FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

愛宕神社(京都)・愛宕神社の総本社

去年のゴールデンウィーク、京都市の愛宕山に登ってきました。

IMGP7238.jpg

早朝に京都駅を出発し、阪急嵐山駅へ。
そこから路線バスに約15分ほど乗り、清滝というバス停で下車、山間の清流を眺めながら登山口へと向かいました。

IMGP7244.jpg

10分ほど歩いたところで、朱塗りの鳥居が見えてきました。
鳥居には愛宕神社と書かれた扁額が飾られています。

IMGP7247.jpg

しばらくアスファルトの道を歩くと、やがて杉並木に囲まれた細い道に出ました。
さあ、ここから本格的に登山道が始まります。

IMGP7250.jpg

愛宕山は京都市西北部に位置する標高924mの山で、古くから比叡山と並び、京の人々の篤い信仰を集めてきました。
山全体が信仰の対象とされており、特に山頂に位置する愛宕神社は、全国に約900社あるという愛宕神社の総本社として知られています。
表参道とはいえ、ハードな上り坂がひたすら続き、苦しさに何度も立ち止まっては息を整え、再び進みました。
比叡山には車道が整備され、誰でも比較的簡単にアクセスが出来るのとは対照的です。

IMGP7260.jpg

落雷で折れてしまったのか、樹齢数百年はあろうかという巨木の根元だけが残り、そこに注連縄が飾られていました。
特別な御神木なのかもしれない、そう思って下山後に調べたところ、大杉大神と呼ばれて信仰されている杉の木なのだそうです。

IMGP7266.jpg

この日は好天に恵まれ、絶好の登山日和。
時々立ち止まっては、周囲に広がる美しい山々に見惚れました。

IMGP7286.jpg

登山口から2時間強歩いたところで、比較的平坦な場所に出ました。
どうやら神社まではあと少しのようです。

IMGP7295.jpg

やった-!!
ついに山頂にある愛宕神社が見えてきました。

IMGP7297.jpg

愛宕神社は奈良時代に役小角と泰澄が創建したと伝えられる古社で、明治期の神仏分離令までは、修験道の霊場として信仰を集めていたそうです。

IMGP7307.jpg

車でのアクセスが不可能なこの場所に、これだけの社殿を造り上げた労苦は計り知れません。
拝殿で無事に登頂できた感謝をして、下山を開始。
次は山の中腹に位置する月輪寺を目指します。

2017.4.28
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR