仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

善願寺(京都)・丈六の地蔵菩薩

関西旅行の二日目は、京都市のお寺巡りをしました。

IMGP5443.jpg

地下鉄東西線の醍醐駅で下車し、住宅街の中を歩くこと約15分。

IMGP5444.jpg

最初の目的地である善願寺が見えてきました。
善願寺は通称・腹帯地蔵として親しまれている古刹で、奈良時代の僧・行基を開基とし、長保年間(999~1004)に恵心僧都によって再興されたと伝えられています。

無題 
(⇒通称寺の会HPより)

こちらがその腹帯地蔵様。
像高268.2cmで檜の寄木造、平安後期の作。
お腹に腹帯を巻いておられることから、腹帯地蔵と呼ばれるようになったそうです。
彫りの浅い流麗な衣文、穏やかな表情等に、藤原仏らしい特色がよく出ています。

善願寺 生木不動(西村公朝作) 
(⇒朝日新聞HPより)

そして非常に驚いたのが、こちらのお不動様。
なんと境内に生えている生木に直接彫りこまれています。
昭和から平成にかけて活躍した仏師・西村公朝さんの作で、お寺の方のお話によると、西村さんがこちらのお地蔵様の修復を手掛けた際、ご住職から依頼を受けて造像したのだそうです。
以前読んだ西村さんの著作で、生木に仏像を彫ったことがあると書いてあった為、思いがけないところで尊像にお会いできて感動しました。

IMGP5456.jpg

2017.1.7
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

1年半ほど前のGWに、明日香へ行く途中で京都に立ち寄って、日野薬師こと法界寺の秘仏ご本尊薬師如来立像の50年ぶりのご開帳を訪ねたほかに、非公開文化財公開で善願寺のお地蔵さまのお姿を拝みました。丈六のお地蔵さまはどっしりと構えながらもどこか優しげなご様子だと思いました。生木に彫られたお不動さまのお姿も拝しながら、そのことを忘れ掛けていましたが、お話を読んで、はっとしました。
  • posted by 大ドラ 
  • URL 
  • 2017.11/12 22:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

大ドラ様

法界寺の御開帳に行かれたんですね。
とても羨ましいです。
秘仏の薬師如来は未拝ですが、国宝・阿弥陀如来坐像は私が最も好きな仏像のひとつです。
善願寺のお地蔵様は以前から気になっていたのですが、なかなかタイミングが合わなくて拝観できなかったので、実際にお会いできた時は感動しました。
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2017.11/13 23:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは(^^♪

奈良、京都と回られていたんでね
羨ましい~(^^)
善願寺のお地蔵さまのお顔が
素晴らしい。。。癒されます


  • posted by bonbonno 
  • URL 
  • 2017.11/19 16:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

bonbonno様

何度行っても、京都・奈良はやはり別格だと思います。
善願寺のお地蔵様は以前からずっと気になっていたので、実際に拝観できて感無量でした♪
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2017.11/23 00:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR