FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

美濃国分寺(岐阜)・平安期の薬師如来

正法寺を参拝した後は、大垣市の美濃国分寺へ。

IMGP7047.jpg

741年(天平13年)に聖武天皇が発した詔により、各律令国には一か寺ずつ国分寺と国分尼寺が建立されました。
美濃国分寺もそのうちの一つで、薬師如来を本尊とし、かつては広大な境内に七堂伽藍が建ち並ぶ大寺院でしたが、度重なる火災に遭い、堂宇はことごとく焼失してしまったそうです。
ところが元和元年(1615年)、真教上人が土中に巨大な薬師如来を発見。
上人は現在お堂がある場所に尊像を安置し、お寺の再興を果たしたのでした。

IMGP7058.jpg

こちらがその土の中から発見されたと伝わるお薬師様。
像高304.8cmで平安期の作。
驚くべきは、これだけの大きさにも関わらず欅の一木から造られているということです。

IMGP7073.jpg

涼しげな眼差し、しっかりと結ばれた分厚い唇など、男性的な力強さを感じさせます。
この薬師様は土の中に埋まっていた時に、背中のくぼみが地面に出ており、そこに水を溜めて馬の足を洗っていたという言い伝えがあることから、別名「馬だらい薬師」とも呼ばれているそうです。

IMGP7055.jpg

薬師様が安置されているお堂は少し階段を上ったところにあり、後ろを振り向くと周辺の景色が一望できました。
瓦屋根のお堂の向こうには、奈良時代の国分寺の遺構も見えます。

IMGP7106.jpg

美濃国分寺跡は現在、国の史跡に指定されており、公園として整備されています。
東西約230m、南北約205mもあり、そこに金堂や塔が建ち並んでいたそうです。

2017.3.8
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

美濃国分寺のお薬師さまのいらっしゃる収蔵庫は毎月8日の縁日に開扉になります。4年前の仏像拝観趣味を始めて間もない頃、その日に美濃国分寺へ行ってお薬師さまのお姿を拝すると、ご住職からご祈祷を受ける高齢の方が大勢来ていて、近所の方も手伝っていました。
丈六のお薬師さまは木の素地が出ているので素朴な印象を受けますが、意志が強そうに見える一方で何となく優しげな感じも受けますね。

愛知の稲沢にある尾張国分寺も地元に近い国分寺で、優れた古仏がおわすお寺ですが、まだ訪ねていません。各地の国分寺のうち、福井の小浜にある若狭国分寺は去年11月に萬徳寺などと合わせて訪ねました。萬徳寺の阿弥陀如来坐像も若狭国分寺の薬師如来坐像も麗しい如来像で気に入りましたし、紅葉も楽しめました。若狭国分寺の近くにも旧国分寺の史跡公園がありますが、美濃国分寺のそれより小さいですね。
  • 大ドラ 
  • URL 
  • 2018年04月17日 20時19分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: NoTitle 

大ドラ様

尾張国分寺の仏様も素晴らしいので、ぜひ参拝なさってください。
端正なお顔立ちのお釈迦さまがいらっしゃいます。
岐阜県内では、飛騨国分寺の仏様たちも大好きです。
各国に建立された国分寺は、宗派や形を変えながらも、沢山のお寺が今も残っており、その時の長さを思うと感慨深くなります。
  • ちー 
  • URL 
  • 2018年04月22日 20時32分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR