FC2ブログ

立石観音(佐賀)・藤原期の磨崖仏

鵜殿石仏を拝観した後は、同じ唐津市にある立石観音へ向かいました。
ところがカーナビが指し示す近くまでは辿り着いたものの、どうしても場所がわかりません。

IMGP6545.jpg

何度も車で行ったり来たりを繰り返し、やっとのことで入口を見つけて一安心。
そこからは歩いて石仏まで向かいました。

IMGP6532.jpg

竹林に囲まれた細い道を抜けると、少し場所が開け、そこに磨崖仏が彫られていました。

IMGP6512.jpg

写真の手前から薬師如来、阿弥陀如来、観世音菩薩。
いずれも藤原期頃の作と考えられており、この前に拝観した鵜殿石仏群よりも時代はずっと遡ります。
比較的良い状態で残されているのは、少し窪んだ岸壁に彫られているため、風雨を避けやすかったのかもしれません。

IMGP6524.jpg 薬師如来

IMGP6519.jpg 阿弥陀如来

IMGP6502.jpg 観世音菩薩

看板の説明によると、阿弥陀如来像と観世音菩薩像は同時期の作、薬師如来像はそれより少し後の時代の作と考えられているそうです。

2017.2.3
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)