仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

美濃国分寺(岐阜)・平安期の薬師如来

正法寺を参拝した後は、大垣市の美濃国分寺へ。

IMGP7047.jpg

741年(天平13年)に聖武天皇が発した詔により、各律令国には一か寺ずつ国分寺と国分尼寺が建立されました。
美濃国分寺もそのうちの一つで、薬師如来を本尊とし、かつては広大な境内に七堂伽藍が建ち並ぶ大寺院でしたが、度重なる火災に遭い、堂宇はことごとく焼失してしまったそうです。
ところが元和元年(1615年)、真教上人が土中に巨大な薬師如来を発見。
上人は現在お堂がある場所に尊像を安置し、お寺の再興を果たしたのでした。

IMGP7058.jpg

こちらがその土の中から発見されたと伝わるお薬師様。
像高304.8cmで平安期の作。
驚くべきは、これだけの大きさにも関わらず欅の一木から造られているということです。

IMGP7073.jpg

涼しげな眼差し、しっかりと結ばれた分厚い唇など、男性的な力強さを感じさせます。
この薬師様は土の中に埋まっていた時に、背中のくぼみが地面に出ており、そこに水を溜めて馬の足を洗っていたという言い伝えがあることから、別名「馬だらい薬師」とも呼ばれているそうです。

IMGP7055.jpg

薬師様が安置されているお堂は少し階段を上ったところにあり、後ろを振り向くと周辺の景色が一望できました。
瓦屋根のお堂の向こうには、奈良時代の国分寺の遺構も見えます。

IMGP7106.jpg

美濃国分寺跡は現在、国の史跡に指定されており、公園として整備されています。
東西約230m、南北約205mもあり、そこに金堂や塔が建ち並んでいたそうです。

2017.3.8
スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2018.04/17 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR