仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

聖福寺(長崎)・笑う布袋様

今年の2月上旬、長崎と佐賀のお寺巡りをしてきました。
長崎県を旅するのは実に十数年ぶり。
とても思い出深い旅となりました。
しばらくの間、その時のことを書こうと思います。

IMGP5782.jpg

まず最初に参拝したのは、長崎市にある聖福寺です。

IMGP5712.jpg

聖福寺は日本に黄檗宗を伝えた隠元の孫弟子・鉄心道胖を開山とし、1677年(延宝5年)に創建されました。
長崎三福寺である興福寺、福済寺、崇福寺と合わせて「長崎四福寺」とも呼ばれており、長崎を代表する唐寺の古刹として有名です。

IMGP5699.jpg

天王殿と呼ばれる門には、朗らかに笑う布袋様がいらっしゃいました。
お寺では弥勒菩薩として信仰されています。
中世以降、中国で布袋は弥勒菩薩の化身と考えられ、それが日本にもたらされたようです。

IMGP5703.jpg

そのすぐ近くにいらっしゃったのは韋駄天様。
布袋の姿をした弥勒菩薩と韋駄天は、有名な京都・萬福寺にも安置されているので、黄檗宗のお寺ではポピュラーな組み合わせなのかもしれません。

IMGP5753.jpg

そしてご本尊は金色に輝くお釈迦様でした。
脇侍は迦葉と阿難のようです。
訪れたのが平日の午前中だったせいか、境内には私以外誰もいません。
お堂に設けられた椅子に座り、異国情緒溢れる建物をゆっくりと眺めていました。

2017.2.3
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ずっと昔長崎では、大浦天主堂と諏訪神社、崇福寺を訪ねたことは覚えていますが、聖福寺を訪ねたかどうか覚えていないです。

黄檗宗は中国からの伝来が他の禅宗より新しいので、日本でも布袋さまが弥勒さまとして祀られるのですね。韋駄天さまも和風の感じが薄いですね。
シンガポールで中華系のお寺に入った時に布袋さまを見掛けたのですが、それが弥勒さまとして祀られていると知ったのは、もっと後でした。

前のブログ記事での壬生寺のお話を読みましたが、截金文様のあるお地蔵さまは今後特別公開があればお姿を拝したいですね。
  • posted by 大ドラ 
  • URL 
  • 2017.12/10 21:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

大ドラ様

長崎の唐寺は異国情緒が漂っていて素敵ですよね。
シンガポールでも布袋様が弥勒菩薩様として信仰されているという話、とても面白いです。
壬生寺のお地蔵様はとても煌びやかでした。
特別公開がありましたら、ぜひお参りなさってくださいね♪
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2017.12/10 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR