ですね。

伊賀地方では今年4月8日に、伊賀上野の外れにある勝因寺の秘仏本尊虚空蔵菩薩坐像のご開帳を訪ねました。
細身ながらお姿を拝む者に有無を言わせぬような強さを感じる虚空蔵さまのご様子がよかったですね。

先日は広島と出雲を訪ねて、出雲では出雲大社と日御碕神社でお参りしましたし、広島から出雲へ行く途中に、廃止間近のJR三江線の汽車に乗りました。広島では北広島町にある古保利薬師を訪ねました。ご本尊薬師如来坐像の力強さが印書的でしたし、日光菩薩像と月光菩薩像、十一面観音立像、千手観音立像などは破損仏ながら威厳がよく残るご様子だと思いました。
その拝観ではほかの方のサイトとブログが参考になりましたが、ちーさんのブログ記事も参考になりました。どうもありがとうございました。

コメントがすっかり長くなってしまい、申し訳ありません。
  • posted by 大ドラ 
  • URL 
  • 2017.10/21 23:38分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

大ドラ様

新大仏寺は仏像の素晴らしさは勿論のこと、お寺の方にとても親切にしていただいたので、とても印象深いお寺です。
古保利薬師堂は私が最も好きなお寺のひとつで、参拝したのは数年前ですが、今もその時の感動をよく覚えています。
色々なお寺を熱心に巡られているようで羨ましいです。
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2017.10/22 00:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR